腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管が狭くなり,中を通っている馬尾神経や,脊柱管から出て行く神経の根元が
圧迫され,様々な症状が現れる病態である;
✤生まれ付きの脊柱管の狭さという素因の上に脊椎の変化が加わることにより発症する;
✤脊椎の変化:腰部脊椎症,椎間板ヘルニア,脊椎すべり症など;
✤脊柱管が狭くなると神経に栄養を送る髄液や血液の流れが悪くなり,神経が栄養障害の
  状態になり,「痛み,シビレ,間欠性跛行,直腸や膀胱の機能障害」等の症状が現れる;
✤背中を反らす姿勢を取ると,神経が圧迫されて症状が出やすいのが特徴である;
✤高齢者は加齢による変性で狭窄が起こることが多いが必ず症状が出るとは限らない;
脊柱管狭窄症01 
脊柱管狭窄症の分類&タイプによる症状
A:神経根型:脊柱管が狭くなるために,神経根が圧迫を受けているタイプ;
✤腰部脊椎症や脊椎分離すべり症があると起こりやすい;
✤左右両側に起こることもあるが,多くは片側だけが圧迫を受けている;
✤主な症状:神経に沿って起こる腰から下肢にかけての痛みやシビレ;
✤腰を反らすと症状がひどくなり,逆に腰を前屈すると症状が緩和される;
B:馬尾型:脊柱管が狭くなるために,馬尾が圧迫を受けているタイプ;
✤変性すべり症があると起こりやすい;
✤両側の下肢にシビレや麻痺,脱力感などの症状が起こる;
✤会陰部に灼熱感などの異常を感じるようになる;
✤排尿障害や便秘などの症状が現れることもある;
C:混合型:神経根型と馬尾型の合併型;
✤神経根の圧迫による痛みやシビレ;
✤馬尾神経の圧迫による異常感覚など;
脊柱管狭窄症02 
間欠性跛行:どのタイプの脊柱管狭窄症にも共通して見られる特徴的な症状である;
✤ある時間歩き続けると痛みやシビレや脱力感などの症状が強まって歩けなくなり,
  しばらく休むと症状が軽減してまた歩けるようになる;
✤歩くことにより脊椎がずれて脊柱管がより狭くなり,神経への圧迫が強まる;
✤しゃがんで休むと腰部が前屈し脊柱管が広がり症状が消えまた歩けるようになる;
✤動脈性間欠性跛行:下肢血管の閉塞性動脈硬化により血液が不足し長く歩けない;
✤動脈性の間欠性跛行では,立ったまま休んでもまた歩けるようになる;


日立市十王町-漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR