手関節の仕組み

手関節:手根の関節,中手の関節,指の関節が含まれる。
手根の関節:橈骨手根関節,手根間関節,手根中央関節,豆状骨関節。
中手の関節:手根中手関節,母指の手根中手関節,中手間関節。
指の関節:中手指節関節(MP),近位指節間関節(PIP),遠位指節間関節(DIP)。
   右手の関節&骨格-掌側
手根:8個の手根骨によって作られ,背側は凸弯し,手掌側は凹へでいる。
近位列の手根骨:舟状骨,月状骨,三角骨,豆状骨;
遠位列の手根骨:大菱形骨,小菱形骨,有頭骨,有鈎骨。
舟状骨:外側(母指側)部は肥大し,その掌側面には鈍円な舟状骨結節がある。
豆状骨尺側手根屈筋の腱に由来する種子骨で,三角骨の掌側に載っている。
大菱形骨:前面内側に大菱形骨結節が突出している。
有鈎骨
:掌側面の内側端から掌側に有鈎骨鈎が突出している。

   手の骨格-右掌側
手根の掌側:内側縁と外側縁が高く,中央が溝状に窪んでいる。
内側の隆起(尺側手根隆起):豆状骨と有鈎骨鈎によって作られる。
外側の隆起(橈側手根隆起):舟状骨結節と大菱形骨結節によって作られる。
手根骨の掌側面の中央にある溝状の深い窪みを手根溝という。
   手の骨格-右背側
橈骨手根関節橈骨下端の手根関節面と尺骨頭下面の関節円板が作る関節窩と
  舟状骨,月状骨,三角骨の近位面が作る関節頭によって構成され,屈曲,伸展,
  外転(橈屈),内転(尺屈)を行なう。

手根間関節:8個の手根骨の相互間の関節を総称していう。
手根中央関節:豆状骨を除く近位列の手根骨と遠位列の手根骨間の関節。
豆状骨関節:豆状骨と三角骨の手掌面を結ぶ平面関節。
   手の関節-右背側
母指の手根中手関節:第1中手骨底と大菱形骨との間にある典型的な鞍関節である。
屈曲,伸展,内転,外転,対立,描円運動を行う。
手根と中手の靭帯-右手-掌側面-浅層 
掌側手根靭帯:前腕の深筋膜(浅層線維)が手根部の掌側で肥厚して出来ている。
前腕の深筋膜は手根部の掌側で浅層と深層に分かれる。
掌側手根靭帯の両側は伸筋支帯と癒着している。
前腕の深筋膜の深層線維は腕橈骨筋長掌筋尺側手根屈筋を除く前腕の屈筋を
  包んで屈筋支帯となる。
屈筋支帯(横手根靱帯):
橈側手根隆起と尺側手根隆起に付着し,手根溝を橋渡しして,手根管を形成する。
手根管には浅,深指屈筋及び長母指屈筋の腱が正中神経と一緒に通っている。
4本の浅指屈筋の腱は2層になって手根管に入る。
第3と第4指に行く腱が浅層にあり,第2と第5指に行く腱は深層にある。
何らかの原因で手根管が狭くなると,正中神経が圧迫され手根管症候群を発症する。
   手根と中手の靭帯-右手-掌側面-深層
掌側橈骨手根靱帯:橈骨下端から茎状突起の掌側縁から起こり,内下方に放散する。
三角骨と月状骨に向かって拡がる線維束が特に強い;
深部には舟状骨に至る線維束もあり,一部の線維は有頭骨頭にも至る;
尺側に放散する線維は掌側尺骨手根靱帯と混じり合う。
掌側尺骨手根靱帯:関節円板の掌側縁から起こり,三角骨と月状骨に着く。
内側手根側副靱帯:尺骨の茎状突起から起こり,豆状骨に着く。
外側手根側副靱帯:橈骨茎状突起から起こり,舟状骨と大菱形骨の側面に着く。
放射状手根靱帯:有頭骨から起こり,放射状に周囲の手根骨に着く。
豆鈎靱帯:豆状骨から起こり,有鈎骨鈎へに着く。
豆中手靱帯:豆状骨から起こり,第5中手骨底に着く。
掌側手根中手靱帯:遠位手根骨と中手骨底を結び,手根中手関節を補強する。
掌側中手靱帯:隣接する中手骨底間、または間を1つ越えた中手骨底間を結ぶ。
掌側手根中手靱帯とも癒合する。
   手根と中手の靭帯-右手-背側面
背側橈骨手根靱帯:橈骨下端及び茎状突起の背側縁から起こり,下方に放散する。
舟状骨,有頭骨,月状骨,三角骨に向かう部分に分けられる。
三角骨に向かう線維束が最も強い。
背側尺骨手根靱帯:関節円板の背側縁から起こり,三角骨と月状骨に着く。
背側手根中手靱帯:遠位手根骨と中手骨底を結び,手根中手関節の補強する。
背側中手靱帯:隣接する中手骨底間を結ぶ。




日立市十王町-漢方整体院


肘関節の仕組み

肘関節:1つの共通の関節包の中に腕尺関節,腕橈関節,上橈尺関節がある。
腕尺関節:上腕骨滑車と尺骨の滑車切痕との間にある蝶番関節。
腕橈関節:上腕骨小頭と橈骨頭の上面の関節窩との間にある球関節。
上橈尺関節:橈骨頭の関節環状面と尺骨の橈骨切痕との間にある車軸関節。
肘関節-1
上腕骨下端図2):前後に扁平である。
内側方に内側上顆,外側方に外側上顆が突き出している;
内側上顆の後面には尺骨神経溝(切痕)があり,尺骨神経が通る();
内・外側上顆の間には前腕の骨と連結する上腕骨滑車と上腕骨小頭がある;
滑車の上方には鈎突窩があり,肘を曲げた時に尺骨の鈎状突起が嵌り込む;
小頭の上方には橈骨窩があり,肘を曲げた時に橈骨頭が嵌り込む;
後面には滑車の上方に肘頭窩があり,肘を伸ばした時に尺骨の肘頭が嵌り込む。
肘関節-2 
尺骨:前腕内側(小指側)にあり,上端,尺骨体,下端で構成される。
上端には滑車切痕があり,上腕骨滑車と関節する;
滑車切痕の下端は鈎状突起となり,切痕の後面は肘頭を作る;
鈎状突起の外側には橈骨切痕があり,橈骨頭の環状関節面と関節する;
鈎状突起の下方の前面には尺骨粗面があり,上腕筋が停止する。
橈骨切痕の下縁には回外筋稜があり,回外筋の起始する;
下端は尺骨頭といい,外周には橈骨の尺骨切痕と関節する関節環状面がある;
尺骨下端の内側面には茎状突起がある。
橈骨&尺骨-1 
橈骨:前腕の外側(母指側)にあり,上端と下端で尺骨と関節する。
上端は橈骨頭といい,外周には尺骨の橈骨切痕と関節する関節環状面がある;
橈骨頭の上面には橈骨頭窩があり,上腕骨小頭と関節する;
橈骨頭のすぐ下で橈骨体に移行する部分を橈骨頸という;
橈骨頸のすぐ下の橈骨体前内側には橈骨粗面があり上腕二頭筋の腱が停止する;
下端の後面には伸筋腱溝があり,伸筋腱が通る;
下端の内側面には尺骨切痕があり,尺骨頭の関節環状面と下橈尺関節を作る;
下端の外側面には茎状突起がある。
橈尺関節 
橈尺靱帯結合:橈骨体と尺骨体は前腕骨間膜を介して線維性に連結されている。
前腕骨間膜は橈骨粗面以下において橈骨と尺骨との骨間縁を互いに結合する;
前腕骨間膜より上には尺骨粗面から橈骨粗面の少し下方に至る斜索がある;
斜索と前腕骨間膜との間には骨間裂孔があり,後(背側)骨間動脈が通る。
肘関節-3 
内(尺)側側副靱帯:上腕骨内側上顆から起こり,三角形に拡がる。
前方の部は尺骨の鈎状突起へ,後方の部は肘頭の内側縁に着く;
中央の部は扇状に拡がりながら滑車切痕の内側縁に着く。
外(橈)側側副靱帯:上腕骨外側顆から起こり,前後2部に分けられる。
前部:橈骨頭の前面に出て橈骨輪状靱帯と癒着し,尺骨の橈骨切痕前縁から鈎状
  突起下縁に達する。
後部:尺骨の橈骨切痕後縁から回外筋稜(橈骨切痕の下縁)に着く。
橈骨輪状靱帯:橈骨頭の関節環状面を輪状に取りまく強い靱帯。
尺骨の橈骨切痕の前縁から起こり,橈骨頭の関節環状面を輪状に取り巻たのち,
  再び尺骨の橈骨切痕の後縁に着く。
尺骨の橈骨切痕と共に上橈尺関節における関節窩を形成する。
肘関節-4 
肘関節の動き:0°の伸展位から約140~150°まで屈曲する。
腕尺関節:肘関節の主なる作用である屈伸運動をする。
腕橈関節:肘関節の屈伸運動と前腕の回旋運動をする。
橈尺関節:安静位から80~90°回外し,逆に70~90°回内する。

肘関節周囲の動脈  肘関節周囲の神経(腕神経叢



 日立市十王町-漢方整体院

肩関節の仕組み

肩関節:肩甲骨関節窩と上腕骨頭が作る典型的な球関節である。
   肩関節-前面-1
肩甲骨:前面と背面の2面,内側・外側・上縁の3縁,上・下・外側角の3角がある。
前面(肋骨面)は浅くへこんで凹面になっており,肩甲下窩という。
後面(背側面)は肩峰棘によって上方の棘上窩と下方の棘下窩に二分される。
関節窩の上方には関節上結節があり,上腕二頭筋長頭が起こる。
関節窩の下方には関節下結節があり,上腕三頭筋長頭が起こる。
上縁の外側端には肩甲切痕があり,肩甲上神経()が通る。
関節窩の内方はやや細くなっており肩甲頸という。
   肩関節-後面
上腕骨:典型的な長管状骨であり,近位(上)端,上腕骨体,遠位(下)端で構成される。
上端には半球状の上腕骨頭があり,肩甲骨関節窩と肩関節を形成する。
上腕骨頭の周囲にある輪状の溝(浅いクビレ)を解剖頸という。
上腕骨頭の前外側には大結節小結節という2個の隆起がある。
大結節からは大結節稜,小結節からは小結節稜が骨幹へ伸びている。
大小結節及び結節稜の間には結節間溝があり,上腕二頭筋の長頭腱()が通る。
大小結節と上腕骨頭のすぐ下で,上端が上腕骨体に移行する部位を外科頸という。
   肩関節-前外側面
肩関節の関節包は緩やかで関節腔は広い。
関節窩は小さく,周縁は線維軟骨性の関節唇によって補われ,大きくなっている。
関節包は二頭筋長頭の腱の付着部だけを除いて,関節唇の全周から起っている。
関節包は肩関節の下方で緩みがあり,これが上肢の回転を可能にするが,同時に
 下方への脱臼を起こしやすい原因となる。
   肩関節-前面
関節上腕靱帯:関節包の一部が肥厚して索状になったものである。
関節唇の上,前,及び下部から出て不明瞭な線維束となり,解剖頸に着く。
烏口上腕靭帯:烏口突起から起こり,上腕骨の大・小結節に着く。
関節包に癒合し,関節包の上面を補強する強い靱帯である。
上腕骨横靭帯:上腕骨の大結節と小結節の間にある靱帯。
   肩関節-前額断面
上腕二頭筋長頭:関節上結節から起り,関節包を貫き,結節間溝を通り(ここで結節間滑液鞘に包まれており),次いでその筋腹に移行し,橈骨粗面に停止する(図2)。
   肩関節周囲の筋肉
関節包の外側にはこれを補強する強い靱帯がなく,肩甲骨から起始して上腕骨近位部に
停止する肩甲筋群により補強されている。
三角筋棘上筋,棘下筋,小円筋大円筋上腕二頭筋上腕三頭筋
   肩甲下筋 
肩甲下筋:上腕骨を前方から引っ張りながら関節窩に近づけて安定させる。
肩甲骨前面の肩甲下窩前面から起こり,上腕骨小結節に停止する。
機能:①肩関節の内旋,②肩関節の内転,③肩関節の伸展。
神経支配:肩甲下神経(腕神経叢の鎖骨下枝)。
肩峰下滑液包:烏口肩峰アーチと腱板・上腕骨頭の間にあり,炎症を起こしやすい。
   肩峰下滑液包 
棘上筋腱炎:棘上筋腱板が大結節や肩峰,烏口肩峰靭帯等に繰り返し圧迫され生じる。
腱板組織の変性を伴い,最終的に棘上筋腱(2)の断裂が起こることもある。
肩関節の自動的外転60°~120°間で疼痛がある。
大結節の棘上筋腱付着部や肩峰前縁に圧痛がある。
肩峰下滑液包炎:多くの場合は棘上筋腱板の変性,腱炎に続発して生じる。
腕を上げた時に痛みが出たり,夜間など安静時に痛みを感じることもある。
進行すると各方向への運動痛,腫脹や熱感なども見られるようになる。
石灰性腱板炎:棘上筋腱板に石灰(カルシウム結晶)が沈着する病気。
40~50歳代女性に多く,突然激痛が走り肩や腕を動かすことができないのが特徴。
加齢による腱板組織の変性,ホルモンの影響などが原因と考えられる。
石灰沈着が腱板内だけに起きる場合は運動時に肩が痛む程度。
石灰沈着が肩峰下滑液包に及ぶと安静時にも激しい痛みが起こる。
上腕二頭筋腱炎:結節間溝で起こる上腕二頭筋長頭腱(2)の腱炎又は腱鞘炎。
結節間溝部に圧痛がある。
肘関節伸展位で抵抗下に肩を屈曲させると,結節間溝部での疼痛が誘発される。

肩関節周囲の動脈   腕神経叢


日立市十王町-漢方整体院

腕の動脈

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

家庭菜園-H24年

庭の除染作業:土の表面を5Cm~10Cm除去しました。
   庭の除染-1 
   庭の除染-2 
   庭の除染-3 
ボットに種を蒔いた南蛮唐辛子鷹の爪トウモロコシの苗です。
   野菜の苗-H24-1 
   野菜の苗-H24-2  
去年の11月に種を蒔いたあまいえんどうは収穫できるようになりました。
   H24・5・11-1
   あまいえんどう-H24・5・11

獅子唐辛子きゅうりの苗を植えました。
   H24・5・11-2
焼肉レタスです。
   H24・5・11-3
4月11日に種を蒔いたモロッコインゲンです。
   H24・5・11-4
   
   
   野菜日記H24年6月20日      野菜日記H24年7月17日 
     
    野菜日記H24年9月16日


                 今年も頑張ります!!!
    

足関節の仕組み

足関節:距腿関節,足根間関節,足根中足関節 ,中足趾節関節 ,趾節間関節の総称。
距腿関節脛骨下端の下関節面と内果関節面,腓骨の外果関節面と距骨滑車で形成;
足根間関節:距骨下関節 ,横足根関節 ,楔舟関節,楔間関節などがある;
   足の骨格 
足関節の靭帯-内側面
三角靭帯:内果から起こり下方に三角形に分散し,距腿関節の内側を強める。
①前脛距靭帯:内果から起こり,距骨頸の内側部に至る;
②脛舟靭帯:内果から起こり,舟状骨の背側面と内側縁に至る;
③脛踵靭帯:内果から起こり,踵骨の載距突起の内側縁に着く;
④後脛距靭帯:内果から起こり,距骨内側面の後部,後突起の内側結節に着く。
   足関節-内側面 

足関節の靭帯-外側面

前距腓靱帯:外果の前縁から起こり,距骨頸の外側部に着く;
後距腓靱帯:外果窩の底から起こり,距骨後突起の外側結節に着く;
踵腓靱帯:外果の下縁から起こり,距骨下関節の表面を越えて距骨の外側面に着く;
外側距踵靭帯:距骨の外側突起前部から起こり,下後方に踵骨の外側面に着く;
骨間距踵靭帯:距骨溝と踵骨溝が合して作る足根洞の内部で距骨と踵骨とを結ぶ;
背側踵立方靭帯:二分靱帯の外側関節包(踵立方靱帯)を補強する;
二分靭帯:踵骨背面の前内側部から起こり,踵舟靱帯と踵立方靱帯に分かれる;
背側立方舟靭帯:立方骨と舟状骨の背面を結ぶ;
背側距舟靭帯:距骨頸と舟状骨の間の背面を結ぶ。
   足関節-外側面 

足関節の靭帯-後面
後脛腓靭帯:脛骨下端後面から起こり,腓骨下端後面に着く;
後距踵靭帯:距骨後突起の内,外側結節から分かれて起こり,踵骨上面に着く。
   足関節-後面  
足底の靭帯
長足底靭帯:距骨隆起の下面から起こり,立方骨粗面,第2~第5中足骨底に着く。
短足底靭帯:踵骨下面の前方部(踵骨結節)から起こり,立方骨粗面に着く。
底側立方舟靭帯:立方骨と舟状骨の底足面を結ぶ靱帯で横走する。
底側踵舟靭帯:踵骨の載距突起の前縁下面と内側縁から起こり,舟状骨に着く。
 足弓の頂点の位置にあり,足弓に弾性を与え,足弓を支持する;
 この靱帯の無力化は距骨頭が体重によって前内下方に押され扁平足の原因となる。
   足底の靭帯  
足底のアーチ:2つの縦アーチと1つの横アーチがある。
内側縦アーチ:踵骨,距骨,舟状骨,3個の楔状骨,第1~第3中足骨で構成される;
外側縦アーチ:踵骨,立方骨,第4~第5中足骨で構成されている;
横アーチ:5本の中足骨で形成され,縦アーチと直行する方向に伸びている。
   足のアーチ



足の神経・血管・筋肉     日立市十王町-漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR