中脳の内部構造

中脳は中脳蓋,中脳水道周囲の中央灰白質,及び大脳脚に分けられる。
大脳脚は黒質により背側の被蓋と腹側の大脳脚底に分けられる。
1:脳神経核
滑車神経核 動眼神経核 動眼神経副核 三叉神経中脳路核
2:その他の神経核
上丘核 下丘核 赤核 黒質 網様体
3:伝導路
大脳脚(1/5頭頂側頭橋路・3/5錐体路・1/5前頭橋路) 上小脳脚 
4:その他の伝導路
内側毛帯 外側毛帯 脊髄視床路 三叉神経毛帯(三叉神経視床路)。

中脳の横断面①-下丘の高さ:
中脳の横断面-1 
滑車神経核:下丘の高さで,中心灰白質の腹内側にある。
滑車神経核は両側の皮質核路の線維を受ける。
滑車神経核から出る線維は中心灰白質の背側で交叉して脳幹を出る。
動眼神経核:上丘の高さで,中心灰白質の腹内側にある。
動眼神経核は両側の皮質核路の線維を受ける。
動眼神経核から出る線維は腹側に走り,大脳脚の間から脳幹を出る。
動眼神経副核:動眼神経核の背内側にあり,副交感神経線維の起始核である。
動眼神経副核から出る線維は動眼神経に加わり伴に脳幹を出る。
三叉神経中脳路核:中心灰白質の外側縁にあり,中脳上端から橋中部まで延びる。
咀嚼筋,顔面筋,外眼筋及び歯からの固有感覚を伝える。

中脳の横断面②-上丘の高さ: 
中脳の横断面-2 

中脳蓋:中央灰白質の背側の領域を占め,上丘と下丘()からなる。
下丘は主に外側毛帯の線維を受け,下丘腕を経て内側膝状体に至る線維を出す。
上丘は主に視索の線維,他に脊髄視床路,下丘,三叉毛帯側枝の入力を受ける。
視蓋脊髄路は上丘から起こり,背側被蓋交叉で交叉し,脊髄前索を下行する。
上丘の前方には対光反射などに関与する核群があり,合わせて視蓋前域という。
赤核:中脳被蓋のほぼ中央にあり,上丘の下端から間脳の下部まで延びている。
赤核は主に対側の上小脳脚から来る小脳核の遠心性線維の入力を受ける。
赤核脊髄路は赤核から起こり,腹側被蓋交叉で交叉し,脊髄側索を下行する。
黒質:中脳被蓋大脳脚底の間にあり,中脳の全長にわたって存在する。
緻密部は高濃度のドーパミンを含有し,線条体にDAを送り興奮を抑制する。
  


     脳幹の構造    日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR