下腿の筋肉

1:下腿前方の筋群(伸筋群)前脛骨筋,長母趾伸筋,長趾伸筋(第3腓骨筋)。
下腿前・外側面の筋肉-浅層 
前脛骨筋:脛骨外側面上方の1/2,骨間膜内側楔状骨の内側面と第1中足骨底。
前脛骨筋腱鞘に包まれ,上伸筋支帯下伸筋支帯の下(内側)を通り抜ける。
機能:①足関節の背屈,②足の内反。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。
長母趾伸筋:腓骨前面の内側中部,骨間膜母趾の末節骨底の背面。
長母趾伸筋腱鞘に包まれ,下伸筋支帯の下(中央)を通り抜ける。
機能:①足関節の背屈,②母趾の伸展,③足の内反。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。
長趾伸筋
起始:脛骨外側顆,腓骨頭と腓骨前面上部2/3,下腿筋膜,骨間膜など。
停止:第2~第5趾の趾背腱膜に移行し,中節骨と末節骨の背側面に停止。
長趾伸筋腱鞘に包まれ,下伸筋支帯の下(外側)を通り抜ける。
機能:①第2~第5趾の伸展,②足関節の背屈,③足の外反。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。
第3腓骨筋:腓骨の前方下部1/3第5中足骨底の背面。
第3腓骨筋は長趾伸筋の一部が独立したものであり,欠如していることもある。
機能:①足の外反②足関節の背屈。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。

2:下腿外側の筋群:長腓骨筋と短腓骨筋が含まれる。
下腿前・外側面の筋肉-深層 
長腓骨筋:腓骨頭と腓骨外側面の上部2/3内側楔状骨の外側,第1中足骨底部。
短腓骨筋:腓骨外側下方2/3
第5中足骨粗面。
腓骨筋の総腱鞘に包まれ,上腓骨筋支帯の下を通る。
機能:①足の外反②足関節のそ屈。
神経支配浅腓骨神経(L5~S1)。
3:下腿後面の筋肉(屈筋群):浅層と深層に分ける。
浅層:腓腹筋,足底筋(欠如していることもある),ヒラメ筋。
深層:膝窩筋,長趾屈筋,長母趾屈筋,後脛骨筋。
   下腿後面の筋肉-第1(浅)層
腓腹筋:起始:①内側頭:大腿骨内側顆の後面;②外側頭:大腿骨外側顆の後面。
停止:アキレス腱を経て踵骨隆起に付着する。
内側頭の下には内側腓腹筋滑液包,外側頭の下には外側腓腹筋滑液包がある。
アキレス腱と踵骨隆起との間にはアキレス腱滑液包がある。
機能:①足関節の底屈,②膝関節の屈曲。
神経支配脛骨神経(L4~S2)。
   下腿後面の筋肉-第2層
足底筋:大腿骨外側顆の上部アキレス腱内側縁。
機能:足関節の底屈   神経支配脛骨神経(L4~S2)。
ヒラメ筋:起始:腓骨頭と腓骨の後面上部1/3,脛骨のヒラメ筋線,ヒラメ筋腱弓。
停止:アキレス腱を経て踵骨隆起に付着する。
アキレス腱と踵骨隆起との間にはアキレス腱滑液包がある。
機能:足関節の底屈。  神経支配脛骨神経(L4~S2)。
   下腿後面の筋肉-第3層
膝窩筋:大腿骨の外側顆後面と膝関節の関節包脛骨の後方内側上部。
機能:①膝関節の屈曲,②膝関節の内旋。
神経支配脛骨神経(L4~S1)。
長趾屈筋:脛骨後面の中央部第2~第5趾の末節骨底。
長趾屈筋腱鞘に包まれ,屈筋支帯の下を通る。
下腿下面では後脛骨筋の上を,足底では長母指屈筋の上を横切って通る。
機能:①第2~第5趾の屈曲,②足関節の底屈,③足の内反。
神経支配脛骨神経(L4~S2)。
長母趾屈筋:腓骨後面下方2/3と骨間膜母趾の末節骨底。
長母趾屈筋腱鞘に包まれ,屈筋支帯の下を通る。
機能:①母趾の屈曲,②足関節の底屈,③足の内反。
神経支配脛骨神経(L4~S2)。
   下腿後面の筋肉-第4(深)層
後脛骨筋:起始:骨間膜の後面上部1/2及びそれに隣接する脛骨と腓骨。
停止:舟状骨粗面,3つの楔状骨の骨底内側,第2~第5中足骨底。
後脛骨筋腱鞘に包まれ,屈筋支帯の下を通る。
機能:①足関節の底屈,②足の内反。
神経支配脛骨神経(L5~S2)。
左下腿中間部の断面図 

   


日立市十王町-漢方整体院   

足の筋群

足背浅層の神経坐骨神経は膝窩の上方で脛骨神経総腓骨神経に分れる。
   足背の神経・血管・筋肉-浅層  
総腓骨神経:浅腓骨神経,深腓骨神経,外側腓腹皮神経などに分れる。
外側腓腹皮神経:前枝と後枝(交通枝)に分れる。
①外側腓腹皮神経の交通枝内側腓腹皮神経と合し腓腹皮神経となる。
②腓腹皮神経:外果の下で外側足背皮神経となり足背の外側縁に分布する。
浅腓骨神経:長・短腓骨筋筋枝,内側足背皮神経,中足背皮神経に分れる。
①内側足背皮神経:母趾(内側),第2趾(外側),第3趾(内側)背側皮膚に分布する。
②中足背皮神経:第3趾(外側),第4趾,小趾(内側)の背側皮膚に分布する。
深腓骨神経:下伸筋支帯の下を通り,内側及び外側の終枝に分れる。
①内側終枝:外側母趾背側趾神経と内側第2趾背側趾神経に分れる。
②外側終枝:短趾伸筋を支配する。
   足背の神経・血管・筋肉-中層
短趾伸筋:踵骨背面及び外側面⇒第2~第4趾の長趾伸筋腱の外側。
機能:第2~第4趾を伸展する。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。
短母趾伸筋:踵骨背面及び外側面⇒母趾の基節骨背面。
機能:母趾を伸展する。
神経支配深腓骨神経(L4~S1)。
   足背の神経・血管・筋肉-深層
足背動脈:前脛骨動脈は下伸筋支帯の下を通って足背に至り,足背動脈となる。
足背動脈の分枝:内・外側足根動脈,弓状動脈,貫通骨間動脈,第1背側中足動脈。
内側足根動脈:長母趾伸筋の腱の下を通り,足の内側縁に分布する。
外側足根動脈:弓状動脈と吻合し,足背動脈網を形成する。
弓状動脈:外側足根動脈と吻合し,足背動脈網を形成する。
足背動脈網:第2~第4背側中足動脈が出る。
背側中足動脈:2本の背側趾動脈に分れる。
外側小趾背側趾動脈:外側足根動脈或は足背動脈網から出る。
貫通骨間動脈:後脛骨動脈の外側足底動脈と吻合し,足底動脈弓の形成する。
第1背側中足動脈:2本の母趾背側趾動脈,第2趾内側の背側趾動脈に分れる。
足底浅層の神経:脛骨神経は内果後方で外側足底神経と内側足底神経に分枝する。
   足底の神経・血管・筋肉-浅層
外側足底神経:足底方形筋と小趾外転筋の間で,浅枝と深枝に分れる。
浅枝:小趾外側足底神経,第4総底側趾神経,内側足底神経との交通枝に分れる。
深枝:骨間筋群,母趾内転筋,短母趾屈筋,小趾屈筋,小趾対立筋を支配する。
内側足底神経:短母趾屈筋と短趾屈筋の間で,内側終枝と外側終枝に分れる。
内側終枝:足の内側縁の皮膚に分布し,母趾の内側面の皮膚の中で終る。
外側終枝:第1~第3総底側趾神経が出る。
  ①総底側趾神経は2本の固有底側趾神経に分れる。
  ②第3総底側趾神経は外側足底神経から1本の交通枝を受ける。
   足底の神経・血管・筋肉-中層
足底の筋肉と腱:第1(浅)層,第2層,第3層,第4(深)層に分ける。
浅層:母趾外転筋,短趾屈筋,小趾外転筋。
第2層:長趾屈筋腱,長母趾屈筋腱,足底方形筋,虫様筋。
第3層:短母趾屈筋,母趾内転筋,短小趾屈筋。
深層:底側骨間筋,背側骨間筋,長腓骨筋腱,後脛骨筋腱。
   足底の神経・血管・筋肉-深層
足底の動脈:後脛骨動脈は屈筋支帯の下を通り,内・外側足底動脈に分れる。
内側足底動脈:母趾外転筋の深部で浅枝と深枝に分かれる。
外側足底動脈:足背動脈の貫通骨間動脈と吻合し足底動脈弓を形成する。
足底動脈弓から第1~第4底側中足動脈が出る。
第1~第4底側中足動脈:中足骨の遠位端で2本の(固有)底側趾動脈に分れる。
小趾外側足底動脈:第4底側中足動脈の外側で足底動脈弓から出る。
母趾内側足底動脈:第1底側中足動脈から出て,内側足底動脈の終枝と吻合する。
足背の腱鞘前脛骨筋の腱鞘,長母趾伸筋の腱鞘,長趾伸筋の腱鞘。
第3腓骨筋は長趾伸筋の一部が独立したものである。
足の腱鞘-足背 
上伸筋支帯(下腿横靱帯)下腿伸側の筋膜が肥厚して形成されている。
内側は内果上方の脛骨前縁に,外側は外果上方の腓骨前縁に付着。
下伸筋支帯(下腿十字靭帯)下腿伸側の筋膜が肥厚して形成されている。
外側:距骨前面に付着;
内側:上位線維束は内果に付着し,下位線維束は足底深部筋膜と癒合する。
足の腱鞘-内側 
屈筋支帯(破裂靱帯)内果と踵骨の内側面との間に張っている。
屈筋支帯と足根骨の間で足根管が形成される。
足根管の中を前から後の順に①~④が通る。
  ①後脛骨筋腱と腱鞘,②長趾屈筋腱と腱鞘,
  ③後脛骨動脈,後脛骨静脈,脛骨神経,④長母趾屈筋腱と腱鞘。
足底腱膜:踵骨隆起から第1~第5中足骨の先端の下面に伸びている。
足の縦アーチを支え,足底の筋・腱・神経・血管が走る位置を確保する。
足底腱膜炎:起床時の第一歩が痛く,かかとの内側に圧痛がある。
足の腱鞘-外側 
外側面の腱鞘:腓骨筋の総腱鞘,長腓骨筋の腱鞘,短腓骨筋の腱鞘。
足の滑液包:内果皮下包,外果皮下包,踵骨皮下包,アキレス腱滑液包などがある。
内果皮下包:内果と皮膚との間にある。
外果皮下包:外果と皮膚との間にある。
踵骨皮下包:アキレス腱と皮膚との間にある。
アキレス腱滑液包:アキレス腱と踵骨との間にある。

足関節の仕組み  足の反射区(ツボ)


日立市十王町-漢方整体院
   

野菜日記

昨日(6/19日)の台風4号で,庭のがこのようになってしまいました。
   H24 6 20-1
トウモロコシです,折れてしまったものもあります。
   H24 6 20-2
きゅうりです,コミ箱が飛んで来てます。
   H24 6 20-3
こちらにもダンボールやコミ箱,バケツなどが散らかっています。
   H24 6 20-4
モロッコインゲンです。
   H24 6 20-5
1時間くらいかけて片付けました。
   H24 6 20-6
   H24 6 20-7
   H24 6 20-8



次は台風5号???   

家庭菜園H23年    家庭菜園H24年


お尻・大腿後面の筋群

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大腿前・内側面の筋肉

大腿前・内側面の血管と神経
外腸骨動脈&その分枝,大腿動脈&その分枝
外腸骨静脈,大腿静脈,大伏在静脈 ─ 体循環静脈
外側大腿皮神経,大腿神経 ─ 腰仙骨神経叢
大腿前・内側面の血管&神経&筋肉-浅層  縫工筋:上前腸骨棘とそのすぐ下の切痕部脛骨粗面の内側(鵞足)。
機能:①股関節の屈曲,外転,外旋;②膝関節の屈曲,内旋。
神経支配大腿神経(L2~L3)。 
大腿直筋:下前腸骨棘と寛骨臼の上方の溝(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
機能:①股関節の屈曲,②膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
大腿筋膜張筋:上前腸骨棘(大転子の前を通って)腸脛靭帯の上1/4部分。
腸脛靭帯は脛骨のガーディ結節に付着する。
腸脛靭帯と膝関節包の間には腸脛靭帯下滑液包がある。
機能:①股関節の外転,②股関節の屈曲。③股関節の屈曲に伴う股関節の内旋。
神経支配上殿神経(L4~S1)。 
外側広筋:大転子の前下方縁と大腿の外側面(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
大転子の外側面,皮膚のすぐ下には大転子皮下包がある。
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
内側広筋:転子間線の下部,大腿骨粗線(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
恥骨筋:恥骨櫛(腸恥隆起~恥骨結節)恥骨筋線(小転子から粗線まで伸びる線)。
機能:①股関節の屈曲,②股関節の内転,③股関節の内旋。
神経支配大腿神経(L2~L4)と閉鎖神経(L2~L3)の二重支配を受ける。    
長内転筋:恥骨結合と恥骨結節との間大腿骨の粗線内側唇の中間1/3。
機能:①股関節の内転,②股関節の屈曲の補助。
神経支配閉鎖神経(L2~L3)。     
薄筋:恥骨下枝の前方内側縁脛骨粗面の内側(鵞足)。
機能:①股関節の内転,②股関節の内旋,③膝関節の屈曲の補助。
神経支配閉鎖神経(L2~L4)。
大腿前・内側面の筋肉-中層 
中間広筋:大腿骨前面の上部1/3(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。  
短内転筋:恥骨下枝の前面(長内転筋の下)大腿骨の粗線内側唇の上部1/3。
機能:①股関節の内転,②股関節の内転に伴う股関節の外旋。
神経支配閉鎖神経(L2~L4)。  
外側大腿回旋動脈&その分枝   内側大腿回旋動脈&その分枝 
 大腿前・内側面の筋肉-深層 大内転筋:恥骨枝,坐骨枝,坐骨結節大腿骨粗線の内側唇,内転筋結節。
大内転筋の腱には内転筋管裂孔があり,大腿動脈&大腿静脈が通る。
機能:①股関節の内転,②股関節の内転に伴う股関節の外旋。
神経支配:前面は閉鎖神経(L2~L4),後面は坐骨神経(L4~S3)の二重支配。
内転筋管:内側広筋に大内転筋がへばり付いて作る約15Cm長さの管(トンネル)。
前壁:縫工筋,大内転筋の腱膜;外側壁:内側広筋;後壁:大内転筋,長内転筋。
内転筋管の中を伏在神経,大腿神経の内側広筋枝,大腿動脈,大腿静脈が通る。
内転筋管の上方の入口は大腿三角と通じ,下方の出口は内転筋管裂孔である。
大腿三角:縫工筋の内側縁,鼠径靭帯,長内転筋内側縁で形成される三角形。
大腿三角の中を内側から大腿静脈,大腿動脈,大腿神経が通る。  
大腿のコンパートメント
前方コンパートメント:大腿四頭筋,縫工筋が含まれる。
内側コンパートメント:短・長・大内転筋,恥骨筋,薄筋が含まれる。 
後方コンパートメント:大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋が含まれる。
左大腿中間部の断面図 



お尻・大腿後面の筋肉          
日立市十王町-漢方整体院

手の筋肉&腱

伸筋支帯(背側手根靱帯):前腕の深筋膜が手根部の背側で肥厚して出来ている。
橈骨の掌側縁の下端から斜めに尺骨の茎状突起,三角骨及び豆状骨に着く。
伸筋支帯の下には6個のトンネルがあり,前腕伸筋の腱が腱鞘に包まれて通る。
橈側から)トンネル長母指外転筋及び短母指伸筋の腱が通る。
トンネル:長・短橈側手根伸筋の腱が通る。
トンネル長母指伸筋の腱が通る。 
トンネル総指伸筋及び示指伸筋の腱が通る。
トンネル小指伸筋の腱が通る。
トンネル尺側手根伸筋の腱が通る。
   伸筋支帯
背側中手動脈
第1背側中手動脈は橈骨動脈の枝であり,母指背面の両側と示指背面の橈側を養う。
その他の背側中手動脈は背側手根動脈網から出る。
背側手根動脈網:橈・尺骨動脈の背側手根枝と前・後骨間動脈の終枝で形成される。
手掌腱膜
肥厚した手掌深筋膜(浅層)の線維に長掌筋腱から移行する線維が加わって出来ている。
近位では屈筋支帯及び長掌筋腱と癒着している。
両側では母指球と小指球の筋群の筋膜と皮膚の中に放散して終る。
遠位では4つの線維束に分れ,第2~5指の線維鞘,Mp関節の側副靭帯に付着する。
手掌深筋膜の深層は骨間筋の掌側面を被っている。
   手掌腱膜
手根管屈筋支帯手根溝(大・小菱形骨,有頭骨,有鈎骨)に囲まれて構成される。
豆状骨の橈側面と横手根靱帯の掌側面及び掌側手根靭帯は尺骨神経管を形成する。
尺骨神経管の中には尺骨神経尺骨動脈が通る。
橈側で屈筋支帯の表層部は大菱形骨結節に,深層部は舟状骨結節に付着し,
  橈側手根屈筋腱管を形成する。
橈側手根屈筋腱管の中には橈側手根屈筋腱が通る。
橈側手根屈筋腱を手根管の中を通ると見なすかどうかについては議論がある。
   手根管
手根管症候群:圧倒的に女性に多く,特に妊娠出産期と更年期に多く発症する。
原因:何らかの原因で手根管が狭くなり,正中神経が圧迫され発症する。
手関節の使いすぎによる腱鞘炎;
女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみ;
骨折や脱臼,腫瘤などによる手根管の圧迫;
血液透析により手根管の腱鞘や靭帯にアミロイドというたんぱく質が沈着。
その他:リウマチ性屈筋腱腱鞘炎,糖尿病,甲状腺機能低下(粘液水腫)等。
症状正中神経の支配領域,特に中指にシビレや感覚異常,痛みが出る
シビレは朝方に強く,手首から先に痛みを伴ったり,夜間に痛むこともある。
進行すると親指の付け根の筋肉が萎縮し,OKサインがうまくできなくなる。
浅掌動脈弓:尺骨動脈の終枝と橈骨動脈の浅掌枝が吻合して作られる。
浅掌動脈弓の凸側縁からは3本の総掌側指動脈と1本の小指尺側動脈が出る。
   浅掌動脈弓
母指球:短母指外転筋,短母指屈筋,母指対立筋,母指内転筋により構成される。
短母指外転筋:舟状骨及び屈筋支帯から起こり,母指基節骨と橈側種子骨に停止する。
神経支配:正中神経(C6~C7)。
短母指屈筋:浅頭と深頭があり,その間を長母指屈筋の腱が通る。
浅頭:屈筋支帯から起こり,第1中手指節関節の橈側の種子骨に停止する。
深頭:大・小菱形骨及び有頭骨から起こり,橈側の種子骨に停止する。
神経支配:浅頭─正中神経(C6~C7); 深頭─尺骨神経(C8~T1)。
母指対立筋:大多角骨結節と屈筋支帯から起こり,第1中手骨の橈側縁に停止する。
神経支配:正中神経(C6~C7)。
母指内転筋:第3中手骨の掌面及び有頭骨,有鈎骨から起こり,尺側の種子骨に停止。
神経支配:尺骨神経(C8~T1)。
小指球:短掌筋,小指外転筋,短小指屈筋,小指対立筋により構成される。
神経支配:尺骨神経(C8~T1)。
短掌筋:手掌腱膜の尺側縁から起こり,手の尺側縁の皮膚に停止する。
小指外転筋:豆状骨と屈筋支帯から起り,第5指の基節骨の底の尺側縁に停止する。
短小指屈筋:有鈎骨鈎と屈筋支帯から起り,小指外転筋の終腱と合する。
小指対立筋:有鈎骨鈎と屈筋支帯から起り,第5中手骨の尺側縁に停止する。
   深掌動脈弓
深掌動脈弓:橈骨動脈の終枝と尺骨動脈の深掌枝が吻合して作られる。
深掌動脈弓の凸側縁からは掌側中手動脈が出て,総掌側指動脈と合流する。



日立市十王町-漢方整体院
   

前腕の筋群

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR