延髄の内部構造

1:脳神経核
舌下神経核 副神経核 疑核 迷走神経背側核 下唾液核 孤束核
三叉神経脊髄路核
2:その他の神経核
下オリーブ核 薄束核 楔状束核  網様体
3:伝導路
錐体錐体交叉 内側毛帯と毛帯交叉
4:その他の伝導路
下行:内側縦束,視蓋脊髄路,前庭脊髄路,赤核脊髄路,網様体脊髄路;
上行:脊髄視床路,前(腹側)脊髄小脳路,後(背側)脊髄小脳路。

延髄の横断面①-錐体交叉の高さ:
延髄の横断面-1

薄束核と楔束核:延髄の薄束結節と楔束結節の直下に位置する。
薄束と楔束の線維を受ける。
二次路系は毛帯交叉し内側毛帯となり,視床の後外側腹側核に投射する。
三叉神経脊髄路核:第2頸髄から延髄,橋のに渡って存在する(図2)。
脊髄後角の膠様質と固有感覚核の連続であり,吻側で主感覚核に連なる。
三叉神経の知覚性線維は橋に入ってから上行枝と下行枝に分かれる。
上行枝は三叉神経主感覚核の細胞に終止する。
下行枝は三叉神経脊髄路となり,三叉神経脊髄路核の細胞に終止する。
三叉神経脊髄路の線維は下行し,脊髄後外側束(Lissauer路)に連なる。
三叉神経毛帯は三叉神経脊髄路核から起こり,視床の後内側腹側核に投射する。
副神経核:疑核の尾側部と上位6節頸髄の副神経核からなる(図2図3)。
副神経核は両側の皮質核路の線維を受ける。
 
延髄の横断面②-毛帯交叉の高さ:

延髄の横断面-2 
迷走神経背側核迷走神経三角の直下,後正中溝の両側に位置する(図2)。
迷走神経背側核から出る副交感神経の節前線維は迷走神経の主成分となる。
頸部,胸部内臓及び一部腹腔臓器の平滑筋,心筋,腺体の分泌をコントロールする。
孤束核:延髄背側,孤束の周囲,迷走神経背側核の腹外側に位置する(図2)。
迷走神経(一般内臓求心性線維),舌咽神経(舌の後方1/3の味覚),顔面神経(舌の
  前方2/3の味覚)からの線維が孤束を経て入る。
孤束核から起こる二次路系の一部は上行し,視床の後内側腹側核などに投射する。
孤束核から起こる二次路系の一部は脳幹の脳神経運動核などに投射する。
  迷走神経背側核,横隔神経核への投射は咳と嘔吐反射を完成させる。
舌下神経核舌下神経三角の直下,後正中溝の両側に位置する(図2)。
舌下神経核は反対側の皮質核路の線維を受ける。
舌下神経核から出る線維は舌下神経となり,舌筋に分布する。
疑核:下オリーブ核の背側,網様体内に位置する(図2)。
疑核の尾側部から出る線維(副神経の延髄根)は迷走神経に入る。
疑核の吻側部から出る線維は舌咽神経に入る。
疑核は両側の皮質核路の線維を受ける。
 
延髄の横断面③-オリーブ核の中部の高さ:
延髄の横断面-3 

下唾液核:網様体の吻側部に散在する(図1図2)。
出力の副交感神経の節前線維は舌下神経に入り,耳下腺の分泌を支配する
下オリーブ核:延髄腹側部,錐体の外側にあるオリーブの直下に位置する(図2)。
大脳皮質,網状体,赤核及び脊髄からの線維を受ける。
下オリーブ核から出る線維はオリーブ小脳路となり,小脳皮質に投射する。

延髄の横断面④-オリーブ核の上端の高さ:
延髄の横断面-4


    脳幹の構造    日立市十王町-漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR