薬局相談で購入できる漢方薬/あ行

安中散加茯苓  胃風湯  烏薬順気散  烏苓通気散  温胆湯  温脾湯

越婢加朮附湯  延年半夏湯  黄耆桂枝五物湯  応鐘散  黄連阿膠湯

乙字湯去大黄



 
              安中散加茯苓 안중산가복령
組成安中散加:茯苓5g  これまで安中散として使用された。
効用:安中散証加:動悸。

                   胃風湯 이풍탕
日 本中 国
当帰,芍薬,川芎,人参,白术3.0g 茯苓4g
桂皮,粟米3.0g
効用:
顔色が悪くて食欲もなく,疲れやすい場合に。
急性,慢性胃腸炎,冷えによる下痢。

白芍,白术,肉桂,人参,当帰,川芎,茯苓
各等分  《太平惠民和剤局方》卷六
用法:上为粗末。每服6g,水250ml,加粟米
100余粒,同煎至180ml,空腹稍熱服。
主治:風冷乘虚入客腸胃,水谷不化,泄瀉
注下,腹脇虚満,腸鳴癘痛,及腸胃湿毒,
下如豆汁,或下於血,日夜無度。
 陰毒下血:加地楡,烏梅,荊芥。
                 烏薬順気散 오약순기산
日 本中 国
烏薬,陳皮,白僵蚕,麻黄,川芎,桔梗2.5g
枳殻2.0g  甘草1.5g  生姜1.0g
効用:体力があまり虚弱ではない人の脳卒中
(脳出血,脳梗塞)の予防及び脳卒中の
後遺症(手足のしびれや麻痺,曲げ伸ばしの
不自由,感覚障害など)の改善,肩から首に
かけての凝り,冷えによる痺れに。
烏薬,陳皮10g  麻黄,白僵蚕,川芎,枳殻,
灸甘草,桔梗,白芷5g  炮干姜2.5g
加 生姜3片,大棗1枚,水煎服。
男子婦人一切風気攻注,四肢骨節疼痛,遍
身頑麻。凡卒手足癱痪,言語塞澀,先宜多
服此薬,以疎通気道,然後随証投以風薬。
     明・方賢著《奇効良方》
気虚痰盛:去麻黄,合【六君子湯】或合【導痰湯:二陳湯+南星,枳殻】。

                 烏苓通気散 오령통기산
日 本中 国
当帰,茯苓,白术3.0g  烏薬,山査子,香附子
延胡索2.5g  芍薬,陳皮,檳榔2.0g 沢瀉1.5g
生姜,木香,甘草1.0g
効用:
下腹部の痛み、乳腺の痛みに。
烏薬,当帰,芍薬,香附子,糖球,陳皮3.0g
茯苓,白术,檳榔,延胡索,沢瀉15.0g木香
甘草0.9g  生姜3片
主治:一切疝気。 《万病回春》卷五
加減:悪寒,脈沈細,加呉茱萸。
 
                    温胆湯 온담탕
組成:半夏,竹茹,枳実6g 陳皮9g 茯苓5g  甘草3g 生姜5片  大棗1枚。
    (黄連1 酸棗仁3 大棗2)
功用:理気化痰,清胆和胃。
主治:胆胃不和,痰熱内撓証。胆却易驚,虚煩不寧,失眠多夢,嘔吐呃逆,癲癇等。
✤半夏為君:燥湿化痰,降逆和胃,竹茹為臣:清胆和胃,止嘔除煩;両者和用清胆和胃。
✤胃气以降為順,痰随気而升降,故佐枳実理気和胃;陳皮理気化痰;
✤痰由湿生,故用茯苓健脾利湿以化痰;
✤使以甘草,調薬和中; ✤姜,棗:和脾胃而兼制半夏之毒。
本方由《備急千金要方》温胆湯衍化而成,較本方少茯苓,大棗,而生姜用量独重,主治
“大病後虚煩不得眠,此胆寒也”。后世医家,減生姜用量而治痰熱,故方名仍称温胆,
而功用則為清胆。
✤心内煩熱較重加:黄連,麦冬以清熱除煩。
✤口干舌燥:去半夏加麦冬,花粉以潤燥化痰。
✤癲狂抽搐加:胆南星,鈎藤,全蝎以熄風止痙。
血虚合【帰脾湯】酌加黄芩,柴胡,山梔子。

                    温脾湯 온비탕
日 本中 国
熟附子6g 干姜6g 党参9g 灸甘草3g 大黄9g
効用:
冷えによる腹痛、下痢。
瀉下剤-温下
大黄15g  当帰,干姜9g  附子,人参,芒硝,
甘草6g
用法:水煎,大黄後下,芒硝溶服。
功用:攻下寒積,温補脾陽。
主治:脾陽不足,寒積中阻所致的寒積腹痛。便秘腹痛,繞臍不止,手足欠温,苔白不渴
    脈沈弦而遅。
✤附子温补脾陽,祛除寒邪;大黄瀉下,攻逐積滞;大黄性虽苦寒,但与辛熱之附子
  相配,具有温下之功,以攻逐寒積,共為君薬。
✤芒硝,当帰:軟堅潤腸,助大黄瀉下攻積;干姜温中助陽,助附子温陽散寒共為臣薬。
✤人参,甘草益気健脾,是其助陽先益気之意為佐薬;甘草又能調和諸薬,兼使薬之用。
❀腹中脹痛加厚朴,木香以行気止痛;腹中冷痛加肉桂,呉茱萸以増温中散寒之力。

              
                 越婢加朮附湯 월비가출부탕
日 本中 国
石膏8 麻黄6 白术4 大棗3 g甘草2 g生姜1g
附子1g
比較的体力のある人でむくみを伴う場合に。
関節や筋肉の痛み,目の痛みのほか,むくみ
関節リウマチ,関節炎,湿疹にも。
組成:越婢湯加: 白术4銭,附子1銭。
主治:脚痺,悪風。

《金匱要略》

                  延年半夏湯 연년반하탕
日 本中 国
半夏5g  柴胡3g  土鼈甲4g  桔梗, 檳榔3g
人参,生姜,枳実2g  呉茱萸1.0g
効用:
みぞおちに抵抗感があって肩こり,足の冷え
のある場合に。慢性胃炎、胃痛、食欲不振。
半夏12g  檳榔6g  桔梗,枳実3g 前胡6g
鼈甲9g  人参,呉茱萸,生姜3g
主治:胃痛劇烈,波及左胸,肩胛者。

       《外台秘要》
 
                    黄耆桂枝五物湯 황기계지오물탕
日 本中 国
桂枝加黄耆湯減: 甘草
効用:
比較的体力の低下した人の体や手足,口腔
内の痺れに。
黄耆,芍薬,桂枝9g  生姜18g  大棗4枚
功用:益気温経,和血通痺。
主治:血痺。肌膚麻木不仁,脈微澀而緊。
    《金匱要略》
✤黄耆:甘温益気,固表以実衛,補在表之衛気,為君薬;
✤桂枝:散風寒而温経通痺,与黄耆配伍,益気温陽以固表,和血通経以除痺;
✤芍薬:養血和営而通血痺,与桂枝同用,調営衛而和表里,両薬共為臣薬;
✤生姜:辛温,疎散風邪,以助桂枝之力; ✤大棗:甘温,養血益気,以資黄耆,
  芍薬之功,与生姜為伍,又能和榮衛,調諸薬,以為佐使。
❀亦可用于中風之後,半身不随,或肢体不用,或半身汗出,肌肉消痩及産,経後身痛。

 
                    応鐘散 응종산
日 本中 国
大黄1g  川芎2g
効用:
芎黄散とも呼ばれ,便秘、便秘に伴うのぼせ
肩コリに。
大黄2両  川芎6両
主治:諸上衝転変不治。結毒痼疾。
用法:每服6分,酒或湯送下。不治稍加1銭,
以至下為度。  《家塾方》

                    黄連阿膠湯 황련아교탕
日 本中 国
黄連4g  芍薬2.5g  黄芩2g  阿膠3g
卵黄1個
効用:
冷え性でのぼせぎみ,不眠傾向のある人に。
鼻血,不眠症,乾燥した皮膚の痒みに。

黄連3g  阿膠,黄芩,白芍9g  鶏子黄2枚
用法:水煎2次,阿膠烊入,用生鶏子黄調
    入薬汁,分2次温服。
功用:滋陰降火安神。
主治:心腎不足,陰虚火旺較重的心煩失眠,
    舌紅苔燥,脈細数。

                                           乙字湯去大黄 을자탕거대황
組成:当帰6g  柴胡5g  黄芩,甘草3g  升麻2g
効用乙字湯と効能がほぼ同じため,これまで区別されずに使用されて来た。
 
 


日立市十王町漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR