肘関節の仕組み

肘関節:1つの共通の関節包の中に腕尺関節,腕橈関節,上橈尺関節がある。
腕尺関節:上腕骨滑車と尺骨の滑車切痕との間にある蝶番関節。
腕橈関節:上腕骨小頭と橈骨頭の上面の関節窩との間にある球関節。
上橈尺関節:橈骨頭の関節環状面と尺骨の橈骨切痕との間にある車軸関節。
肘関節-1
上腕骨下端図2):前後に扁平である。
内側方に内側上顆,外側方に外側上顆が突き出している;
内側上顆の後面には尺骨神経溝(切痕)があり,尺骨神経が通る();
内・外側上顆の間には前腕の骨と連結する上腕骨滑車と上腕骨小頭がある;
滑車の上方には鈎突窩があり,肘を曲げた時に尺骨の鈎状突起が嵌り込む;
小頭の上方には橈骨窩があり,肘を曲げた時に橈骨頭が嵌り込む;
後面には滑車の上方に肘頭窩があり,肘を伸ばした時に尺骨の肘頭が嵌り込む。
肘関節-2 
尺骨:前腕内側(小指側)にあり,上端,尺骨体,下端で構成される。
上端には滑車切痕があり,上腕骨滑車と関節する;
滑車切痕の下端は鈎状突起となり,切痕の後面は肘頭を作る;
鈎状突起の外側には橈骨切痕があり,橈骨頭の環状関節面と関節する;
鈎状突起の下方の前面には尺骨粗面があり,上腕筋が停止する。
橈骨切痕の下縁には回外筋稜があり,回外筋の起始する;
下端は尺骨頭といい,外周には橈骨の尺骨切痕と関節する関節環状面がある;
尺骨下端の内側面には茎状突起がある。
橈骨&尺骨-1 
橈骨:前腕の外側(母指側)にあり,上端と下端で尺骨と関節する。
上端は橈骨頭といい,外周には尺骨の橈骨切痕と関節する関節環状面がある;
橈骨頭の上面には橈骨頭窩があり,上腕骨小頭と関節する;
橈骨頭のすぐ下で橈骨体に移行する部分を橈骨頸という;
橈骨頸のすぐ下の橈骨体前内側には橈骨粗面があり上腕二頭筋の腱が停止する;
下端の後面には伸筋腱溝があり,伸筋腱が通る;
下端の内側面には尺骨切痕があり,尺骨頭の関節環状面と下橈尺関節を作る;
下端の外側面には茎状突起がある。
橈尺関節 
橈尺靱帯結合:橈骨体と尺骨体は前腕骨間膜を介して線維性に連結されている。
前腕骨間膜は橈骨粗面以下において橈骨と尺骨との骨間縁を互いに結合する;
前腕骨間膜より上には尺骨粗面から橈骨粗面の少し下方に至る斜索がある;
斜索と前腕骨間膜との間には骨間裂孔があり,後(背側)骨間動脈が通る。
肘関節-3 
内(尺)側側副靱帯:上腕骨内側上顆から起こり,三角形に拡がる。
前方の部は尺骨の鈎状突起へ,後方の部は肘頭の内側縁に着く;
中央の部は扇状に拡がりながら滑車切痕の内側縁に着く。
外(橈)側側副靱帯:上腕骨外側顆から起こり,前後2部に分けられる。
前部:橈骨頭の前面に出て橈骨輪状靱帯と癒着し,尺骨の橈骨切痕前縁から鈎状
  突起下縁に達する。
後部:尺骨の橈骨切痕後縁から回外筋稜(橈骨切痕の下縁)に着く。
橈骨輪状靱帯:橈骨頭の関節環状面を輪状に取りまく強い靱帯。
尺骨の橈骨切痕の前縁から起こり,橈骨頭の関節環状面を輪状に取り巻たのち,
  再び尺骨の橈骨切痕の後縁に着く。
尺骨の橈骨切痕と共に上橈尺関節における関節窩を形成する。
肘関節-4 
肘関節の動き:0°の伸展位から約140~150°まで屈曲する。
腕尺関節:肘関節の主なる作用である屈伸運動をする。
腕橈関節:肘関節の屈伸運動と前腕の回旋運動をする。
橈尺関節:安静位から80~90°回外し,逆に70~90°回内する。

肘関節周囲の動脈  肘関節周囲の神経(腕神経叢



 日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR