手厥陰心包経の常用穴

               天池 (てんち)
穴名解釈
─天空;:池塘;穴在乳旁,乳房之泌乳,犹如水自天池而出。
取穴部位:乳中穴の外1寸,第4肋間,任脈の外5寸;
主治:心臓疾患,配膻中,乳根,少澤治乳腺炎。 

                天泉(てんせん)
取穴部位:腋下横紋から曲澤穴に向かい下2寸,上腕二頭筋の長・短頭之間。
 
               曲澤 (きょくたく)
穴名解釈
─湾曲;:沼澤;経気流注至此,入曲肘浅凹処,犹如水進沼澤。
取穴部位:肘窩横紋上で,上腕二頭筋腱の尺側,尺澤と少海の間;
功効:疎通心絡,泄湿熱,止痛,止瀉;
主治:上腕・肘関節痛,心臓疾患・・・など;
穴意:心包経の合穴,配内関,大陵治心胸痛。 

                 郄門(げきもん)
取穴部位:腕横紋(大陵穴)から曲澤穴に向かい上5寸,橈側手根屈筋長掌筋の間。

手の厥陰心包経のツボ 
 
               間使 (かんし)
穴名解釈
─間隙;使:臣使;位於両筋之間隙,心包為【臣使之官】,故名。
取穴部位:腕横紋(大陵穴)から曲澤穴に向かい上3寸,橈側手根屈筋長掌筋の間;
功効:寧心安神,通経活絡,和胃祛痰;
主治:上腕痛,吐き気,嘔吐等;
穴位:心包経の経穴;配心兪,内関,少府治心臓疾患。
 
               内関 (ないかん)
穴名解釈
─内側;:関隘;穴在上腕内側要処,犹如関隘。
取穴部位:腕横紋(大陵穴)から曲澤穴に向かい上2寸,橈側手根屈筋長掌筋の間;
功効:寧心安神,鎮静鎮痛,理気和胃;
主治:心胸内関謀(配公孫,足三里治胃,心,胸疾患);
穴意:①心包経の絡穴,別走手少陽三焦経;②八脈交会穴之一:通於陰維脈
 
               大陵 (たいりょう)
穴名解釈
─大きい;:丘陵;掌根高突如同丘陵,穴在其腕側陥中。
取穴部位:手関節前面横紋の中央、橈側手根屈筋腱長掌筋腱の間;
功効:寧心安神,寛胸和胃;
主治:心痛,胃痛,嘔吐等;
穴意:心包経の輸穴原穴;配内関,心兪治心臓病。
 
               労宮 (ろうきゅう)
穴名解釈
─労働,手司労働,労指手;:中央;穴在手の掌部中央。
取穴部位:手掌で第2・第3中手骨間,こぶしを握った時,中指尖が掌にあたる処;
功効:開竅回神,安神鎮静;
主治:心痛,嘔吐,掌中熱等;
穴意:心包経の榮穴;配人中,百会,合谷治精神疾患。
 
               中衝 (ちゅうしょう)
穴名─中間;:衝動;穴在中指端,心包経之井穴,経気由此涌出,沿経脈上行。
取穴部位:中指の指先中央,爪甲の角を去ること0.1寸;
功効:通心絡,開神竅,回陽救逆;
穴意:心包経の井穴;配人中,内関治小児ひきつけ(小児惊風)。
  
心包経2 
霊枢・卷三・経脈】:心主手厥陰心包絡之脈,起於胸中,出属於心包絡,下膈,歴絡三焦。
其支者,循胸出脇,下腋三寸,上抵腋,下循臑内,行太陰少陰之間,入肘中,下臂行
両筋之間,入掌中,循中指出其端; 其支者,別掌中,循小指次指出其端。

常用経穴(ツボ)一覧    日立市十王町漢方整体院






プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR