河図・洛書

河図:伏羲氏の時,黄河に現れた龍馬の背に書いてあったという文様。
天一生壬水,地六癸成之;地二生丁火,天丙成之; 天三生甲木,地乙成之;
  地四生辛金,天九庚成之; 天五生戊土,地十己成之。
   河図
絡書:夏王朝の禹が洪水を治めた時,洛水から出た神亀の背中にあったという文様。
戴九履一,左三右七,二四為肩,六八為足,五居其腹。
   絡書
八卦の生成:太極生両儀,陰陽化合而生万物。
無極生太極,太極生両儀,両儀生四象,四象生八卦。
   八卦の生成
先天八卦:伏羲氏が天地自然に象って作ったといわれ,伏羲八卦方位図ともいう。
天地定位,山沢通気; 雷風相薄,水火不相射; 八卦相錯。
   先天八卦図
邵子曰:【此伏羲八卦之位。乾南,坤北,離東,坎西,兌居東南,震居東北,巽居西南,
 艮居西北。於是八卦相交而成六十四卦,所謂先天之学也。】
乾,天也,故称乎父。坤,地也,故称乎母。
  震一索而得男,故謂之長男。巽一索而得女,故謂之長女。
  坎再索而得男,故謂之中男。離再索而得女,故謂之中女。
  艮三索而得男,故謂之少男。兌三索而得女,故謂之少女。
索,求也,謂揲蓍以求爻也。
後天八卦:周の文王が配置したといわれ,文王八卦方位図ともいう。
帝出乎震,斉乎巽,相見乎離,致役乎坤,説言乎兌,戦乎乾,労乎坎,誠言乎艮。
   後天八卦図 
萬物出乎震,震,東方也。斉乎巽,巽,東南也。斉也者,言萬物之潔斉也。
離也者,明也,萬物皆相見,南方之卦也。聖人南面而聴天下,嚮明而治,蓋取諸此也。
坤也者,地也,萬物皆致養焉,故曰致役乎坤。
兌,正秋也,萬物之所說也,故曰說言乎兌。
戦乎乾,乾,西北之卦也,言陰陽相薄也。
坎者,水也,正北方之卦也,労卦也,萬物之所帰也,故曰労乎坎。
艮,東北之卦也,萬物之所成終而所成始也,故曰成言乎艮。
六十四卦:八卦を二つ重ねたもで,上経に三十卦,下経に三十四卦ある。
上経  
下経 
空1  乾上坤上澤上山上火上水上雷上風上
乾下 乾卦11 泰卦43 夬26 大畜14 大有05 需卦34 大壮09 小畜
11 43 26 大畜14 大有5 34 大壮9 小畜
坤下 12 否02 坤卦45 萃23 剥35 晋08 比卦16 豫20 観
12 2 45 23 35 8 16 20
澤下 10 履卦19 臨58 dui41 損38 kui60 節54 帰妹61 中孚
10 19 58 41 38 60 54 帰妹61 中孚
山下 33 遁15 謙卦31 咸52 艮56 旅39 蹇62 小過53 漸
33 15 31 52 56 39 62 小過53
火下 13 同人36 明夷49 革22 bi30 離63 既済55 豊37 家人
13 同人36 明夷49 22 30 63 既済55 37 家人
水下 06 訟卦07師卦47 困04 蒙卦未済29 坎40 解59 huan
6 7 47 4 64 未済29 40 59
雷下 25 無妄24 復17 随27 頤21 shihe03 屯卦51 震42 益
25 無妄24 17 27 21 噬嗑3 51 42
風下 44 gou46 升28 大過18 蠱50 鼎48 井32 恒57 巽
44 46 28 大過18 50 48 32 57

         

繋辞上傳   ✤繋辞下傳   ✤説卦傳   ✤序卦傳   ✤雑卦傳   

 
日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR