足厥陰肝経の常用穴

               大敦 (たいとん)
  穴名解釈
─大きい,母趾;:敦厚;穴在母趾内側,局部筋肉敦厚。
  取穴部位:足の第1指外側爪甲根部,爪甲の角を去ること0.1寸;
  功効:通経絡,開神竅;
  主治:疝気,月経不順等;
  穴意:肝経の井穴;配関元,三陰交,照海治疝気。
 
               行間 (こうかん)
  穴名解釈:─運行;:中間;穴在第1・2中足趾関節(MP関節)間,経気行於其間。
  取穴部位:第1中足趾節関節の前,外側陥凹部;
  功効:疎経活絡,清熱泄火,理気;
  主治:頭痛,人事不省,月経不順等;
  穴意:肝経の榮穴;配風池,太陽,合谷治頭痛。
 
               太衝 (たいしょう)
  穴名解釈
─大;:重要部位;穴在足背,局部脈気盛大,為本経要穴。
  取穴部位:足背,第1・第2中足骨底間の陥凹部;
  功効:舒肝理気,通絡活血;
  主治:頭痛,高血圧等;
  穴意:肝経の輸穴原穴;配風池,足三里,三陰交治高血圧;配合谷治諸臓腑疾患。 

足厥陰肝経のツボ 
 
               曲泉 (きょくせん)
  穴名解釈
─湾曲;:水泉;穴在膝窩横紋内側端,曲膝時局部凹陥如泉。
  取穴部位:膝を深く屈曲し,膝窩横紋の内端上方凹陥処;
  功効:舒筋活絡,清湿熱,利下焦;
  主治膝関節痛,疝痛等;
  穴意:肝経の合穴;配関元,中極,太衝,三陰交治疝痛。
 
               章門 (しょうもん)
  穴名解釈
─障;:門戸;穴在季肋下,如同屏障内臓之門戸。
  取穴部位:第11肋骨前端下際;
  功効:疎肝理気,活血化瘀;
  主治:すい臓炎(配中脘,気海,足三里)等;
 穴意:①足厥陰肝経足少陽胆経の交会穴;②脾の募穴;③八会穴之一:臓会章門
 
               期門 (きもん)
  穴名解釈
─周期;:門戸;両側脇肋如敝開之門戸,経気運行至此為一周期。
  取穴部位:乳頭直下,第6肋骨間隙,任脈外側4寸;
  功効:疎肝理気,活血化瘀;
  主治:肝機能障害,肋間神経痛(配膈兪,肝兪,三陽絡,陽陵泉)等;
  穴意:①足厥陰肝経足太陰脾経陰維脈の交会穴;②肝の募穴
  
足厥陰肝経  
【霊枢・卷三・経脈十】:肝厥陰之脈,起於大趾叢毛之際,上循足跗上廉,去内踝一寸,
上踝八寸,交出太陰之後,上膕内廉,循股陰入毛中,過陰器,抵少腹,挟胃属肝絡胆,
上貫膈,布脇肋,循喉嚨之後,上入頏顙,連目系,上出額,与督脈会於巓。
其支者,従目系下頬里,環唇内; 其支者,復従肝別貫膈,上注肺。

常用経穴(ツボ)一覧    日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR