手関節の仕組み

手関節:手根の関節,中手の関節,指の関節が含まれる。
手根の関節:橈骨手根関節,手根間関節,手根中央関節,豆状骨関節。
中手の関節:手根中手関節,母指の手根中手関節,中手間関節。
指の関節:中手指節関節(MP),近位指節間関節(PIP),遠位指節間関節(DIP)。
   右手の関節&骨格-掌側
手根:8個の手根骨によって作られ,背側は凸弯し,手掌側は凹へでいる。
近位列の手根骨:舟状骨,月状骨,三角骨,豆状骨;
遠位列の手根骨:大菱形骨,小菱形骨,有頭骨,有鈎骨。
舟状骨:外側(母指側)部は肥大し,その掌側面には鈍円な舟状骨結節がある。
豆状骨尺側手根屈筋の腱に由来する種子骨で,三角骨の掌側に載っている。
大菱形骨:前面内側に大菱形骨結節が突出している。
有鈎骨
:掌側面の内側端から掌側に有鈎骨鈎が突出している。

   手の骨格-右掌側
手根の掌側:内側縁と外側縁が高く,中央が溝状に窪んでいる。
内側の隆起(尺側手根隆起):豆状骨と有鈎骨鈎によって作られる。
外側の隆起(橈側手根隆起):舟状骨結節と大菱形骨結節によって作られる。
手根骨の掌側面の中央にある溝状の深い窪みを手根溝という。
   手の骨格-右背側
橈骨手根関節橈骨下端の手根関節面と尺骨頭下面の関節円板が作る関節窩と
  舟状骨,月状骨,三角骨の近位面が作る関節頭によって構成され,屈曲,伸展,
  外転(橈屈),内転(尺屈)を行なう。

手根間関節:8個の手根骨の相互間の関節を総称していう。
手根中央関節:豆状骨を除く近位列の手根骨と遠位列の手根骨間の関節。
豆状骨関節:豆状骨と三角骨の手掌面を結ぶ平面関節。
   手の関節-右背側
母指の手根中手関節:第1中手骨底と大菱形骨との間にある典型的な鞍関節である。
屈曲,伸展,内転,外転,対立,描円運動を行う。
手根と中手の靭帯-右手-掌側面-浅層 
掌側手根靭帯:前腕の深筋膜(浅層線維)が手根部の掌側で肥厚して出来ている。
前腕の深筋膜は手根部の掌側で浅層と深層に分かれる。
掌側手根靭帯の両側は伸筋支帯と癒着している。
前腕の深筋膜の深層線維は腕橈骨筋長掌筋尺側手根屈筋を除く前腕の屈筋を
  包んで屈筋支帯となる。
屈筋支帯(横手根靱帯):
橈側手根隆起と尺側手根隆起に付着し,手根溝を橋渡しして,手根管を形成する。
手根管には浅,深指屈筋及び長母指屈筋の腱が正中神経と一緒に通っている。
4本の浅指屈筋の腱は2層になって手根管に入る。
第3と第4指に行く腱が浅層にあり,第2と第5指に行く腱は深層にある。
何らかの原因で手根管が狭くなると,正中神経が圧迫され手根管症候群を発症する。
   手根と中手の靭帯-右手-掌側面-深層
掌側橈骨手根靱帯:橈骨下端から茎状突起の掌側縁から起こり,内下方に放散する。
三角骨と月状骨に向かって拡がる線維束が特に強い;
深部には舟状骨に至る線維束もあり,一部の線維は有頭骨頭にも至る;
尺側に放散する線維は掌側尺骨手根靱帯と混じり合う。
掌側尺骨手根靱帯:関節円板の掌側縁から起こり,三角骨と月状骨に着く。
内側手根側副靱帯:尺骨の茎状突起から起こり,豆状骨に着く。
外側手根側副靱帯:橈骨茎状突起から起こり,舟状骨と大菱形骨の側面に着く。
放射状手根靱帯:有頭骨から起こり,放射状に周囲の手根骨に着く。
豆鈎靱帯:豆状骨から起こり,有鈎骨鈎へに着く。
豆中手靱帯:豆状骨から起こり,第5中手骨底に着く。
掌側手根中手靱帯:遠位手根骨と中手骨底を結び,手根中手関節を補強する。
掌側中手靱帯:隣接する中手骨底間、または間を1つ越えた中手骨底間を結ぶ。
掌側手根中手靱帯とも癒合する。
   手根と中手の靭帯-右手-背側面
背側橈骨手根靱帯:橈骨下端及び茎状突起の背側縁から起こり,下方に放散する。
舟状骨,有頭骨,月状骨,三角骨に向かう部分に分けられる。
三角骨に向かう線維束が最も強い。
背側尺骨手根靱帯:関節円板の背側縁から起こり,三角骨と月状骨に着く。
背側手根中手靱帯:遠位手根骨と中手骨底を結び,手根中手関節の補強する。
背側中手靱帯:隣接する中手骨底間を結ぶ。




日立市十王町-漢方整体院


プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR