大腿前・内側面の筋肉

大腿前・内側面の血管と神経
外腸骨動脈&その分枝,大腿動脈&その分枝
外腸骨静脈,大腿静脈,大伏在静脈 ─ 体循環静脈
外側大腿皮神経,大腿神経 ─ 腰仙骨神経叢
大腿前・内側面の血管&神経&筋肉-浅層  縫工筋:上前腸骨棘とそのすぐ下の切痕部脛骨粗面の内側(鵞足)。
機能:①股関節の屈曲,外転,外旋;②膝関節の屈曲,内旋。
神経支配大腿神経(L2~L3)。 
大腿直筋:下前腸骨棘と寛骨臼の上方の溝(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
機能:①股関節の屈曲,②膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
大腿筋膜張筋:上前腸骨棘(大転子の前を通って)腸脛靭帯の上1/4部分。
腸脛靭帯は脛骨のガーディ結節に付着する。
腸脛靭帯と膝関節包の間には腸脛靭帯下滑液包がある。
機能:①股関節の外転,②股関節の屈曲。③股関節の屈曲に伴う股関節の内旋。
神経支配上殿神経(L4~S1)。 
外側広筋:大転子の前下方縁と大腿の外側面(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
大転子の外側面,皮膚のすぐ下には大転子皮下包がある。
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
内側広筋:転子間線の下部,大腿骨粗線(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2)。
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。 
恥骨筋:恥骨櫛(腸恥隆起~恥骨結節)恥骨筋線(小転子から粗線まで伸びる線)。
機能:①股関節の屈曲,②股関節の内転,③股関節の内旋。
神経支配大腿神経(L2~L4)と閉鎖神経(L2~L3)の二重支配を受ける。    
長内転筋:恥骨結合と恥骨結節との間大腿骨の粗線内側唇の中間1/3。
機能:①股関節の内転,②股関節の屈曲の補助。
神経支配閉鎖神経(L2~L3)。     
薄筋:恥骨下枝の前方内側縁脛骨粗面の内側(鵞足)。
機能:①股関節の内転,②股関節の内旋,③膝関節の屈曲の補助。
神経支配閉鎖神経(L2~L4)。
大腿前・内側面の筋肉-中層 
中間広筋:大腿骨前面の上部1/3(膝蓋靭帯を経て)脛骨粗面(図2
機能:膝関節の伸展。
神経支配大腿神経(L2~L4)。  
短内転筋:恥骨下枝の前面(長内転筋の下)大腿骨の粗線内側唇の上部1/3。
機能:①股関節の内転,②股関節の内転に伴う股関節の外旋。
神経支配閉鎖神経(L2~L4)。  
外側大腿回旋動脈&その分枝   内側大腿回旋動脈&その分枝 
 大腿前・内側面の筋肉-深層 大内転筋:恥骨枝,坐骨枝,坐骨結節大腿骨粗線の内側唇,内転筋結節。
大内転筋の腱には内転筋管裂孔があり,大腿動脈&大腿静脈が通る。
機能:①股関節の内転,②股関節の内転に伴う股関節の外旋。
神経支配:前面は閉鎖神経(L2~L4),後面は坐骨神経(L4~S3)の二重支配。
内転筋管:内側広筋に大内転筋がへばり付いて作る約15Cm長さの管(トンネル)。
前壁:縫工筋,大内転筋の腱膜;外側壁:内側広筋;後壁:大内転筋,長内転筋。
内転筋管の中を伏在神経,大腿神経の内側広筋枝,大腿動脈,大腿静脈が通る。
内転筋管の上方の入口は大腿三角と通じ,下方の出口は内転筋管裂孔である。
大腿三角:縫工筋の内側縁,鼠径靭帯,長内転筋内側縁で形成される三角形。
大腿三角の中を内側から大腿静脈,大腿動脈,大腿神経が通る。  
大腿のコンパートメント
前方コンパートメント:大腿四頭筋,縫工筋が含まれる。
内側コンパートメント:短・長・大内転筋,恥骨筋,薄筋が含まれる。 
後方コンパートメント:大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋が含まれる。
左大腿中間部の断面図 



お尻・大腿後面の筋肉          
日立市十王町-漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR