前・側腹壁の筋群

腹直筋:第5~第7肋軟骨,剣状突起,肋剣靱帯 恥骨稜,恥骨結合。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈(片側),骨盤の前部を引き上げる。
神経支配肋間神経(T7~T12)。
左右の腹直筋は腹直筋鞘で包まれており,左右の腹直筋鞘は前腹壁の正中線で癒合して
縦走する腱性の索─白線を形成する。

前・側腹壁の筋肉 
腹直筋鞘:外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の腱膜が腹直筋を包んだものである。
前葉:外腹斜筋腱膜と内腹斜筋腱膜の前葉が癒合して構成される;
後葉:内腹斜筋腱膜の後葉と腹横筋腱膜が癒合して構成される;
後葉は臍の4~5cm下方にある弓状線()で終る。
   腹直筋鞘&胸腰筋膜
外腹斜筋:腹直筋の外側縁で腱膜に移行し,腹直筋鞘の前葉を形成する;
第5~第12肋骨の外側面 腸骨稜の前半分,鼠径靭帯,腹直筋鞘。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈,反対側に回旋(片側),骨盤の引き上げる;
神経支配肋間神経(T5~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
外腹斜筋腱膜は上前腸骨棘と恥骨結節との間で肥厚して鼡径靱帯()を形成する;
鼡径靱帯の線維の一部は三角形の裂孔靱帯()を形成する;
外腹斜筋腱膜は恥骨結節の外上方で三角形の間隙─浅鼠径輪を形成する。
外・内腹斜筋 
内腹斜筋:外腹斜筋の深層に存在し,外腹斜筋とほぼ直角に交叉している。
鼠径靱帯の上方1/2,腸骨稜の前面2/3,胸腰筋膜第10~12肋骨下縁,腹直筋鞘。
機能:腰椎の屈曲(両側),腰椎の側屈,同側に回旋(片側),
神経支配肋間神経(T8~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
腹直筋の外側縁で腱膜に移行し,前・後葉に分れて腹直筋鞘前・後葉に入る。
内腹斜筋腱膜の後葉は弓状線以下では腹直筋鞘の前葉に移行する。
腹横筋&腹直筋 
腹横筋:内腹斜筋と腹直筋の深層に存在する。
第7~第12肋軟骨,鼠径靭帯,腸骨稜,胸腰筋膜 腹直筋鞘;
機能:腹圧を上昇させる;
神経支配肋間神経(T7~T12),腸骨下腹神経(L1),腸骨鼠径神経(L1)。
腹横筋腱膜は弓状線以下では腹直筋鞘の前葉に移行する。



日立市十王町-漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR