健康保険適応の医療用漢方薬/其他

麻黄湯  麻黄附子細辛湯  麻杏甘石湯  麻子仁丸  木防己湯

薏苡仁湯  抑肝散  抑肝散加陳皮半夏  六君子湯  立効散  竜胆瀉肝湯

苓甘姜味辛夏仁湯  苓姜朮甘湯  苓桂朮甘湯  六味丸 



                  麻黄湯  마황탕
組成:麻黄,杏仁5.0g 桂枝4.0g 甘草1.5g
効用:平素から丈夫で体力が充実した人の熱性疾患の初期で,頭痛,発熱,悪寒,
    腰痛,四肢の関節痛などがあり,自然発汗のない場合に。
    風邪,インフルエンザ,関節リウマチ,喘息,乳児の鼻閉塞,哺乳困難。
組成:麻黄9g  桂枝6g  杏仁6g  甘草3g
功用:発汗解表,宣肺平喘。
✤麻黄:発汗解表,宣肺平喘,為君薬;
✤桂枝:解肌発表,温経散寒,既可助麻黄発汗以解表,又可温経止痛而和榮衛,臣薬
✤杏仁:降利肺気,加強止咳平喘之功,為佐薬;
✤灸甘:既能調和麻杏之宣降,又能緩和麻桂相合峻烈之性,是使薬而兼佐薬之用。

 
             麻黄附子細辛湯 마황부자세싱탕
組成:麻黄4.0  細辛3.0  附子1.0g
効用:悪寒,微熱,全身倦怠感があり,低血圧で頭痛,めまい,四肢の冷えがある時。
    感冒,気管支炎。
組成:麻黄1両  炮附子1枚  細辛2両
功用:助陽解表。  主治:少陰病始得之,反発熱,脈沈者。
✤附子:温経助陽 ✤麻黄:発汗解表 ✤細辛:通彻表里,内散少陰寒邪 外解太陽之表。

 
                麻杏甘石湯 마행감석탕
組成:石膏10.0  麻黄,杏仁4.0  甘草2.0g
効用:比較的体力のある人で,咳,口渇,自然発汗,熱感などがあり,喘鳴,呼吸困難
    等を訴える場合に。小児喘息,気管支喘息。
組成:麻黄6g  杏仁9g  灸甘草6g  石膏24g
功用:辛涼宣泄,清肺平喘。 主治:肺熱咳喘;以身熱喘急,口渇脈数。
✤麻黄:宣肺解表而平喘;✤石膏清泄肺胃以生津共為君薬,
  且石膏倍用于麻黄,宣肺平喘而不助熱,清解肺熱而不留邪。
✤杏仁:粛肺降気,協麻黄,石膏以増強清肺平喘之效,是為臣薬。
✤灸甘草:護胃安中,調和諸薬,功兼佐使。 共成辛涼宣肺,清泄肺熱,止咳平喘之功。

                   麻子仁丸 
組成
:麻子仁5.0 大黄4.0 枳実 厚朴,芍薬,杏仁2.0
効用:体力中等度或はやや低下した人の習慣性便秘で,老人や病後の虚弱に頻用
    される。大便は硬く,塊状を呈する時によい。
組成:麻子仁20g 芍薬,枳実9g  大黄12g  厚朴9g 杏仁10g
功用:潤腸瀉熱,行気通便。
主治:脾約証。腸胃燥熱,脾津不足,大便秘結,小便頻数。
✤麻子仁:甘潤下気,潤腸通便,為君薬。✤杏仁,白芍,蜂蜜:益陰潤燥以通便。
小承気湯:泄熱導滞。

                 抑肝散加陳皮半夏 
組成抑肝散+陳皮,半夏
効用:抑肝散に比べ,より体力が低下して症状がより慢性化している人に良い。
    神経症,不眠症,小児夜泣き,小児疳症。
 
                 木防己湯 목방기탕
組成:石膏10.0  防己4.0  桂枝,人参3.0g
効用:顔色がさえず,咳を伴う呼吸困難,心臓下部に緊張重圧感がある人の心臓,
    或は腎臓に基づく疾患,浮腫,心蔵性喘息。
組成:木防己3両  石膏12枚(鶏子大)  桂枝2両 人参4両   《金匱要略》卷中
功用:補虚散陰。
主治:膈間支飲,其人喘満,心下痞堅,面色黧黑,其脈沈緊,得之数十日,医吐下
    之不愈,属虚者。

 
                 薏苡仁湯 일미인탕
組成:薏苡仁8.0 麻黄,当帰,蒼术4.0 桂枝,芍薬 各3.0  甘草1.5g
効用:体力中等度或はそれ以上の人で比較的慢性に経過する四肢の関節,筋肉の
    疼痛,腫張,熱感のある場合に。
組成:薏苡仁,当帰,芍薬,麻黄,官桂,灸甘草,蒼术 各1両  生姜7片。
主治:中風手足流注疼痛,麻痺不仁,難以屈伸。
加減: 自汗減麻黄;熱減官桂。  处方来源:明・方賢著《奇効良方》

 
                  抑肝散 욱간산
組成:白术,茯苓4.0 当帰,釣藤,川芎3.0 柴胡2.0 甘草1.5g
効用:体力中等度の人で,神経過敏で興奮し易く,怒り易い,いらいらする,眠れない
    等の精神神経症状を訴える場合に。神経症,不眠症,小児夜泣き,小児疳症。
組成:柴胡,甘草1.5g 川芎2.5g 当帰,白术,茯苓,釣藤3.0g 
用法:上薬水煎,子母同服。 功用:抑肝健脾,清熱解痙。
✤本方以蜜和丸,名抑青丸,主治通上。   《保嬰撮要》卷一

 
                 六君子湯 육군자탕
組成:人参,白术,茯苓,半夏4.0  陳皮,大棗2.0g 甘草1.0  生姜0.5g
効用:胃腸の弱い人で,食欲がなく,みぞおちがつかえ,疲れ易く,貧血症で手足が
    冷え易い時。胃炎,胃アトニー,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐。
組成:人参12 g 白术10g  茯苓10g  灸甘草5g 陳皮6g 半夏6g
功用:益気補中,和胃化痰。
主治:脾胃気虚兼痰湿証。
    不思飲食,悪心嘔吐,胸脘痞悶,大便不実,或咳嗽痰多稀白等。

 
                  立効散 립효산
組成:細辛,升麻,防風2.0 甘草1.5 竜胆草1.0g
効用:体力にかかわらず,歯痛,歯齦痛,口腔内の腫脹,疼痛に。抜歯後の疼痛にも。
組成:細辛0.6g  灸甘草0.9g  升麻2.1g  防風3g 龍胆草12g
主治:牙痛不可忍,及頭脑項背痛,微悪寒飲,大悪熱飲,小便滑数者。
処方来源:《蘭室秘藏》卷中

 
                竜胆瀉肝湯 룡담사간
組成:当帰,地黄,木通5.0 黄芩,沢瀉,車前子3.0 龍胆草,山梔子,甘草1.0g
効用:比較的体力のある人で泌尿器,生殖器などの炎症に伴う排尿痛,頻尿,帯下等
    のある場合に。急性或は慢性の炎症性疾患,陰部瘙痒感。
組成:竜胆草6g  黄芩 山梔子 沢瀉9g 木通6g 当帰3g 生地黄 柴胡 車前子 生甘草6g
功用:清肝胆実火,瀉下焦湿熱。
✤龍胆草:上清肝胆実火,下瀉肝経湿熱,為君薬;
✤黄芩 山梔:助竜胆草増強清瀉肝胆実火与肝経湿熱之效,為臣薬。
✤木通 車前 沢瀉:清熱利湿,引湿熱従小便出;
✤生地,当帰:滋陰養血,使瀉火利湿而不傷陰,共為佐薬。
✤柴胡:疏利肝胆之気; ✤甘草:緩急而調和諸薬,合用為使。

 
                  苓甘姜味辛夏仁湯  
組成:杏仁,半夏,茯苓4.0 五味子3.0 甘草,細辛,干姜2.0g
効用:比較的体力が低下し,冷え性で貧血傾向にある人が喘鳴,咳,喀痰,水様性鼻汁
    等を呈する場合に。気管支炎,気管支喘息,心臓衰弱,腎臓病。
功用:宣肺理気,化飲祛痰。 《金匱要略》

               苓姜朮甘湯 령강출감탕
組成:茯苓6.0  白术,干姜3.0  甘草2.0g
効用:腰に冷えと痛みがあって,尿量が多い人に。夜尿症にも。
組成:甘草2両  白术2両 干姜4両  茯苓4両            《金匱要略》卷中
功用:補土治水,散寒滲湿。 主治:腎着。別名:甘草干姜茯苓白术湯  腎著湯。
  
                 苓桂朮甘湯 령계출감탕
組成:茯苓6g  桂枝4.0g  白术3.0g  甘草2.0g
効用:めまい,ふらつき,又は動悸があり,尿量が減少する人に。
    神経質,ノイローゼ,息切れ,頭痛。
組成:茯苓12g  桂枝9g  白术9g  甘草6g
功用:温陽化飲,健脾利湿。
主治:痰飲。胸支満,目眩心悸,或短気而咳,苔白滑,脈弦数(中陽不足,飲停心下)。
✤茯苓:健脾利湿以化飲,為君薬;
✤飲属陰邪,非温不化,故以桂枝為臣薬,温陽以化飲;
✤湿来源於脾,脾陽不足則生湿,湿聚則為飲,故以白术為佐薬,健脾利湿,
  使脾気健運有権,則湿邪去而不復聚。
✤甘草:調和諸薬,益脾和中,為使薬。   《金匱要略》:“病痰飲者,当以温薬和之”

 
                  六味丸 육미환
組成:地黄5.0  山茱萸,山薬,沢瀉,茯苓,丹皮3.0
効用:比較的体力の低下した人で腰部や下肢の脱力感,しびれなどがあり,排尿の時に
    違和感を訴える場合に。八味地黄丸牛車腎気丸を服用すると,のぼせ感を
    訴えるような人に向いている。排尿困難,頻尿,むくみ,かゆみ。
組成:熟地黄24g  山茱萸,山薬12g  沢瀉,牡丹皮,茯苓9g
功用:滋陰補腎。
✤熟地:重用,滋陰補腎,填精益髄,為君薬。
✤山茱:補肝腎,澀精気; ✤山薬:補益脾腎,亦能固精,共為臣薬。
✤沢瀉:利湿泄濁,併防熟地黄之滋膩恋邪;✤丹皮:清泄相火,併制山茱萸之温澀;
✤茯苓:淡滲脾湿,併助山薬之健運。三薬為“三瀉”,滲湿泄濁,清虚熱,均為佐薬。
当帰芍薬加附子湯 桔梗石膏
当帰芍薬散+附子
効用:当帰芍薬散を使う症状で,
特に冷えの強い者に用います。
組成:桔梗,石膏
効用:咳や化膿に効果があり,主に他の
漢方薬に配合して用います。
  
 

                 日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR