健康保険適応の医療用漢方薬/た行

大黄甘草湯  大黄牡丹皮湯  大建中湯  大柴胡湯  大承気湯

大防風湯  竹茹温胆湯  治打撲一方  治頭瘡一方  調胃承気湯

釣藤酸  腸癰湯  猪苓湯  猪苓湯合四物湯  通導散  桃核承気湯

当帰飲子  当帰建中湯  当帰四逆加呉茱萸生姜湯  当帰芍薬散  当帰湯



                大黄甘草湯 대황감초탕
日 本中 国
大黄4.0  甘草2.0
効用:
体力のいかんを問わず習慣性便秘に。
大黄12g  甘草3g
功用:通便止嘔。
主治:胃腸積熱,濁腐之気上逆,食已即吐,
   吐勢急迫,或大便秘結不通,黄,滑実。
  
              大黄牡丹皮湯 대황목단피탕
日 本中 国
冬瓜子6.0g  桃仁,牡丹皮4.0g  大黄2.0g
芒硝0.8-4.0g
効用:比較的体力があり
下腹部痛があって,便秘がちな人に。
月経不順、月経困難、痔疾。
大黄12g  牡丹皮9g  桃仁12g  冬瓜子30g
芒硝9g
用法:水煎,芒硝溶服。
功用:瀉熱破於,散結消腫。
主治:腸癰初期,舌苔薄膩而黄,脈滑数。
✤大黄苦寒攻下,瀉熱逐於,蕩滌腸中湿熱於滞; 
  桃仁苦平,性善破血,且有潤腸通便之功,与大黄配伍,破於瀉熱,共為君薬;
✤芒硝鹹寒,瀉熱導滞,軟堅散結,助大黄蕩滌腸中実熱;
  牡丹皮辛苦微寒,凉血化於消腫,倶為臣薬;
✤冬瓜子甘寒,清腸利湿,排膿散結,為佐使薬

 
                 大建中湯 대건중탕
日 本中 国
干姜5.0  人参3.0  山椒2.0  膠飴20.0g
効用:体力が低下した人で四肢や腹部が冷え
腹痛,腹部膨満,鼓腸のある場合に。腹壁が
薄く軟弱無力で腸の蠕動不安がある場合や
開腹手術後の腸管通過障害にも。
蜀椒6g  干姜12g  人参6g  飴糖30g
功用:温中補虚,降逆止痛。
主治:中陽衰弱,陰寒内盛,脘腹劇痛,
    手不可近,腹満嘔吐,不能飲食,
    或腹中漉漉有声。
✤蜀椒:温中下気,降逆止痛; ✤干姜:温中祛寒,和胃止嘔; 
✤人参:補益脾胃,扶持正気; ✤重用飴糖:建中緩急,併能調和椒,姜之燥烈。

 
                 大柴胡湯 대시호탕
日 本中 国
柴胡6.0 半夏4.0 黄芩 芍薬 大棗3.0 枳実2
生姜1.0 大黄0.5-2.0g
比較的体力のある人で便秘がちで,上腹部
が張って苦しく,耳鳴り,肩こりなどを伴う時。
胆石症,胆のう炎,黄疸,肝機能障害,高血
圧症,脳溢血,尋麻疹,胃酸過多症,急性
胃腸カタル,悪心,嘔吐,食欲不振,痔疾,
糖尿病,ノイローゼ,不眠症。
柴胡12g 黄芩 芍薬 半夏 枳実9g 生姜15g
大棗4枚 大黄6g
功用:和解少陽,内瀉熱結。
主治:少陽陽明合病。往来寒熱,胸脇苦満,
   嘔不止,郁郁微煩,心下痞硬,或心下
  満痛,大便不解或下利,苔黄,弦数有力。

✤重用柴胡為君薬,陪臣薬黄芩和解清熱,以除少陽之邪;
✤軽用大黄,併配枳実内瀉陽明熱結,又善行気消痞,也為臣薬;
✤芍薬:和里緩急止痛,与大黄配伍治腹中実痛,与枳実配伍理気和血以除心下満痛;
✤半夏:和胃降逆,配大量生姜,治嘔逆不止,共為佐薬;
✤大棗与生姜:和榮衛而行津液,併調和諸薬,為使薬。

 
                 大承気湯 대승기탕
日 本中 国
厚朴5.0 枳実3.0 大黄2.0 芒硝1.3-3.0g
効用:
腹部が硬くつかえて,便秘するもの,或は
肥満体質で便秘する人に。習慣性便秘,
急性便秘,高血圧,神経症,食あたり。
厚朴24g  枳実9g  大黄12g  芒硝6g
用法:大黄後下,芒硝溶服。
功用:峻下熱結。
主治:①陽明腑実証。
 ②熱結傍流。③里熱結実証之熱厥,等
✤大黄為君:苦寒瀉熱通便,蕩滌腸肠邪熱積滞;
✤芒硝為臣:鹹寒瀉熱,軟堅潤燥通便;両薬相須為用,峻下熱結之力増強。
✤積滞内阻,毎致気機不行,故用厚朴下気除満,枳実破結消痞,両薬相配,行気導滞,
  併助大黄,芒硝攻下熱結。
❀瀉下与行気併重,行気以助攻下,瀉下以助行気,故本方為峻下熱結,承順胃気下行,
  故方名【大承気】。

 
                 大防風湯 대방풍탕
日 本中 国
黄耆 地黄 芍薬 白术 当帰 防風 杜仲
各3.0 川芎2.0 甘草,牛膝,大棗 人参
羌活 各1.5 干姜,附子1.0g
関節が腫れて痛み 麻痺 硬直するような時
下肢の慢性関節リウマチ,関節炎,痛風。
鹤膝風,大防風湯宜先服,地黄継進莫従容。

  大防風湯八珍耆,羌防附子杜仲移,
  栄筋更有川牛膝,虚風鹤膝最相宜。
補腎地黄丸:6味地黄丸+牛膝,鹿茸
  
                竹茹温胆湯 죽여온담탕
日 本中 国
半夏5.0 柴胡 竹茹 茯苓 麦冬3.0 香附子
桔梗 陳皮 枳実2.0 黄連 甘草 人参,
生姜各1.0g
インフルエンザ,風邪,肺炎等の回復期に熱が
長引いたり,平熱になっても気分がさっぱり
せず,咳や痰が多くて安眠出来ない時に。
柴胡10g枳実 半夏 竹茹 陳皮 茯苓 桔梗
各5g 香附4g 甘草1.5g 人参2.5g 麦冬1.5
黄連7.5  生姜3片  大棗1枚。
主治:傷寒日数過多,其熱不退,夢寐不寧,
    心驚恍惚,煩躁多痰。
     《扶寿精方》
✤去黄連名“加味温胆湯”治心胆虚却,触事易驚。気郁加蘇葉,不眠加当帰,酸棗仁。

                 治頭瘡一方 치두창일방
組成:川芎,蒼术,連翅3.0  防風,忍冬藤2.0 甘草 荊芥,紅花1.0  大黄0.5g
効用:比較的体力のある人の顔面,頭部などの湿疹に。分泌物,びらん,かさぶた等の
    ある場合によい。小児によく用いる
功用:清熱解毒,活血化湿。
✤荊芥,川芎:祛風; ✤蒼术:燥湿; ✤連翅,忍冬藤生甘草,大黄:清熱解毒;
✤川芎,紅花,大黄:活血化於。

                治打撲一方   치다복일방
組成川骨,樸樕,川芎,桂枝3.0  甘草1.5  大黄,丁香1.0g
効用:效用:打撲、捻挫などで患部が腫脹、疼痛のある場合に。

 
                調胃承気湯 조이승기탕
日 本中 国
大黄2.0  甘草1.0  芒硝0.5g
効用:体力中等度の人の便秘に。
腹部膨満感が強く腹痛を伴う場合に良い。
大黄12g  芒硝12g  灸甘草6g
功用:緩下熱結。
主治:陽明腑実証。
✤調胃承気湯:大承気湯厚朴, 枳実,加甘草。✤小承気湯:大承気湯減芒硝
増液承気湯:玄参30g  麦冬,生地25g  大黄9g  芒硝5g 功用:滋陰増液,泄熱通便。
  主治:陽明温病,熱結陰虧,大便秘結,口干唇燥,舌苔薄黄而干,脈細数。

 
                  釣藤散 구등산
組成:石膏5.0 釣藤 陳皮 半夏 麦冬 茯苓 各3.0 人参 菊花 防風2.0  甘草,生姜1.0g
効用:体力中等度,或はやや低下した中年以降の人で,慢性の頭痛,肩こり,
    めまい等を訴える場合に。目球結膜の充血などの神経症、高血圧症。
✤処方来源:《普済本事方》
✤功用:平肝熄風,益気養陰,降逆止嘔。
✤主治:由痰熱内撓,肝風内動而致頭暈,中風癲癇,麻木,驚風 等。
✤釣藤,菊花,防風:清熱平肝,熄風止痙;
✤半夏,茯苓,陳皮,甘草,生姜:化痰安神,降逆止嘔;
✤生石膏,人参,麦冬:清熱養陰,益気生津。

 
                  腸癰湯 창옹탕
日 本中 国
薏苡仁9.0  冬瓜子6.0  桃仁5.0  牡丹皮4.0
効用:
軽い虫垂炎で盲腸が痛む時。月経痛にも。
薏苡仁1升,牡丹皮,桃仁3両  冬瓜仁1升。
功用:排膿解毒。 主治:腸癰,胃癰。
✤来源:《医心方》卷十五引《集験方》
✤別名:薏苡仁湯,瓜子湯,三仁湯,等。
  
                            猪苓湯 주령탕
日 本中 国
猪苓,茯苓,滑石,沢瀉,阿膠3.0g
効用:
尿量減少,小便難,口渇を訴える時。
尿道炎,腎臓炎,腎石症,淋炎,排尿痛,
血尿,腰から下の浮腫,残尿感,下痢。
猪苓,茯苓,沢瀉,滑石,阿膠 各9g
功用:利水清熱養陰。
主治:水熱互結之証。
✤小便不利,口渇,身熱,舌紅,脈細数。
✤内熱盛者忌用,陰虚津液大虧者禁用。
猪苓:利水滲湿,為君薬; ✤臣以沢瀉,茯苓之甘淡,以助猪苓利水之功;
✤水与熱結,故佐以滑石之甘寒,利水而清熱;
✤熱邪傷陰,故佐以阿膠之甘鹹,潤燥而滋陰。

                              猪苓湯合四物湯 
주령탕합사물탕
組成
猪苓湯四物湯3g
効用:皮膚が枯燥し,色つやの悪い体質で胃腸障害のない人に。排尿困難,排尿痛,
    残尿感,頻尿。
                   女神散  여신산
組成:香附子 川芎 白术 当帰3g 黄芩 桂枝 人参 檳榔2g 黄連 甘草 丁香 木香1g
効用:体力中等度かそれ以上の人で,のぼせ,めまいがある時。
    産前後の神経症,月経不順,血の道症。
✤一名:安栄湯,漢方の最後の名医浅田宗伯。

 
                    通導散 통도산
日 本中 国
大黄,枳実,当帰3.0 厚朴,陳皮,木通 紅花
蘇木,甘草2.0  芒硝1.8g
比較的体力があり,下腹部に圧痛があって
便秘がちな人に。月経不順,月経痛,更年期
障害,腰痛,打ち身(打撲),高血圧の随伴
症状(頭痛,めまい,肩こり)。
大黄 ,芒硝,枳殻10g  厚朴,当帰,陳皮,
木通,紅花,蘇木5g  甘草
主治:
跌撲損傷極重,大小便不通,於血不散,
上攻心腹,肚腹膨脹,悶乱至死者。
   处方来源:【回春】卷八
 
                桃核承気湯 도핵승기탕
日 本中 国
桃仁5.0 桂枝4.0 大黄3.0 甘草1.5 芒硝0.9
効用:
比較的体力がありのぼせて便秘がちな人に。
月経不順,月経困難症,月経時や産後の
精神不安,腰痛,便秘,高血圧の随伴症状
(頭痛,めまい,肩こり)。
桃仁,大黄12g  桂枝,甘草,芒硝6g
用法:
先煎四味,去渣入芒硝,加熱微沸,温服。
功用:破血下於。
主治:於熱互結於下焦而致的下焦蓄血証。
調胃承気湯減芒硝之量,加桂枝,桃仁。
✤桃仁,大黄併用為君:桃仁活血破於,大黄破於瀉熱,両者相配,於熱併治;
✤桂枝:通経活血,既助桃仁活血行於之力,又制寒凉凝血之弊;
  芒硝:瀉熱軟堅,助大黄瀉熱逐於,共為臣薬;
✤灸甘草:護胃安中,緩諸薬峻烈之性,以為佐使。

 
                 当帰飲子 당귀음자
日 本中 国
当帰5.0 地黄4.0 芍薬,川芎,蒺藜子,防風
各3.0 何首烏2.0 荊芥,黄耆1.5 甘草1.0g
効用:比較的体力の低下した人の皮膚疾患
で,瘙痒を訴え,分泌の少ない場合に。
皮膚が乾燥している老人に適応とされること
が多い。慢性湿疹。
当帰,白芍,川芎30g  生地,白蒺藜,防風,
荊芥30g  何首烏,黄耆,灸甘草15g生姜5片
主治:
心血凝滞,内蘊風熱,皮膚瘡疥,或腫或痒,
或発赤疹瘩瘤。
  【重訂厳氏済生方】

                 当帰建中湯 당귀건중탕
組成:芍薬5.0当帰,桂枝,大棗4.0甘草2.0 生姜1.0 (小建中湯+当帰)
効用:比較的体力の低下した人で,疲労し易く,顔色不良,手足の冷えがあり,
    下腹部や腰の痛みを訴える場合に。月経痛,下腹部痛,痔,脱肛の痛み。

 
               当帰四逆加呉茱萸生姜湯 
日 本中 国
大棗5.0 桂枝,芍薬,当帰,木通3.0 呉茱萸
甘草,細辛2.0 生姜1.0g
効用:
手足が冷え 下肢や下腹部が痛み易い人に。
しもやけ,頭痛,腰痛。

当帰四逆湯
当帰 芍薬9g 灸甘草6g 通草3g 桂枝9g
細辛1.5g 生姜15g  呉茱萸5g 大棗5枚。
功用:養血通絡,散寒降逆。
主治:素体血虚,内有久寒,又復外受寒邪,
   手足厥逆,舌淡苔白,脈細欲絶,或兼
   頭項痛,干嘔,吐涎者。
用法:以水400毫升,清酒400毫升,
    煮取300毫升,分両次温服。
  
                 当帰芍薬散 당귀작약산
組成:芍薬,茯苓,白术,沢瀉4.0 当帰,川芎3.0g
効用:筋肉が全体に軟弱で疲労し易く,足腰の冷え易い人に。
    貧血,倦怠感,更年期障害(頭重,頭痛,めまい,肩こりなど),月経不順,
    月経困難,不妊症,動悸,慢性腎炎,妊娠中の諸病(浮腫,習慣性流産,痔,
    腹痛),脚気,半身不随,心臓弁膜症。    ❀当帰芍薬加附子湯
組成:当帰9g 芍薬18g  茯苓12g  白术12g 川芎9g
用法:上為末,毎服6g,温酒送下,日三次。
功用:疎肝健脾。(肝脾両調,補虚滲湿) 主治:婦人肝虚気郁,脾虚血少,肝脾不和。
✤重用芍薬:斂肝止痛,為君薬;
✤白术,茯苓:健脾益气,合沢瀉淡渗利湿,共為臣薬;
✤当帰,川芎:調肝養血,為佐薬。     “金匱要略”卷下
 
                    当帰湯 당귀탕
組成
:当帰,半夏5.0  芍薬,厚朴,桂枝,人参 3.0g 干姜,黄耆,山椒1.5  甘草1.0g
効用:冷え性で血色の悪い,比較的体力の低下した人で,胸腹部から背部にかけて
    疼痛を訴える場合に。狭心症様,或は肋間神経痛様の痛みがある場合に良い。
組成:当帰,芍薬,厚朴,半夏6g  桂心,甘草,黄耆,人参9g  干姜12g  蜀椒3g
主治:脾胃虚寒,湿阻気滞,心腹絞痛。  
✤方剤出自“備急千金要方”卷十三
 
 

日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR