虚空蔵尊と十三参り

虚空菩薩
虚空が全ての物を蔵するように,広大無限な福徳を備え,常に人々にこれを与え,諸願を満足させる菩薩である,大日如来の福智の二徳を本願としているため,この菩薩を信ずれば災厄を滅除し,福徳,知恵を得ることが出来ると信じられた。
仏教と陰陽五行説の習合が普及し,鬼門の守護仏とされ,十三参りが盛んになり,江戸時代以降,民間信仰として広く信仰されるようになった。

虚空蔵菩薩と十三参り 

十王信仰
亡者は初七日(ショナヌカ)から七七日(ナナナヌカ)までと,百ヶ日,一周忌,三周忌に,それぞれ十王の裁きを受ける,南北朝時代になり,七年忌の阿閦(シュク)如来,十三年忌の大日如来,三十三年忌の虚空蔵菩薩が加えられ13仏となった。
忌 日十 王本 地 仏
初七日秦広(シンコウ)王不動(フドウ)明王
二七日初江(ショコウ)王釈迦(シャカ)如来
三七日宋帝(ソウテイ)王文殊(モンジュ)菩薩
四七日五官(ゴカン)王普賢(フゲン)菩薩
五七日閻魔(エンマ)王地蔵(ジゾウ)菩薩
六七日変成(ヘンジョウ)王弥勒(ミロク)菩薩
七七日太山(タイサン)王薬師(ヤクシ)如来
百ヶ日平等(ビョウドウ)王観世音(カンオン)菩薩
一周忌都市(トシ)王勢至(セオシ)菩薩
三周忌五道転輪(テンリン)王阿弥陀(アミダ)如来
七周忌阿閦(シュク)如来
13周忌大日如来
33周忌虚空蔵菩薩

日立市十王朝漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR