北条氏系図

北条氏略図 
✤正治元(1199)年1月、頼朝53歳で没。

✤正治2(1200)年1月:景時の乱(梶原景時粛清事件)。
  梶原景時:大庭景親の一族;独裁者頼朝の無二の忠臣、侍所として有能。
  朝廷から九州諸国の総司令に任命されたと称し、京都へ出発したが、
  駿河国(守護は北条時政)清見関で一族と供に滅亡。

✤建仁2(1202)年9月:比企能員の乱。

✤建仁3(1203)年8月:頼家暗殺。
  入浴中を襲撃したが、頼家がなかなか手ごわかったので、ついに首に紐をまきつけ、
  急所をつかんだりしてやっとさし殺した。

✤建保元(1213)年5月:和田合戦。
  和田義盛:三浦氏の一族で、鎌倉幕府初代侍所別当。
  北条義時の挑発を受けて挙兵に追い込まれ、一族滅亡した。
  【下総の犬めは寝場所を知らぬな】、【三浦の犬は友を食らうぞ】─三浦義村を批判。

✤承久1(1219)年1月:実朝暗殺。
  鶴岡八幡宮で右大臣就任拝賀の式典中公暁(クギョウ)に暗殺された、享年28。
  公暁(20)は三浦義村の家来に討たれた。
  公暁の背後にあった三浦義村は、実朝と北条義時の二人を暗殺させたのち、
  公暁を将軍に立て、みずから幕府の実権を握る計画であったが、一枚上手の義時に
  するりと体をかわされたと知るや、義村もまた変わり身の早さを示し、公暁を
  犠牲にして保身をはかった。
  義村の妻は公暁の乳母であり、子の光村は鶴岡の稚児で、公暁の門弟であった。

✤承久3(1221)年6月:承久の乱。
  5月14日:後鳥羽天皇兵を集める。
  5月15日:幕府追討の宣旨を諸国に下す。
  伊賀光季:京都の守護で、ただ一人上皇の命をこばんで討ち死にする。
  光季の姉妹・伊賀の方は義時の継室であり、北条義時と義理の兄弟である。
  5月22日:幕府軍、鎌倉を出発。
  6月5日:尾張川の一戦で京方は敗北する。
  6月14日:宇治、勢多の戦いに京方は潰滅。
  6月15日:幕府軍が入京(承久の乱)。
  7月:後鳥羽天皇を隠岐に、順徳上皇を佐渡に配流、土御門上皇も土佐に移る。
        仲恭天皇は廃され、後堀河天皇が即位した。

✤貞永元(1232)年8月:「御成敗式目」完成。

✤宝治元(1247)年6月:宝治合戦(三浦の乱)。
  北条時頼・安達景盛の挑発・謀略により、三浦義村以下の一族滅ぶ。

✤文永11(1274)年10月:文永の役。
  10月5日、対馬を侵す;
  10月14日、壱岐を侵す;
  10月20日、博多湾に上陸し、終日合戦、その夜大風雨で覆没する。

✤弘安4(1281)年6月:弘安の役。
  6月29日~7月2日、壱岐の戦い、閏7月1日夜、大風雨で元軍覆滅する。

✤弘安8(1285)年11月:霜月騒動 ─ 安達泰盛及びその与党滅ぼされる。

✤元弘3/正慶2(1333)年9月22日:
  新田義貞鎌倉を攻略し、北条氏滅び、150年に渡る鎌倉幕府は滅亡。
 
 
  

日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR