橋の内部構造

1:脳神経核
顔面神経核 外転神経核 三叉神経運動核 上唾液核 三叉神経主知覚核
前庭神経核(内側・外側・上・下) 蝸牛神経核(背側・腹側
2:その他の神経核
橋核 青斑核 網様体
3:伝導路
錐体路 皮質橋路(前頭橋路・頭頂側頭橋路) 横橋繊維(中小脳脚) 内側毛帯
外側毛帯

橋の下部の横断面
橋の横断面-1 
顔面神経核:橋被蓋の腹外側部,上オリーブ核の背側方に位置している。
顔面神経核の上半部は両側の皮質核路の線維を受ける。
顔面神経核の下半部は対側の皮質核路の線維を受ける。
顔面神経核を出た線維はまず背内側方に走り第四脳室底の直下に至り,次いで
  外転神経核をまわり腹外側に走り,橋延髄溝の外側部で脳幹を出る()。
外転神経核:菱形窩の顔面神経丘の深部に位置している。
外転神経核は両側の皮質核路の線維を受ける。
外転神経線維は腹側に走り,橋延髄溝の内側部で脳幹を出る()。

橋の中部の横断面: 
橋の横断面-2 
三叉神経運動核:網様体の背外側,主知覚核のすぐ内方に位置する。
三叉神経運動核は両側の皮質核路の線維を受ける。
上唾液核:網様体に点在し,顔面神経の副交感神経線維の起始核である(図1図2)。
三叉神経主知覚核:運動核の外方に位置し,尾側で三叉神経脊髄路核に連なる。
 主知覚核は触覚と圧覚の入力,脊髄路核は痛覚と温度覚の入力を受ける。
三叉神経毛帯は主知覚核から起こり,視床の後内側腹側核に投射する。
前庭神経核:第四脳室底の前庭神経野の深部に位置する。
上・下・内側・外側核があり,前庭神経の入力を受ける。
前庭神経核から出る線維は前庭脊髄路内側縦束,前庭小脳路を形成する。
蝸牛神経核:下小脳脚の背側と腹外側に位置する()。
前(背側)核と後(腹側)核があり,蝸牛神経の入力を受ける。
蝸牛神経核から出る線維は外側毛帯を形成し,大部分は下丘に終わる。
橋核:橋の腹側部 (底部) ,横橋線維(橋小脳路)の間に点在する。
大脳皮質からの興奮を小脳に伝える最も重要な中継核である。
青斑核:橋上部背側,菱形窩の外側にある青斑の深面に位置している()。
メラニン顆粒を含むノルアドレナリン作動性神経細胞で構成されている。
ストレスに対する生理的な反応,覚醒睡眠リズムなどに関係している。

顔面神経&外転神経:  
顔面神経&外転神経 


  脳幹の構造    日立市十王町-漢方整体院
  
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR