足陽明胃経の常用穴

               承泣 (しょうきゅう)
  穴名解釈
─承受;─涙; 穴在目の下,如承受涙之部位。
  取穴部位:瞳孔の直下,眼窩下縁の中央(眼窩下縁与眼球之間);
  功効:疎風活絡,開竅明目;
  主治:眼疾患等;
  穴意足陽明胃経陽蹺脈任脈の交会穴。
 
               
四白 (しはく)
  穴名解釈
─四方,:光明;穴在眼下,能治眼病,改善視覚以明見四方。
  取穴部位:瞳孔の下1寸,眼窩下孔部(上顎骨の眶下孔凹陷処);
  功効:疎風活絡,舒筋鎮痛;
  主治:面神経麻痺,三叉神経痛,上歯痛等;
  配伍:配下関,地倉,頬車,顴髎,合谷治面神経麻痺或三叉神経痛。 

                巨髎(こりょう)
取穴部位:瞳孔直下方,横平鼻翼下縁処,鼻唇溝外側;手陽明+足陽明+陽蹻脈。
 
               地倉 (ちそう)
  穴名解釈
─土地;:糧倉; 土生五穀,穀从口入,如進糧倉。
  取穴部位:口角の外0.4寸,上直瞳孔;
  功効:疎風活絡,扶正鎮痛;
  主治:顔面神経麻痺;
  配伍:配迎香,下関,巨髎,顴髎,合谷治面神経麻痺或三叉神経痛。 

                大迎(だいげい)
取穴部位:下顎角の前方,咬筋附着部の前縁,顔面動脈拍動処。
 
               頬車 (きょうしゃ)
  穴名解釈
─頬部;:車両,指牙車,即下顎骨;穴在下顎骨,近下顎骨角。
  取穴部位:耳垂下端と下顎角の間の陥凹部;
  功効:疎風活絡,止痛;
  主治:顔面神経麻痺,三叉神経痛,下歯痛,頚項不能回顧等;
  配伍:配四白,迎香,地倉,下関,巨髎,合谷治面神経麻痺,三叉神経痛。
 
               下関 (げかん)
  穴名解釈
─下方;:関界;指頬骨(顴)弓,穴在其下縁。
  取穴部位:頬骨弓中央の下際陥凹部;
  功効:疎風活絡,開竅益聡;
  主治:面神経麻痺,耳鳴り,上歯痛等;
  穴意:①足陽明胃経足少陽胆経の交会穴,配耳門,聴宮,翳風,外関治耳鳴り;
      ②配頬車,合谷治歯痛;
      ③配地倉,巨髎,顴髎,迎香,頬車,合谷治面神経麻痺,三叉神経痛。
 
               頭維 (ずい)
  穴名解釈
─頭部;:隅角;穴在頭之額角部位。
  取穴部位:前額の外角髪際(額角髪角直上)0.5寸;
  功効:清頭明目;
  主治:偏頭痛,視物不清等;
  穴意:①足陽明胃経足少陽胆経の交会穴,配百会,太陽,合谷,率谷治偏頭痛;
      ②配風池,角孫,晴明,太陽,合谷治視物不清。 

                人迎(じんげい)
取穴部位:喉頭隆起傍,胸鎖骨乳突筋の前縁,総頸動脈が外・内頸動脈に分かれる
処。
功効:通経絡,調気血,清熱,平喘。 足陽明+足少陽。
✤配曲池,足三里治高血圧。
✤配百会,人中,内関,太衝,膈兪,脾兪,肝兪治低血圧。
✤頸動脈洞:伸張受容器であり,血圧の変化を検知する。
✤頸動脈小体:血中の酸素及び二酸化炭素の濃度を検知する。
 
                水突(すいとつ)
取穴部位:胸鎖骨乳突筋の前縁,人迎穴と気舎穴を結ぶ線の中間点。
                気舎(きしゃ)
取穴部位:小鎖骨上窩中央(胸鎖骨乳突筋の胸骨頭,鎖骨頭,及び鎖骨による凹陥)。
主治:咳逆上気,喘息,甲状腺腫大,喉痺,喉腫,頸項強不得回顧。
                缺盆(けっぼん)
取穴部位:鎖骨上窩中央,前正中線外側4寸,乳頭線上。
主治:喉痺,咳,喘息,胸中熱満,缺盆中腫痛,頸リンパ節結核。
 
               
梁門 (りょうもん)
  穴名解釈─穀糧,:門戸;穴在上腹部,意為飲食入胃之門戸;
  取穴部位:天枢穴の上4寸,中脘穴の外2寸処;
  功効:健脾胃,助消化;
  主治:胃疾患,肝疾患等;
  配伍:配中脘,足三里,公孫,内関治胃疾患。 
 
               天枢 (てんすう)
  穴名解釈─天空;:枢紐;臍上属陽,臍下属陰,穴位平臍,如天地之枢紐。
  取穴部位:臍の外方2寸;
  功効:調中和胃,理気健脾;
  主治:腸カタル,便秘,疝気,月経不調等;
  穴意大腸の募穴,治療消化器疾患の常用要穴之一;
     ①配中脘,関元,合谷,足三里,公孫治急性胃腸炎;
     ②配気海,関元,大腸兪,上髎治腸麻痺。
 
               帰来 (きらい)
穴名解釈
─帰回;:到来;本穴能治子宮下垂,奔豚気,疝気等,有帰復還納之功。
  取穴部位:天枢穴の下4寸,中極穴の外2寸;
  主治:少腹痛,閉経,痛経,茎中痛,小便不利(膀胱炎)等;
  配伍:配関元,中極,三陰交,腎兪治男女生殖器疾患。
 
               伏兔 (ふくと)
  穴名解釈
─俯伏;:ウサギ;穴在局部筋肉隆起,形如伏臥之ウサギ。
  取穴部位:上前腸骨棘と膝蓋骨外上角を結ぶ線の上で,膝蓋骨底上6寸;
  主治:腰膝冷痛,片麻痺,蕁麻疹等;
  配伍:配環跳,腎兪,委中,陽陵泉,三陰交治下肢麻痺(片麻痺)。
 
               梁丘 (りょうきゅう)
  穴名解釈
─山梁,:丘陵; 局部隆起形如山梁,丘陵,穴当其処。
  取穴部位上前腸骨棘膝蓋骨外上角を結ぶ線の上で,膝蓋骨底(外上角)上2寸;
  功効:通経活絡,理気和胃;
  主治膝関節痛,片麻痺,胃痛,虫垂炎等;
  穴意胃経の郄穴,配中脘,内関,足三里,公孫治胃痛,腹痛;

               犢鼻(外膝眼) 
  穴名解釈
─子牛;─鼻;膝蓋骨与膝蓋靭帯中両側凹陥形如似牛犢鼻孔。
  取穴部位:膝蓋骨下縁と膝蓋骨靭帯との外側陥凹処;
  功効:通経活絡,疎風散寒,消腫止痛。

               足三里(あしのさんり)
  穴名解釈
─下肢;三里:三寸; 穴在下肢,位於膝下3寸;
  取穴部位:膝を立て、外膝眼穴の下3寸,脛骨粗面と腓骨頭下際の間;
  功効:疎通経絡,調和気血,強健脾胃,全身強壮要穴之一;
  主治:下肢麻痹,胃疾患,のぼせ,ノイローゼ等;
  穴意:①胃経の合穴,②四総穴之一:肚腹三里留。 

足陽明胃経のツボ 
 
               上巨虚(じょうこきょ)
  穴名解釈
─上方;:巨大;:中空,脛骨と腓骨之間形成較大間隙,即中空;
  取穴部位:足三里の下3寸;
  功効:清利湿熱,調和腸胃;
  主治:腸カタル;
  穴意大腸経の下合穴,配内関,公孫,曲池,天枢治腸カタル。
 
               下巨虚(げこきょ)
  穴名解釈
脛骨と腓骨之間形成較大間隙,即中空,穴在其下方;
  取穴部位:上巨虚の下3寸;
  主治:腸カタル;
  穴意小腸経の下合穴,配内関,陽陵泉治膵炎。
 
               豊隆 (ほうりゅう)
  穴名解釈
─豊満;:隆盛;胃経穀気隆盛,至此処豊満溢出於大絡。
  取穴部位:外果高点上8寸,条口穴外1寸;
  功効:安神寧志,清熱化湿,降逆;
  主治:腸カタル;
  穴意胃経の絡穴,別走足太陰脾経,配風池,神門,内関治不眠,頭痛,めまい。
 
               解渓 (かいけい)
  穴名解釈
─分解,足関節;:沟渓,小さな凹陷;穴在足関節の凹陷中。
  取穴部位:足関節前面中央,長母趾伸筋長趾伸筋の間;
  主治:頭痛,便秘,足関節痛等;
  穴意胃経の経穴,配腎兪,志室,陰陵泉,足三里,三陰交,復留治足のむくみ。 

               衝(沖)陽 (しょうよう)
  
穴名解釈─沖要;─陰陽之陽。穴在足背沖陽脈(足背動脈)之処。
  取穴部位:第2第3中足骨の接合の陥凹,長母趾伸筋長趾伸筋の間;
         足背動脈の拍動処に取る。
  穴意胃経の原穴主治顔面神経麻痺,歯痛,食欲不振等;
 
               内庭 (ないてい)
  穴名解釈
─内側;:庭院;本穴在歴兌之里,犹如門内庭院。
  取穴部位:第2,3基節骨間;
  功効:清胃腸湿熱,理気鎮痛;
  主治:歯痛,足背腫痛等;
  穴意胃経の榮穴,配合谷治歯痛,扁桃腺炎。
 
               厲兌 (れいだ)
  穴名解釈
─胃;:門;本穴在趾端,如胃経之門戸。
  取穴部位:足の第2指外側爪甲根部,爪甲の角を去ること0.1寸;
  功効:清瀉胃火,活絡開竅,回陽救逆;
  主治:脳出血,ノイローゼ等;
  穴意胃経の井穴,配百会,人中,中衝治脳出血昏迷。
   
足陽明胃経  


常用経穴(ツボ)一覧   日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR