辛温解表薬

                    麻黄 마황 
麻黄
材:マオウ科マオウの仲間の地上茎。
性味帰経:辛,微苦,温。 帰肺,膀胱経。
1:発汗解表,益肺平喘,利水,乃肺家之専薬也,肺病多用之。
2:発汗用麻黄,無葱白不発也。
3:麻黄中空外直,宛如毛竅骨節,能駆骨節之風寒悉従毛竅
  而出,為衛分発散風寒之第一品。
4:1.5-10g,宜先煎,解表生用,平喘灸用或生用。
5:その他:鎮痛,利胆,血圧降下,血糖降下作用など。

                    桂枝 계지  
桂枝
薬材:樟(クスノキ)科肉桂(ニッケイ)の嫩枝(若枝)。
性味帰経:辛,甘,温。 帰心,肺,膀胱経。
1:発汗解筋肌,温経通陽。
2:和榮,通陽,利水,下気,行瘀,補中,為桂枝六大功效。
3:能引榮分之邪,達之筋表,散太陽血中之風。
4:桂枝支条縦横,宛如経別孫絡,赤色通心,能入心化液,
  通経絡而出汗,為榮分解散風寒之第一品。
5:日本では桂枝と桂皮(シナモン)を一般に区別しない。

                    荊芥 형개 
荊芥
性味帰経:辛,微温。 帰肺,肝経。
1:祛風解表;炒为碳,能入血分而止血;祛風止痒,宣散透疹
2:散风熱,清头目,利咽喉,消瘡腫,治頭項强 等。
3:辛苦而温,芳香而散,気味軽揚,能入肝経血分
而駆散風邪。
4:散瘀搜風,乃風病而血病之要薬,最散血中之風。
5:荆芥,防風善治太陽之風湿。
6:治目中生瘡。  7:咽痛必用荆芥。
   
                    紫蘇 자소 
紫蘇
薬材:シソ科シソの葉
性味帰経:辛,温。 帰肺,脾経。
1:発散表寒,開宣肺気;行気寛中,和胃止嘔;解鱼蟹毒。
2:解鱼蟹毒引起的腹痛,吐瀉,单用或配生姜,白芷煎服。
3:本草綱目:解肌発表,散風寒;行気寛中,消痰利肺;
        和血温中,止痛,定喘,安胎。
✤蘇梗:シソの茎;辛,甘,微温。帰肺,脾,胃経。
 功効:寛胸利膈,顺気安胎。
  
 
                    生姜 생강  
生姜
薬材:ショウガ科ショウガの根茎。
性味帰経:辛,微温。  帰肺,脾経。
1:発汗解表;温胃和中,降逆止嘔;温肺除痰止咳。
2:止嘔之聖薬。
3:解半夏,天南星,鱼蟹之毒。
4:生用発散,熟用和中。
5:市販されている生姜は皮をはいで乾燥させたもの。
✤生姜皮:辛,凉。和脾行水,多用於水腫。
 
                    葱白 총백 
葱白
薬材:長ネギの根部に近い白い茎。
性味帰経:辛,温。  帰肺,胃経。
1:発汗解表;散寒通陽;外用,解毒散結。
2:外感風寒軽証;配生姜=连须葱白湯/配豆鼓=葱鼓湯。
3:千金食治;吃生葱,即啖密,变作下利。
4:用量;1~10g
  
                    羌活 강활 
羌活-1
中国:傘形科多年生草本植物羌活の根茎と根;
日本:セリ科シシウドの根。
性味帰経:辛,苦,温。帰膀胱,腎経。
1:解表散寒;祛風勝湿,散寒止痛;猶以上半身疼痛更為使用。
2:散太陽之邪,理游風。
3:治脑熱頭痛。
4:解太陽不尽之邪。
5:治太陽経頭痛,去皆骨節疼痛。
  
                    防風 방풍 
防風
性味帰経:辛,甘,微温。 帰膀胱,肝,脾経。
1:発散表邪,祛風止痛;祛風散寒,勝湿止痛;祛風,解痙。
2:祛風勝湿,乃風薬之卒徒。
3:治上焦風邪,瀉肺実,散頭目中滞気,経絡中留湿。
4:瀉肺火,散肝火,上部血薬之使,太陽之主薬。
5:遍行周身,善治風之聖薬,上清頭面七竅,内除骨節疼痹,
外解四肢挛急,為風薬之潤剤,治風独取此味,任重功専矣。
6:防風得黄耆其功愈大耳。    7:解烏頭,莞花,野菊花毒。
  
                    白芷 백지 
白芷1 薬材:セリ科ヨロイグサなどの根。
性味帰経:辛,温。 帰肺,胃経。
1:散風寒;祛風;消腫排膿;止痛;燥湿止带;止痒。
2:専治陽明頭痛;又為治鼻淵頭痛的要薬。
3:白芷,葛根散陽明之邪。
4:主手足陽明,上行頭面,通竅発汗,除湿散風。 
5:日本:鎮静,鎮痛薬として利用。

                    藁本 고본 
藁本1 薬材:セリ科コウホンの根茎。
性味帰経:辛,温。帰膀胱経。
1:発表散寒;祛風勝湿;止痛。
2:善治太陽之寒湿。
3:治正偏頭痛。
4:辛温升散,善達頭頂,勝湿,祛風,止痛。
  
                    細辛 세싱  
細辛 薬材:ウマノスズクサ科ウスバサイシンなどの根と根茎;
中国:馬兜鈴科多年生草本植物細辛の全草。
性味帰経:辛,温。 帰心,肺,腎経。
1:祛風,散寒,止痛;
2:温肺化飲而止咳喘;宣通鼻竅。
3:腎経表薬,治本経頭痛,散少陰血中之寒。
4:その他:抗アレルギー,新陳代謝促進作用など。

                    香薷 향유 
香薷
薬材:シソ科ナギナタコウジュの全草(地上部)
11月の花が盛りの時期に地上部を刈り取り陰干しにする。
性味帰経:辛,微温。帰肺,胃経。
1:発汗解暑,化湿和中(温胃調中);発越陽気,行水散湿。
2:对脾虚水腫患者猶能散水和脾。
3:香薷乃夏月解表之薬,如冬月之用麻黄。
4:本品発汗力較强,気虚者猶不可多服,表虚有汗者忌用。
5:神経痛やリウマチ:乾燥した茎や葉を入浴剤として使用。

  

日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR