健康保険適応の医療用漢方薬/あ行

安中散  胃苓湯  茵蔯蒿湯  茵蔯五苓散  温経湯  温清飲

越婢加朮湯  黄耆建中湯  黄芩湯  黄連解毒湯  黄連湯  乙字湯    

 
                       安中散 안중산
日 本中 国
桂皮4g 延胡索3g 牡蠣3g 茴香1.5g 縮砂1g
甘草1g 良姜0.5g
効能・適応症:
元々体力のない人,或は比較的体力が低下
している,冷え性で痩せ型の,腹部の筋肉が
弛緩する傾向にある人に用る。
元胡  炒良姜  炮干姜  炒茴香 肉桂 各5両
煅牡蠣4両  炒甘草10両。
功用:温中散寒    実熱者忌服。
用法:上为細末,每服2銭,熱酒調下,
婦人淡酢湯調服,如不飲酒,用塩湯点下。

                        胃苓湯 이령탕
日 本中 国
蒼术2.5 陳皮2.5 厚朴2.5  甘草1.0 白术2.5
茯苓2.5  猪苓2.5g  沢瀉2.5 桂皮2.0
白芍2.5 大棗1.5  生姜1.5
体力が中等度の人で,水様性の下痢,嘔吐,
口の渇き,尿量の減少などがある急性胃腸炎
などに用る。
蒼术  陳皮  厚朴  猪苓  沢瀉  白术 赤茯苓
白芍 各5g  官桂 甘草 各2.5g 姜3片棗2枚
治脾胃湿盛,泄瀉腹痛。
加:川黄連2.5g  大黄1.5g    1付
加:干姜  白芍  肉豆蔲  蓮子肉 等。 1付
方解平胃散五苓散
  
                     茵蔯蒿湯 인진호탕
日 本中 国
茵蔯蒿4.0  山梔子3.0  大黄1.0
尿量減少,やや便秘がちで比較的
体力のある人の黄疸,肝硬変症など。
組成:茵蔯蒿18g  山梔子9g  大黄6g    
功用:清熱,利湿,退黄。            
                            
蔯蒿為君:清熱利湿,以退黄疸; 山梔子為臣:清泄三焦湿熱,自小便而出;
大黄為佐:瀉熱逐於,通腹退黄。
  
                    茵蔯五苓湯 인진오령탕
日 本中 国
沢瀉6.0  猪苓4.5  茯苓4.5  白术4.5 
茵蔯4.0 桂枝2.5
咽が渇いて、尿が少ない場合に。
嘔吐,尋麻疹,二日酔いのむかつき,むくみ。
組成:五苓散  倍入茵蔯蒿。
功用:治湿熱黄疸。
加人参; 加姜,附; 郁熱加山梔子。
     

                        温経湯 온경탕
日 本中 国
半夏4.0 麦門冬4.0 当帰3.0 川芎2.0
白芍2.0人参2.0 桂枝2.0 阿膠2.0
牡丹皮2.0 甘草2.0生姜1.0 呉茱萸1.0
体力がなく,冷え性で手がほてり,唇が
乾燥しやすい人に用る。
呉茱萸9g 桂枝6g 当帰 川芎 芍薬 丹皮 各6
阿膠 麦門冬 人参  半夏 生姜 各6g 甘草3g
功用:温経散寒,駆於養血。
1:温清補消併用,但以温経化於为主。
2:小腹冷痛甚者:去丹麦,加艾茴,肉桂易桂枝
当帰,芍薬,川芎:活血駆於,養血調経,共為君薬;
呉茱萸,桂枝:温経散寒,助君薬活血行於;牡丹皮駆於通絡,併退於郁之熱,合為臣;
麦冬清潤益陰;阿膠養血止血;人参,甘草,生姜,半夏益気和胃,以資生化之源,
  倶為佐薬。
生姜能散,助養血益陰之品上行濡潤;
衝任隷属於陽明,半夏能以其苦泄之性通降胃気而散結,以利駆於調経;
甘草:調和諸薬兼有使薬之用。
  
                    温清飲 온청음  
組成:当帰,地黄,芍薬,川芎  各3.0 山梔子,黄芩,黄連,黄柏  各1.5g
皮膚の色つやが悪く,のぼせるものに用いる。
月経不順,月経困難,血の道症,更年期障害,神経症。
方解四物湯黄連解毒湯
 
                 越婢加朮湯 월비가출탕
日 本中 国
石膏 8.0麻黄6.0 白术4.0 大棗3.0 甘草2.0
生姜1.0
むくみがあり,汗が出て小便が出にくい人の
腎炎,ネフローゼ,脚気,関節リウマチ,湿疹
夜尿症。
麻黄12g 石膏25g 生姜9g 甘草6g 白术12g
大棗12枚。
功用:疎風清熱,発汗利水。治皮水。

麻黄:宣散肺気,発汗解表,以去其在表之水; 石膏:解肌清熱。
术,大棗,甘草,生姜:健脾化湿,有補土制水之意。
  
                   黄耆建中湯 황기건중탕
日 本中 国
芍薬6.0桂枝,大棗,黄耆4.0 甘草2.0
生姜1.0
身体虚弱で疲労しやすい人に。
病後の衰弱,寝汗。
黄耆4.5g  桂枝9g(去皮)  灸甘草6g 大棗12枚
芍薬18g  生姜9g  膠飴30g
功用:温中補気,和里緩急。
主治:虚労腹痛証。
小建中湯:桂枝湯倍芍薬加膠飴而成,温中補虚,緩急止痛。
膠飴:温中補虚,和里緩急,重用為君;
桂枝温陽散寒,芍薬益陰和営,二者合用以調陰陽,共為臣薬;
灸甘草為佐,甘温益気;
生姜辛温暖胃,大棗甘温補中,二者協桂枝,芍薬調営衛,倶為使薬。
  
                      黄芩湯 황금탕
日 本中 国
黄芩,大棗4.0  甘草,芍薬3.0
体が熱っぽいタイプで,下痢,腹痛,しぶり
腹の症状がある時。急性の胃腸炎など。
黄芩6g  芍薬6g  甘草6g  大棗12枚
功用:清熱止利,和中止痛。
治傷寒,太陽与少陽合病,身熱口苦,痛利。
別名:黄芩芍薬湯。
黄芩:苦寒,清熱止利; 芍薬:味酸,斂陰和榮止痛; 甘草,大棗:和中緩急。 
腹痛甚:加桂心;:加香薷,白扁豆,黄連;尿澀:加猪苓,澤瀉,灯心之類。
  
                    黄蓮解毒湯 황련해독탕
日 本中 国
黄芩3.0  黄連,山梔子2.0  黄柏1.5
比較的体力があり,のぼせ気味で,イライラする
傾向のある人に。喀血,吐血,下血,脳溢血,
高血圧,心悸亢進,ノイローゼ,胃炎,皮膚瘙痒症。
黄連9g  黄芩,黄柏6g  山梔子9g
功用:瀉火解毒。
為苦寒直折的代表方。
黄連:清瀉心火為君,心主火,瀉火必先瀉心; 黄芩:臣以清上焦之火;
黄柏:佐以瀉下焦之火; 山梔子:使以清瀉三焦之火,従小便而出。 
隠疹,丹毒,内外実熱合【升麻葛根湯】加玄参,荊芥,防風,蝉退之類。
  
                      黄連湯 황련탕
日 本中 国
半夏6.0  黄連, 甘草, 干姜, 人参, 桂枝,
大棗3.0
胃部の停滞感や重圧感,食欲不振のある
人に。急性胃炎,二日酔い,口内炎。
黄連,灸甘草,干姜,桂枝9g(去皮)  人参6g
半夏6g  大棗12枚。
功用:平調寒熱,和胃降逆。
治傷寒,胸中有熱,胃中有邪気,腹痛欲嘔。
黄連:苦寒,上清胸中之熱; 干姜,桂枝:辛温,下散胃中之寒;
  二者合用,辛開苦降,寒熱并投,上下并治,以復中焦升降之職。
更以半夏和胃降逆,人参,甘草,大棗益胃和中。
合而用之,能使寒散熱消,中焦得和,陰陽升降復常,痛嘔自愈。 
気虚:倍人参。

                                                           乙字湯 을자탕  
日 本中 国
 当帰6.0  柴胡5.0  黄芩3.0  甘草2.0
 升痲1.0  大黄0.5
 病状がそれ程激しくなく,体力が中等度で
 衰弱してない人のキレ痔,イボ痔。
 柴胡10g  黄芩10g  当帰12g  升痲6g
 大黄6g   生甘草10g
 功用:
 治療肛腸疾病の著名方剤。                          


日立市十王町漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR