赤松氏系図

赤松氏略図 

別所吉治  小出英安  村上源氏系図  

馬則:通称中務少輔、兵部卿法印、刑部卿法印。
  秀吉に仕え、文禄期頃には摂津内で1万石を領し、お咄し衆を勤めた。
  慶長5(1600)年、関ケ原の戦いでは東軍に属し、摂津三田2万石に加増された。
  慶長7年死去し、遺領は次男豊氏の所領に加えられ廃藩となった。

馬豊:通称万助、従四位下侍従兼玄番頭。
  もと渡瀬繁詮の家臣。繁詮が豊臣秀次事件に連座し失脚したため、
  その領地遠江横須賀3万石を継領した。
  慶長6(1601)年、丹波福知山6万石に加増転封。
  更に元和6(1620)年、大坂の陣の功により筑後久留米21万石に加増転封された。
  千利休の門人としても知られている。
  以後変わることなく、11代頼咸のとき廃藩置県。

馬氏:通称四郎右衛門、従五位下兵庫頭。
  はじめ紀州徳川家において吉宗に仕える。
  享保元年(1716)、吉宗の将軍職就任にともない幕臣となり、御側を勤めた。
  同11年、加増されて1万石を領した。
  天保13(1842)年、上総五井から下野吹上に陣屋を移し、10代氏弘の時廃藩置県。

部政:通称三十郎、内匠、従五位下丹波守。
  豊臣秀頼に仕え、尼崎郡代を勤めた。
  慶長19(1614)年の大阪の陣にさいし家康に降り、摂津内で1万石を与えられた。
  更に元和3(1617)年に播磨林田へ移封された。
  以後変わることなく、10代政世のとき廃藩置県。




               日本の歴史
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR