お尻・大腿後面の筋群

お尻・大腿後面の神経-表層
上殿皮神経,中殿皮神経,下殿皮神経 ─ 仙骨神経叢の分枝
後大腿皮神経,内側腓腹皮神経,外側腓腹皮神経 ─ 坐骨神経
お尻・大腿後面の筋肉-浅層 
大殿筋:殿筋群の中で最も表層にある。
起始:後殿筋線の後方,腰背筋膜,仙骨・尾骨の外側縁,仙結節靱帯。
停止:(浅層)腸脛靭帯と(深層)大腿骨の殿筋粗面。
機能:①股関節の伸展,②股関節の外旋。
神経支配下殿神経(L4~S2)。 
大転子筋膜下滑液包:大殿筋と大腿骨の大転子との間にある。
大殿筋坐骨滑液包:大殿筋と坐骨結節との間にある。
殿筋の滑液包  お尻の筋肉-中層:中殿筋,梨状筋,上双子筋,内閉鎖筋,下双子筋,大腿方形筋。
お尻の筋肉-深層:小殿筋,外閉鎖筋。
中殿筋
起始:前殿筋線及び後殿筋線の間にある殿筋面
停止:大腿骨大転子の後外側面。
浅大転子中殿筋滑液包:中殿筋と大転子(小殿筋)との間にある。
深大転子中殿筋滑液包:中殿筋と梨状筋との間にある。
機能:①股関節の外転,②股関節の外旋(後部の線維)・内旋(前部の線維)。
神経支配上殿神経(L4~S1)。 
小殿筋
起始:前殿筋線と下殿筋線の間の腸骨翼の殿筋面。
停止:大腿骨大転子の前面。
機能:①股関節の外転,②股関節外転に伴う内旋。
神経支配上殿神経(L4~S1)。 
深層外旋六筋:梨状筋,上・下双子筋,外・内閉鎖筋,大腿方形筋が含まれる。
内閉鎖筋:寛骨の内面及び閉鎖膜⇒転子窩(仙骨神経叢の枝 L4~S2)。
上双子筋:坐骨棘⇒(内閉鎖筋の腱と合し)転子窩(仙骨神経叢の枝 L5~S2)。
下双子筋:坐骨結節⇒(内閉鎖筋の腱と合し)転子窩(仙骨神経叢の枝 L4~S2)。
大腿方形筋:坐骨結節⇒大転子の下部と転子間稜(仙骨神経叢の枝 L4~S1)。
外閉鎖筋:閉鎖孔の骨縁及び閉鎖膜⇒転子窩(閉鎖神経L3~L4)。 
梨状筋&坐骨神経-1 
梨状筋
起始:第2~第4前仙骨孔の外側及び仙骨の前面,大坐骨孔の周縁。
停止:(大坐骨孔を通って)大転子の先端。
機能:股関節の外旋。
神経支配:仙骨神経叢から直接に出る枝(S1~S2)。
梨状筋と坐骨神経との位置関係
通常の場合,坐骨神経は梨状筋と上双子筋の間を通る。
梨状筋を貫くように通る場合,坐骨神経が2分して梨状筋の上下を通る場合もある。
梨状筋&坐骨神経-2 
梨状筋症候群:何らかの原因で梨状筋が坐骨神経を圧迫して発症する。
症状:殿部痛と共に坐骨神経痛の症状が現れる。
原因:半数以上が原因不明である。
臀部の打撲,スポーツなどによる梨状筋の損傷(肉離れなど);
使い過ぎによる梨状筋(外旋筋群)の緊張や硬直;
骨盤内炎症性疾患,仙腸関節の炎症などによるが梨状筋の攣縮;
梨状筋と坐骨神経との特殊な位置関係。
お尻・大腿後面の筋肉-深層 
半腱様筋:坐骨結節脛骨粗面内側(鵞足)。
機能:①股関節の伸展,②股関節の内旋,③膝関節の屈曲・内旋。
神経支配脛骨神経(L5~S2) 
半膜様筋:坐骨結節脛骨内側顆の後面,膝窩筋膜,膝関節包の後壁。
半膜様筋の停止腱と腓腹筋の内側頭との間には半膜様筋滑液包がある。
機能:①股関節の伸展,②股関節の内旋,③膝関節の屈曲・内旋。
神経支配脛骨神経(L5~S2)。 
大腿二頭筋:半腱様筋,半膜様筋と合わせてハムストリングと呼ぶ。
起始:①長頭:坐骨結節,②短頭:大腿骨粗線の外側唇の下1/2。
停止:脛骨外側顆と腓骨頭。
大腿二頭筋の停止腱と外側側副靭帯との間には大腿二頭筋腱下滑液包がある。
機能:①股関節の伸展,②股関節の外旋,③膝関節の屈曲・外旋。
神経支配:長頭:脛骨神経(L5~S2)  短頭:総腓骨神経(L4~S2)。 



大腿前・内側面の筋肉   
日立市十王町-漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR