後腹壁内面の筋肉

胸郭下口:第12胸椎,第12肋骨,第11肋骨尖端,肋骨弓,剣状突起下端の連なる部分。
後腹壁の筋肉  横隔膜:胸郭下口に張っていて,胸腔と腹腔を境する。
起始:①腰椎部:内側脚(L1~L4)と外側脚(内側弓状靭帯と外側弓状靭帯);
        ②肋骨部:第7~12肋骨の内面 ③胸骨部:剣状突起の後面,腹直筋鞘の後葉。
停止:横隔膜中央部の腱中心
神経支配:横隔神経(C3~C5  頸神経叢の筋枝)。 
   横隔膜
腰仙骨神経叢  交感神経&内臓神経叢
腸腰筋:大腰筋,小腰筋及び腸骨筋よりなる。
大腰筋:12胸椎体,第1~第5腰椎体と肋骨突起,椎間円板小転子;
小腰筋:第12胸椎と第1腰椎の椎体,椎間円板腸恥隆起;
腸腰筋:腸骨窩小転子(腸骨筋の腱は大腰筋の腱と合して小転子に停止)。
機能:股関節の屈曲,股関節の外旋,腰部と骨盤の前傾
神経支配腰神経叢の筋枝,大腿神経(L1~L4)。
   腸腰筋
腸腰筋腱炎(腸腰筋症候群):
✤原因:腸腰筋の酷使(股関節の屈曲運動を激しく長期に渡って行なう);
✤症状:股関節の不快感,脚の挙上運動(膝を胸のほうに持ち上げる,階段を上がる
     など)による鼠径部の痛み,大腿神経伸展テスト陽性など;
✤腸恥滑液包炎,腸腰筋腱下滑液包炎を合併することもある;
✤腸恥滑液包:腸腰筋と股関節包との間にある;
✤腸腰筋腱下滑液包:腸腰筋の停止腱と小転子間にある。
   腸腰筋&鼠径靭帯

腰方形筋
:胸腰筋膜のすぐ前方にあり,内側2/3は腰腸肋筋と胸最長筋で覆われる。
前部(腹部):第2~第5腰椎の肋骨突起第12肋骨の下縁;
後部(背部):腸骨稜と腸腰靱帯第1~第4腰椎の肋骨突起,第12肋骨の下縁。
機能:骨盤と腰椎の安定(第12肋骨の下制,寛骨の挙上),腰椎の側屈(片側)。
神経支配腰神経叢の筋枝(T12~L3)。
   腰方形筋
第三腰椎横突起症候群:第三腰椎横突起に付着する筋肉・筋膜の疲労による腰痛症。



日立市十王町-漢方整体院


プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR