物部氏

饒速日命─天香山命─・・5代略・・─物部十千根─胆咋─五十琴──伊莒弗─
物部氏略図         

物部守屋:敏達朝の大連、父の物部尾輿は安閑・欽明両天皇の頃の大連。
       崇仏派の蘇我馬子と対立、丁未の乱を起こして、滅ぼされた。
イソカミノヤカツグ
石上宅嗣:左大臣石上麻呂の孫、中納言石上乙麻呂の子。
①宝亀元(770)年称徳天皇の崩御後、参議として藤原永手らと共に光仁天皇を擁立した;
②光仁朝でも重用され、宝亀2(771)年中納言、宝亀11(780)年には大納言に昇進し、
  右大臣大中臣清麻呂、内大臣藤原魚名に次いで大政官で第三位の地位を占めた;
③宝亀6(775)年物部朝臣、宝亀10(779)年石上朝臣に改姓している。

物部氏の後裔
長門守護の厚東(コトウ)氏、物部神社神主家金子氏、広瀬神社神主家曾禰氏、樋口氏など。

物部神社
祭神:宇摩志麻遅命(ウマシマジノミコト)─物部初代、饒速日命(ニギハヤヒノミコト)─物部祖神。
①島根県大田市(式内社、石見国一宮);
②富山県高岡市(式内社);
③~⑤新潟県上越市、柏崎市、佐渡市(3社共に式内社);
⑥愛知県名古屋市東区(式内社);
⑦滋賀県守山市旧物部郷総社─旧物部神社─現・勝部神社。

広瀬神社:奈良県北葛城郡河合町、式内社で旧社格は官幣大社。
祭神:若宇加能売命(ワカウカノメノミコト/宇迦之御魂神ウカノミタマノカミ/豊受媛神・豊宇気毘売神
    トヨウケビメ)を主祭神とし、相殿に櫛玉命(クシタマノミコト)、穂雷命(ホノイカヅチノミコト)を祀る。

伊邪那美神
イザナミ神 


三輪氏・賀茂(鴨)氏
三輪氏・賀茂氏略図   
三輪君逆:敏達天皇の寵臣。
 「書記」には敏達天皇は逆に「悉く内外の事を委ねた」と記してある。
 敏達の朝廷:大臣 ─ 蘇我馬子、大連 ─ 物部守屋



日本の歴史     日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR