間脳の構造

間脳は大脳半球と中脳の間にあり,背側視床,視床上部,視床下部視床後部からなる。
1:背側視床(狭義の視床)
✤中脳蓋の前にある卵形の隆起部で、前外方は大脳半球に移行している;
✤視床の内側面は第3脳室の側壁をなし,背側面は側脳室の底をなす;
✤左右の視床は視床間橋によってつながり,視床下溝で視床下部と境される
✤視床の前端部は前結節といい,後端部は視床枕という。
視床-正中断面 
2:視床上部:手綱三角,手綱交連,松果体などからなる;(

3:視床下部:背側視床の前下方に位置し,第三脳室下側壁をなす;(
✤視交叉,視索,灰白隆起,漏斗,下垂体,乳頭体などが見られる;
視床下部の詳細編

4:視床後部:視床枕の腹外側にある内側膝状体と外側膝状体からなる;
✤内側膝状体は視床における聴覚の中継核である;
✤外側膝状体は視覚系における視床の中継核である。

5:第三脳室:左右の背側視床と視床下部に挟まれた空間を指す;
✤側壁は背側視床の内側面,下壁は視床下部(乳頭体,灰白隆起,視交叉),
  上壁は第三脳室脈絡組織でできている;
✤後方は中脳水道を経て第4脳室に通じている;
✤前方は両側の室間孔によって左右の側脳室に通じている。
 第三脳室 

6:背側視床の神経核
✤視床核は内髄板によって前核群,内側核群及び外側核群に分けられる;
髄板内核群:髄板の中に島のように浮かんでいる視床亜核群。視床核
       ┌─前核群:主たる出力は大脳辺縁系へ向かう。
       │
視床核─┼─内側核群:背内側核
       │
       └─外側核群─┬─背側核:背側外側核,後外側核          ┌─後外側腹側核
                  │                            │
                  └─腹側核:前腹側核,外側腹側核,後腹側核─┴─後内側腹側核

後外側腹側核:内側毛帯や脊髄視床路の線維を受入れ,出力は視床皮質路を作り,
  大脳皮質の中心後回の中部,上部と中心傍小葉の後部に体幹と四肢の体性感覚を
  伝える。
後内側腹側核:三叉神経毛帯と孤束核からの味覚線維を受入れ,出力は視床皮質路を
  作り,大脳皮質の中心後回の下部に頭部と顔面部の体性感覚を伝える。
視床核-2 




日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR