手陽明大腸経の常用穴

               商陽 (しょうよう)
穴名解釈
─五音之一,属金;:陰陽の陽,指陽経;大腸属金,在音為商。
取穴部位:示指橈側爪甲根部,爪甲の角を去ること1分(指甲角旁0.1寸);
功効:開竅醒神,泄熱消腫;
主治:歯痛,咽喉腫痛,手指麻木,昏迷,小児の夜泣き等;
穴意:大腸経の井穴,配少商,合谷治急性扁桃腺炎,咽喉炎
 

                二間(じかん)
取穴部位:第2中手指節間関節(MP関節)の前下方の橈側陥凹処。

               三間 (さんかん)
穴名解釈
─第三;:間隙,穴;此為大腸経の三番目の穴。
取穴部位:第2中手指節間関節(MP関節)の後,橈側陥凹部;
主治:目痛,歯痛,咽喉腫痛,身熱,腹満,腸鳴,小児神経症等;
穴意:大腸経の兪穴,配間使治咽中如梗(梅核気)。
 

               合谷 (ごうこく)
穴名解釈
─結合;:山谷; 穴在第1,2中手骨之間,局部呈山谷様凹陷。
取穴部位:第1,2中手骨の間隙之中点処;
功効:鎮痛,安神,通経活絡,疎風解表;
主治:頭痛,歯痛,顔面神経麻痺,扁桃腺炎,高血圧症,癮疹等,妊婦慎用
穴意:①大腸経の原穴;②四総穴之一:面口合谷収
    ③配風池,大椎,外関,曲池,太陽治風邪による発熱,頭痛;
    ④配肩髃,曲池,手三里,外関治上腕運動障害。
 

               陽渓 (ようけい)
穴名解釈
─陽経;:渓谷; 穴属手陽明経,局部呈凹陷,如山間渓谷。
取穴部位:橈骨下端,長母指外転筋長・短母指伸筋の間の陥凹部(橈骨窩)の中央;
主治:頭痛,目赤腫痛,耳鳴り,歯痛,腕関節痛等;
穴意:大腸経の経穴,配偏歴,列缺治手根管症候群
  手陽明大腸経のツボ-1
               偏歴 (へんれき)
穴名解釈
偏─偏離;:行経;手陽明経分出絡脈偏行肺経。
取穴部位:陽渓と曲池を結ぶ線(12寸)の上で,陽渓上3寸;
主治:耳鳴り,喉痛,上腕痛,拇指腱鞘炎等;
穴意:大腸経の絡穴,別走手太陰肺経,配太淵,治咽喉腫,咽喉乾き,喘咳等。

                温溜(おんる)
取穴部位:陽渓と曲池を結ぶ線(12寸)の上で,曲池下7寸,陽渓上5寸処。
                下廉(げれん)
取穴部位:陽渓と曲池を結ぶ線(12寸)の上で,曲池下4寸,陽渓上8寸処。
 
                上廉(じょうれん)
取穴部位:陽渓と曲池を結ぶ線(12寸)の上で,曲池下3寸,陽渓上9寸処。

               手三里(てのさんり)
穴名解釈
─上腕;三里:三寸;穴在肘先(尖)下3寸処。
取穴部位:陽渓と曲池を結ぶ線(12寸)の上で,曲池から2寸,陽渓から10寸;
主治:上腕・肘痛,上腕麻痺,腹痛,歯痛,頭痛,めまい等;
穴意:通経活絡作用あり,配肩髃,曲池,外関,合谷治肩・上腕痛,上腕麻痺。
 

               曲池 (きょくち)
穴名:─湾曲;:池塘,体表の凹陥;屈肘取穴,肘横紋橈側端凹陥如池,穴在其中。
取穴部位肘関節を屈曲してできる肘窩横紋の外端;
功効:疎風解表,調和気血,強壮穴之一;
主治:熱病,半身不随,蕁麻疹,上腕運動障害,咽喉腫痛,歯痛,高血圧症,眼疾患等;
穴意:①大腸経の合穴,配大椎,外関,風池,太陽治風邪による頭痛,発熱;
②配人迎,足三里治高血圧症;③配肩髃,環跳,風市,血海治蕁麻疹,皮膚掻痒症;
④配肩髃,外関,合谷治上腕麻痺。 

                肘髎(ちゅうりょう)
取穴部位:上腕骨外側上顆の上際で,上腕三頭筋外縁の陥凹部 ,曲池上1寸処。
                手五里(てのごり)
取穴部位:曲池と肩髃を結ぶ線の上で,曲池上3寸処。《甲乙》《銅人》《大成》皆曰禁針。
 
手陽明大腸経のツボ-2 
               臂臑 (ひじゅ)
穴名解釈
─上腕の肘以上部分;:上腕筋肉隆起処,穴在上腕部筋肉隆起処。
取穴部位:曲池と肩髃を結ぶ線の上で,曲池から7寸,三角筋の下端。
功効:疎通経絡,止痛鎮痛;
主治:頸項痛,五十肩,蕁麻疹等;
穴意:配肩髃(臂臑透肩髃)─麻酔作用あり。
 

               肩髃 (けんぐう)
穴名解釈
─肩部;:隅角;肩髃は肩先(肩頭)を指す。
取穴部位:肩峰と上腕骨頭の間,肩関節の前のくぼみ,三角筋上部中央;
功効:疎風活絡,調和気血,通利関節;
主治:五十肩,半身不随,蕁麻疹等;
穴意手陽明大腸経陽蹺脈の交会穴;
配伍:配天宗,肩髎治五十肩;配曲池,外関,合谷治上腕麻痺。

                巨骨(ここつ)
取穴部位:鎖骨外端と肩甲棘の間の陥凹部,C7棘突起と肩髃穴を結ぶ線の外1/4処。
                天鼎(てんてい)
取穴部位:扶突穴の後下方1寸,胸鎖乳突筋後縁,扶突穴と缺盆を結ぶ線の中点。
 

               扶突 (ふとつ)
穴名解釈
─旁辺,そば;:隆起,喉頭隆起(喉仏);穴在喉仏の旁。
取穴部位:下顎角の下方,喉仏旁開3寸,胸鎖乳突筋の前・後縁之間(中点処);
主治:咳嗽,気喘,咽喉腫痛,斜角筋症候群等;
穴意:配天突,合谷治音唖(声枯れ),咳喘。

口禾髎(かりょう):鼻孔外縁直下,横平水溝穴。
 

               迎香 (げいこう)
穴名解釈
─迎接;:香気,ニオイ;此穴在鼻旁,改善嗅覚,能迎接香気。
取穴部位:鼻翼の外縁中点,旁開0.5寸,鼻唇溝の中;
功効:散熱開竅;
主治:鼻塞不通(鼻詰り),嗅覚麻痺等;
穴意手陽明大腸経足陽明胃経の交会穴,配地倉,頬車,下関治顔面神経麻痺。 
 手陽明大腸経  
霊枢・卷三・経脈十】:大腸手陽明脈,起於大指次指之端,循指上廉,出合谷両骨之間,
上入両筋之中,循臂上廉,入肘外廉,上臑外前廉,上肩,出髃骨之前廉,上出於柱骨
之会上,下入缺盆絡肺,下膈属大腸;其支者,従缺盆上頸貫頬,入下歯中,還出挟口,
交人中,左之右,右之左,上挟鼻孔。

常用経穴(ツボ)一覧    日立市十王町漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR