薬局相談で購入できる漢方薬/た行

大黄附子湯  大半夏湯  沢瀉湯  竹葉石膏湯  知柏地黄丸  中黄膏

中建中湯  丁香柿蔕湯  定悸飲  天王補心丸  当帰散  当帰四逆湯

当帰芍薬散加黄耆釣藤 当帰芍薬散加人参 当帰貝母苦参丸料

独活寄生湯     独活葛根湯  独活湯 

 
                 大黄附子湯 대황부자탕
日 本中 国
大黄1g  附子1g  細辛2g
効用:
冷えを伴う人に。便秘,腹痛,神経痛。
大黄9g  炮附子9g  細辛3g
功用:温里散寒,通便止痛。
主治:寒積腹痛。便秘腹痛,脇下偏痛,
 発熱,手足不温,舌苔白膩,脈弦緊。

                     大半夏湯 
日 本中 国
半夏7g  人参3g  蜂蜜20g
効用:嘔吐
     《金匱要略》
半夏3銭  人参3銭  白蜜1両。
功用:補中降逆。
主治:胃反証。朝食暮吐,或暮食朝吐。
  
                 沢瀉湯     택사탕
日 本中 国
沢瀉6g  白术4.5g
効用:
胃に水分の停滞を感じる人に。めまい,
頭重,むくみ。
沢瀉15g  白术6g
主治:水停心下,清陽不升,濁陰上犯,
    頭目昏眩。現多用于耳源性眩暈。
       《金匱要略》

                竹葉石膏湯     죽엽석고탕
日 本中 国
麦門冬湯:減大棗,加 竹葉2g 石膏10g
効用:体力の衰えでいる人に。
痰の切れにくい咳,気管支炎,気管支
喘息,口渇。   《傷寒論》
竹葉6g 石膏50g 半夏9g 麦門冬20g 人参6g
甘草6g 粳米10g
功用:清熱生津,益気和胃。
主治:傷寒,温病,暑病余熱末清,気津両傷。
✤石膏為君,清熱生津,除煩止渇; ✤臣以竹葉,助石膏清熱除煩;
✤人参,麦冬:益気養陰; 半夏:降逆; 粳米:甘平,養胃;皆為佐薬;
✤甘草:和中調和諸薬為使。

 
                   知柏地黄丸     지백지황환 
日 本中 国
六味丸加:知母9g 黄柏6g
効用:お年寄り等疲れ易く胃腸障害のなく,
顔や手足がほてり,尿量減少又は多尿で,
口渇がある人に。排尿困難、頻尿、むくみ。
六味丸加:知母黄柏 各6g
功用:滋陰降火。
主治:陰虚火旺所致的骨蒸労熱,虚煩盗汗,
    腰背酸痛,手足心熱等症。
  
                    中建中湯     중건중탕
日 本中 国
大建中湯加:桂皮4g 芍薬6g甘草3g大棗4g。
効用:
日頃より消化器が弱い傾向の人に。
冷えによって腹痛を伴う下痢や便秘。
芍薬18g桂枝9g灸甘草6g生姜9g大棗10枚
飴糖30g  (大建中湯小建中湯
功用:温中補虚,緩急止痛。
主治:虚労腹痛証。腹中時痛,喜得温按,等

                丁香柿蔕湯     정향감제탕
日 本中 国
柿蒂 桂皮 半夏 陳皮3g 丁子 良姜 木香
沈香 茴香 藿香 厚朴 縮砂 甘草 乳香1g
効用:
病後または体質虚弱な人に。
しゃっくり,胃腸虚弱。
丁香,柿蒂6g  人参3g  生姜6g
功用:温中益気,降逆止呃。
主治:胃気虚寒,呃逆不已,脘悶胸痞,
    舌淡苔白,脈遅。
     《症因脈治》

                   定悸飲     정계음
組成苓桂术甘湯加:牡蠣3g 呉茱萸1.5g 李根皮2g
効用:めまい,ふらつきを伴いやすい人に。動悸,動悸を示す不安神経症。

                天王補心丸       천왕보심환
日 本中 国
酸棗仁30g 生地黄60g 柏子仁 麦冬 天冬
五味子30g 当帰18g 遠志 茯苓 丹参 玄参
党参,桔梗15g
効用:体質虚弱な人に。
不眠,不安,肩こり,息切れ,動悸,口渇,
便秘。
酸棗仁 柏子仁 当帰身 天門冬 麦門冬6g
生地黄12g 人参 丹参 玄参 白茯苓 遠志
五味子,桔梗5g
用法:亦可改為湯剤,朱砂衝服。
功用:滋陰養血,補心安神。
主治:陰虚血少,神志不安証。

                   当帰散      당귀산
日 本中 国
当帰,芍薬,川芎,黄芩3g  白术1.5g
効用:産前産後の障害(貧血,
疲労倦怠,めまい,むくみ)に。
   《金匱要略》卷下
当帰,黄芩,芍薬,川芎210g 白术105g
用法:上為末毎服6g,温酒送下毎日2次。
功用:養血健脾,清熱安胎。
主治:妊娠胎動不安。

                当帰四逆湯       당귀사역탕 
組成:当帰12g  桂枝,芍薬9g  細辛3g  灸甘草6g 通草6g  大棗8枚。
功用:温経散寒,養血通脈。
主治:血虚寒厥証。手足厥寒,口不渴 或腰股 腿 足疼痛,舌淡苔白,脈沈細或細欲絶。
✤当帰:養血活血,温通血脈,為君薬;
✤桂枝:温経散寒,暢行血脈;芍薬益血和榮,共為臣薬;
✤細辛:助桂枝温経,散表里内外之寒;
✤大棗,灸甘草:温養脾気,助桂芍養血,佐薬; ✤木通:引諸薬入経通脈。

              当帰芍薬散加黄耆釣藤  
組成当帰芍薬散加:黄耆,釣藤 
効用:朝,頭痛を起こす者で,比較的体力がなく,冷え性,貧血傾向,疲れ易く,
    時に下腹部痛,頭重,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸などのある人に。
    高血圧に伴う随伴症状(頭痛,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸など)。

   
                  当帰芍薬散加人参
組成当帰芍薬散加:人参
効用:胃腸が弱くで体力がなく,冷え性で貧血の傾向があり,疲れ易い,時に下腹部痛,
    頭重,めまい,肩こり,動悸などのある人に。月経不順,月経障害,月経痛,
    更年期障害,産前産後或は流産による障害(貧血,疲労倦怠,めまい,むくみ),
    頭重,肩こり,腰痛,足腰の冷え症,しもやけ,むくみ,しみ。
 
                          当帰貝母苦参丸料 
日 本中 国
当帰,貝母,苦参3g
効用:尿がしぶって出にくい,排尿困難。
  《金匱要略》卷下
当帰,貝母,苦参 各60g
主治:妊娠小便難,飲食如故。
✤男子加滑石10g
 
                独活寄生湯      독활기생탕
組成:独活3g 寄生,杜仲,牛膝,細辛,秦艽,茯苓,桂皮,防風,川芎,地黄,人参,
    甘草,当帰,芍薬2g
効用:体力を消耗し,むくみの傾向,冷えによる痛みがますます悪くなる人に。
    腰痛,関節痛,リウマチ。
組成:独活9g 桑寄生,杜仲,牛膝,細辛,秦艽,茯苓,桂心,防風,川芎,人参,甘草,
    当帰,芍薬,干地黄6g
功用:祛風湿,止痺痛,益肝腎,補気血。
主治:痺症日久,肝腎両虚,気血不足証。 《備急千金要方》
✤独活,秦艽,防風,細辛:祛風湿,止痺痛;
✤杜仲,牛膝,桑寄生:益肝腎,強筋骨,兼祛風湿; ✤四物湯:養血活血;
✤人参,茯苓,甘草:益気扶正; ✤桂心:温通血脈以温養下焦,宣痺止痛。
❀標本併治,俾風寒湿邪得除,気旺血充,肝腎強健,諸症自愈。
 
               独活葛根湯   독활갈근탕
組成葛根湯加:地黄4g 独活2g  効用:五十肩,肩こりに。
組成:独活,桂心,干地,葛根,芍薬3両,生姜6両,麻黄,灸甘草2両。
用法:以清酒3升,水5升,煮取3升,温服5合, 1日3次。
主治:中柔風,身体疼痛,四肢緩弱欲不遂,産後中柔風。 《外台》卷十四
 
                  独活湯  독활탕
組成:独活 羌活 防風 桂皮 大黄 沢瀉2g  当帰 桃仁 連翅3g 防己 黄柏5g 甘草1.5g
効用:冷えによる手足の曲伸痛に。
組成:灸甘草6g 羌活 防風 独活 大黄 沢瀉 肉桂9g 当帰梢 連翅15g 漢防己30g
    黄柏30g 桃仁30个。
用法:上薬哎咀,毎服15g,用酒70ml,水350ml,去渣熱服。
主治:腰痛如折,沈重如山。  《蘭室秘藏》卷中

 


                 日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR