督脈の常用穴

               長強 (ちょうきょう)
  穴名解釈
─長い;:強い;脊椎長而強靭,穴在下端。
  取穴部位:尾骨下端と肛門の中間;
  主治:痔,肛脱(配百会,大腸兪,承山)等;
  穴意:督脈の絡穴,絡接任脈;足少陰腎経足少陽胆経督脈の交会穴。 

                腰兪(ようゆ)
取穴部位:仙骨裂孔の中央陥凹部,伏臥位で取穴。配腎兪,環跳,委中治腰背痛。
✤仙椎(S1~S4)の棘突起は癒合し正中仙骨稜を形成する。
✤第5仙椎の椎弓板は正中で癒合しておらず仙骨裂孔となり,仙骨管の末端を成す。
✤仙骨裂孔の両端には下方に向いた仙骨角がある。
 
               腰陽関(こしのようかん)
  穴名解釈
:督脈為陽,穴属督脈,位於腰部転動処,如腰之機関。
  取穴部位:腰部後正中線上,第4・第5腰椎棘突起間の凹陥処;
  功効:調補腎気,利腰膝,祛寒湿;
  主治:配腎兪,環跳,足三里,委中治坐骨神経痛。 

                下極兪奇穴
取穴部位:腰部後正中線上,第3・第4腰椎棘突起間の凹陥処;治腰背痛,陽萎。
                命門(めいもん)
取穴部位:腰部後正中線上,第2・第3腰椎棘突起間の凹陥処;培元補腎,固精壮陽。
                懸枢(けんすう)
取穴部位:腰部後正中線上,第1・第2腰椎棘突起間の凹陥処;腰部活動の枢紐。
                
                脊中(せきちゅう)
取穴部位:背部後正中線上,第11・第12胸椎棘突起間の凹陥処;脊柱古作21椎。
                中枢(ちゅうすう)
取穴部位:背部後正中線上,第10・第11胸椎棘突起間の凹陥処。
                筋縮(きんしゅく)
取穴部位:背部後正中線上,第9・第10胸椎棘突起間の凹陥処;能治筋肉攣縮諸病。
 
               至陽 (しよう)
穴名解釈:至:到達;本穴与横膈平,経脈至此已从膈下之陽中之陰到達膈上之陽中之陽。
  取穴部位:背部後正中線上,第7・第8胸椎棘突起間の凹陥処;
  功効:理気寛胸;  主治:配心兪,内関治不整脈。 
                霊台(れいだい)
取穴部位:背部後正中線上,第6・第7胸椎棘突起間の凹陥処;心霊(神道と心兪)の台。
                神道(しんどう)
取穴部位:背部後正中線上,第5・第6胸椎棘突起間の凹陥処;心兪傍,如心神之通道。

                身柱(しんちゅう)
取穴部位:背部後正中線上,第3・第4胸椎棘突起間の凹陥処;如一身之支柱。

                陶道(とうどう)
取穴部位:背部後正中線上,第1・第2胸椎棘突起間の凹陥処;解表,退熱,安神。

               大椎 (だいつい)
  穴名解釈
:古代称第1胸椎棘突為大椎,穴在其上方,故称大椎。
  取穴部位:第7頚椎棘突起と第1胸椎棘突起間の凹陥処;
  功効:疎風散寒,解表通陽,理気降逆,鎮静安神,健脳,強壮全身;
  主治:感冒,頭痛,肩こり等;
  穴意:手足三陽経と督脈の交会穴;配曲池,外関,合谷,風池治感冒,発熱,頭痛。
 
               唖門 (あもん)
  穴名解釈:─音啞;:門戸;此穴深刺可以致啞,也可治啞,故比喩音啞の門戸。
  取穴部位:後髪際正中直上0.5寸,第1頸椎下;
  功効:通経絡,開神竅,治言語障害;
  穴意督脈陽維脈の交会穴;配廉泉,耳門,聴宮,聴会,翳風,合谷治聾啞。
 
               風府 (ふうふ)
  穴名解釈:─風邪;:処所;可治風邪為病之穴,也是易為風邪侵襲の部位。
  取穴部位:外後頭隆起の直下方,後髪際を入ること1寸,両側僧帽筋之間凹陥処;
  功効:疎解脳府之風邪;
  主治:頭痛,高血圧症等;
  穴意足太陽膀胱経督脈陽維脈の交会穴,治頭面部と五官科疾患の常用穴。
 
               脳戸 (のうこ)
穴名解釈:─脳髄;─門戸。督脈循脊上行入脳,穴在枕部,相当於脈気入脳の門戸。
取穴部位:後髪際より2.5寸入る処,風府穴上1.5寸,外後頭隆起の上際の中央に取る。
  主治:目痛不能遠視,頚項強痛・・・など;
  穴意足太陽膀胱経督脈の会穴,配肝兪,太陽,睛明,太衝治眼病。
 
               強間 (きょうかん)
  穴名解釈
─強硬;─中間。穴当頂骨と枕骨結合の中間,能治項部強痛。
  取穴部位:後髪際より4寸入る処,脳戸穴上1.5寸;
  主治:頭痛,めまい,嘔吐,頚項不得左右回顧・・・など; 

                後頂(ごちょう)
取穴部位:後髪際より5.5寸入る処,脳戸穴上3寸; 穴在頭頂百会穴之後方。
 
               百会 (ひゃくえ)
穴名解釈:─多い;:交会;穴在巓頂部,是足三陽経,肝経,督脈等多経之交会部位。
  取穴部位:左右の耳尖を結んだ線が正中線と交わるところ;
  功効:清熱開竅,健脳寧神,回陽固脱,平肝息風;
  主治:頭痛,高血圧症,半身不随等;
  穴意足三陽経督脈の交会穴;
  配伍:配肩髃,曲池,合谷,環跳,風市,足三里,絶骨治半身不随。
 
               前頂 (ぜんちょう)
穴名解釈
─前方;─頭頂。穴在頭頂百会穴の前方。
取穴部位:前髪際より3.5寸入る処,百会穴前1.5寸,印堂穴と脳戸穴を結ぶ線の中間点。
  主治:頭痛,めまい,面部紅腫,脳血管の病気による半身不随・・・など;
 
                囟会(しんえ)
取穴部位:前髪際より2寸入る処,百会穴前3寸;穴当囟門の閉合処。

               上星 (じょうせい)
  穴名解釈
─上方;:空の星;人頭形円象天,穴在頭上,如星在天。
  取穴部位:前髪際を入ること1寸,神庭穴直後0.5寸;
  主治:頭痛,蓄膿症(配迎香,素髎,合谷)等;
 
               神庭 (しんてい)
  穴名解釈
─神明;:前庭;脳為元神之府,神在此指脳,穴如脳之前庭。
  取穴部位:前頭部の正中線で前髪際より0.5寸入るところに取る;
  主治:心神錯乱などの精神症状;
  穴意督脈足太陽膀胱経の交会穴,配睛明,太陽治目赤腫痛。

               素髎 (そりょう)
  穴名解釈
─鼻茎;:骨隙;穴在鼻茎下端の骨隙処。
  取穴部位:鼻尖の中央陥凹部;
  功効:泄熱開竅,回陽救逆;
  主治:鼻疾患(配上星,迎香,合谷)等;
 
               水溝 (すいこう) 
  穴名解釈
─水液;:溝渠;穴在人中溝,人中溝形似水溝。
  取穴部位:鼻中隔の直下,人中溝の上1/3と中1/3の交点処;
  功効:清熱開竅,鎮通寧神,回陽救逆;
  主治:人事不省,腰脊強痛等;
  穴意督脈手陽明大腸経足陽明胃経の交会穴;配委中治ギックリ腰。
   
   

常用経穴(ツボ)一覧    日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR