膝関節周囲の滑液包

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

膝関節と下腿の動脈

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

膝関節の仕組み

大腿骨体の下端には内側顆と外側顆の二つの隆起があり,脛骨の上端の内側顆と外側顆との間に膝関節を形成する。
大腿骨と脛骨 
大腿骨体の下端
内側顆と外側顆の上部には内側上顆と外側上顆がある;
内側上顆の上には内転筋結節があり,大内転筋の腱が着く;
内側顆と外側顆の関節面の前端は互いに繋がり膝蓋面を作る;
膝蓋骨の関節面は膝関節の屈伸に際して大腿骨の膝蓋面を上下に移動する。
脛骨と腓骨 
脛骨の上端
後内側に膨隆した内側顆と後外側方へ膨隆した外側顆がある;
内・外側顆の上面には上関節面があり,大腿骨の内側上顆と外側上顆に対応する;
内側と外側の関節面の間には顆間隆起がある;
顆間隆起は内側顆間結節と外側顆間結節に分かれる;
顆間隆起の前後の陥凹した部分がそれぞれ前顆間区・後顆間区である。
外側顆の外側後下面には腓骨頭に対する腓骨関節面がある。
上関節面と大腿骨下端の間には内・外側半月板があり,クッションの役割を果たす。
脛骨の下端
外側面には腓骨切痕があり,腓骨の下端に接する;
下面は下関節面,内果の外側面は内果関節面をなし,距骨に対する。
   半月板
半月板:脛骨に付着し,脛骨窩を深め,膝関節の安定性を高める。
外側縁が厚く,中心部では非常に薄くなっていて,断面では楔形を呈している;
内側半月板は半円形で,外側半月板はほぼ円形で内側半月に比べて小さい;
内側半月は内側側副靱帯と癒着している。
   膝関節-前面-1  
外側側副靱帯:外側上顆より起こり,下端は腓骨頭に着く。
内側側副靱帯:内側上顆から起こり,内側半月板,脛骨内側顆に着く。
膝蓋靱帯:大腿四頭筋の停止腱のであり,膝蓋骨の下部から起こり,脛骨粗面に着く。
外・内側膝蓋支帯:大腿四頭筋停止腱で,膝蓋靱帯となる部分を除いた両側の部分。
前腓骨頭靭帯:腓骨頭から起こり,脛骨外側顆の前面に着く。
膝関節筋:大腿骨下部前面から起こり,膝関節包に停止し,関節包を上方に引く。 
   膝関節 前面-2
膝蓋下滑膜ヒダ:大腿骨の顆間窩から起こり,膝蓋骨の下方の膝蓋下脂肪体に達する。
十字靱帯を含み,関節包前壁の膝蓋下部まで張り,関節腔を左右に分ける。
膝蓋下脂肪体 :骨の間に入って死腔を埋める。
膝蓋靱帯の内面を底とする滑膜に被われた大きな脂肪体で前顆間区の上に拡がる。
翼状ヒダ:滑膜ヒダの前下部から膝蓋下脂肪体の上を上り,膝蓋骨の側方まで拡がる。
   膝関節 前面-3
前十字靭帯:脛骨の前顆間区から起こり,膝関節腔内を上後外側方に走り,大腿骨の
        外側顆内面後部に付着する。
膝関節伸展時に緊張し,大腿骨に対して脛骨が前方へ滑り出るのを防ぐ;
足が接地した状態で急激に方向転換すると膝に回旋力が加わり断裂が生じやすい。
後十字靭帯:脛骨の後顆間区から起こり,膝関節腔内を上前内側方に走り,大腿骨の
        内側顆外側面前部に付着する。
膝関節屈曲時に緊張し,脛骨上端が後ろに倒れようとするのを妨ぐ。
後十字靭帯の損傷は前十字靭帯の損傷(断裂)に比べるとまれてある。
膝横靭帯:内側半月板と外側半月板の前面を結ぶ。
外側側副靭帯と関節包との間には狭い隙間があり,外側下膝動脈が通る。
   膝関節 後面-1
斜膝窩靱帯:半膜様筋の停止腱から起こり,大腿骨外側顆の後面の付近へ放散する。
関節包の後面を上外方へ走り,膝窩中央部の安定性を高める。
弓状膝窩靱帯:腓骨頭から起こり,膝窩筋の上部の表面を内方に走る。
足底筋:大腿骨外側顆の上部から起こり,アキレス腱の内側縁に付着する()。
機能:①足関節を底屈する。②膝関節を屈曲する。
   膝関節 後面-2
後半月大腿靭帯:後十字靱帯と外側半月の後部を結ぶ。
脛骨上面の後端部から起こり,後十字靱帯のすぐ後方で大腿骨内側顆の外面に着く。
後腓骨頭靭帯:腓骨頭から起こり,脛骨外側顆の後面に着く。
   膝関節 矢状断面
膝関節前面の滑液包
膝蓋上包:大腿骨の膝蓋面の上方,大腿四頭筋下にあり,関節腔と連絡している。
膝蓋下皮下包:膝蓋靱帯の前面,皮膚の下にある。
深膝蓋下包:脛骨粗面の上方で,膝蓋靱帯の後面と脛骨の間にある。
膝蓋前皮下包( 図 ):膝蓋骨のすぐ前の皮下にある。

膝関節周囲の滑液包(内側面・外側面・後面)  
膝関節周囲の動脈(膝蓋動脈網)
膝関節周囲の神経(閉鎖神経,伏在神経,脛骨神経,総腓骨神経)


日立市十王町-漢方整体院

股関節周囲の動脈

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

股関節の仕組み

股関節は寛骨臼と大腿骨頭よりなる臼状関節(球状関節の仲間)である。
寛骨(外側面&内側面) 
寛骨臼の内面では周辺の月状面のみが関節軟骨で覆われている;
寛骨臼窩は滑膜で覆われた脂肪組織で満たされている;
寛骨臼の周縁は線維軟骨性の関節唇によって補強され,関節窩が更に深められる。
大腿骨の上端 
大腿骨頭には大腿骨頭窩があり,大腿骨頭靱帯が大腿骨頭窩から起こる;
大腿骨頸:大腿骨頭と大腿骨体を連結する細い部分;
大転子から小転子に至る転子間線と転子間稜は頸と体との結合部に相当する。
骨盤&股関節 
仙腸関節&附属靭帯
股関節の靭帯:関節包のまわりを取り巻いて,安全性を強化する。
   股関節 右側 前面
腸骨大腿靭帯:下前腸骨棘及び寛骨臼上縁から起こり,転子間線に至る。
人体で最も強靭な靭帯であり,関節包の前面と上面を補強する。
股関節の過伸展を制限する。
恥骨大腿靭帯:寛骨臼の恥骨部と恥骨の上方部から起こり,転子間線下部に至る;
股関節の前方内側下方に位置し,過剰な伸展と外転を制限する。
   股関節 右側 後面
坐骨大腿靭帯:寛骨臼縁の後下部から起こり,転子窩の付近に付着する。
深在性の線維は輪帯に混入する;
股関節の内転・内旋を制限する。
寛骨臼横靭帯&大腿骨頭靭-1 
輪帯:関節包の内面で,大腿骨頸を取り巻く輪状の靭帯。
上部は腸骨大腿靱帯,下部では坐骨大腿靱帯の深在性の線維と結合する;
股関節の過度の伸張を制限する。
大腿骨頭靭帯:大腿骨頭窩から起こり,骨臼切痕を挟み込む月状面の尖端の付近に着く
靭帯の中の大腿骨頭靭帯動脈は腿骨頭へ血液を供給する。  寛骨臼横靭帯&大腿骨頭靭帯

寛骨臼横靭帯
:関節唇が寛骨臼切痕を橋渡しして続く部分。
関節唇と共に関節窩を深かめる;
寛骨臼靭帯と寛骨切痕との間隙から脂肪組織が血管と共に関節腔に入り込む。
股関節の運動
屈曲:0~130°,伸展:0~30°,外転:0~45°,内転:0~30°;
内旋:0~45°,外旋:0~50°。

股関節周囲の動脈  膝関節の仕組み  足関節の仕組み
骨盤周囲の筋肉  大腿前面&内側面の筋肉  お尻&大腿後面の筋肉


日立市十王町-漢方整体院

前・側腹壁の筋群

腹直筋:第5~第7肋軟骨,剣状突起,肋剣靱帯 恥骨稜,恥骨結合。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈(片側),骨盤の前部を引き上げる。
神経支配肋間神経(T7~T12)。
左右の腹直筋は腹直筋鞘で包まれており,左右の腹直筋鞘は前腹壁の正中線で癒合して
縦走する腱性の索─白線を形成する。

前・側腹壁の筋肉 
腹直筋鞘:外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の腱膜が腹直筋を包んだものである。
前葉:外腹斜筋腱膜と内腹斜筋腱膜の前葉が癒合して構成される;
後葉:内腹斜筋腱膜の後葉と腹横筋腱膜が癒合して構成される;
後葉は臍の4~5cm下方にある弓状線()で終る。
   腹直筋鞘&胸腰筋膜
外腹斜筋:腹直筋の外側縁で腱膜に移行し,腹直筋鞘の前葉を形成する;
第5~第12肋骨の外側面 腸骨稜の前半分,鼠径靭帯,腹直筋鞘。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈,反対側に回旋(片側),骨盤の引き上げる;
神経支配肋間神経(T5~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
外腹斜筋腱膜は上前腸骨棘と恥骨結節との間で肥厚して鼡径靱帯()を形成する;
鼡径靱帯の線維の一部は三角形の裂孔靱帯()を形成する;
外腹斜筋腱膜は恥骨結節の外上方で三角形の間隙─浅鼠径輪を形成する。
外・内腹斜筋 
内腹斜筋:外腹斜筋の深層に存在し,外腹斜筋とほぼ直角に交叉している。
鼠径靱帯の上方1/2,腸骨稜の前面2/3,胸腰筋膜第10~12肋骨下縁,腹直筋鞘。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈,同側に回旋(片側),
神経支配肋間神経(T8~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
腹直筋の外側縁で腱膜に移行し,前・後葉に分れて腹直筋鞘前・後葉に入る。
内腹斜筋腱膜の後葉は弓状線以下では腹直筋鞘の前葉に移行する。
腹横筋&腹直筋 
腹横筋:内腹斜筋と腹直筋の深層に存在する。
第7~第12肋軟骨,鼠径靭帯,腸骨稜,胸腰筋膜 腹直筋鞘;
機能:腹圧を上昇させる;
神経支配肋間神経(T7~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
腹横筋腱膜は弓状線以下では腹直筋鞘の前葉に移行する。



日立市十王町-漢方整体院

胸部の筋群

1:胸部浅層の筋肉
   胸部・腹部の筋肉-浅層
大胸筋:胸郭の前面の大部分を被っている。
①鎖骨部:鎖骨の内側1/2(或は内側2/3)────┐
②肋骨部:胸骨の外面及び第1~第6肋軟骨 ──┼───➤上腕骨の大結節稜
③腹部:腹直筋鞘の後葉  
────────────┘
機能:腕の内転及び内旋,胸肋部は腕を固定している時は肋骨を引き上げる。
神経支配内・外側胸筋神経腕神経叢の鎖骨下枝,前胸神経ともいう,C5~T1)。
前鋸筋:胸郭の側面にあり,下部繊維は外腹斜筋と鋸歯状に密に結合する。
第1~第9肋骨の外側面の中央部 肩甲骨の内側縁,上角,下角。
機能:肩甲骨の外転,上方回旋(僅か),肋骨の挙上。
神経支配前胸神経腕神経叢の鎖骨上枝,C5~C7)。
   前鋸筋
胸腹壁静脈腋窩静脈鎖骨下静脈腕頭静脈上大静脈右心房。
胸腹壁静脈浅腹壁静脈。
浅腹壁静脈─────┐
               ├─大伏在静脈大腿静脈外腸骨静脈総腸骨静脈下大静脈。
浅腸骨回旋静脈   ─┘
肋間神経胸神経

2:胸壁深層の筋肉
   胸部・腹部の筋肉-深層
鎖骨下筋
第1肋骨の骨と肋軟骨の境の前面 鎖骨中央部下面。
機能:鎖骨(上肢帯)を引き下げる。
神経支配:鎖骨下神経腕神経叢の鎖骨上枝,C5~C6)。
小胸筋:第3~第5肋骨の前面 肩甲骨の烏口突起
機能:肩甲骨を外転し,上肢帯を引き下げるが,更に肋骨を挙上することもする。
神経支配内側胸筋神経腕神経叢の鎖骨下枝,C7~T1)。
   小胸筋
頭静脈(橈側皮静脈 手背の静脈網頭静脈腋窩静脈鎖骨下静脈。
鎖骨下動脈(内胸動脈上腹壁動脈下腹壁動脈外腸骨動脈()。
腰神経叢の分枝:腸骨下腹神経,外側大腿皮神経,腸骨鼠径神経。
腹筋:腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋,腹横筋。

胸郭上口:第1胸椎体,第1肋骨と胸骨柄上縁で囲まれて形成される。
胸郭出口:鎖骨と第一肋骨の間にある隙間で,腕神経叢と鎖骨下動静脈が通る。




日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR