第8回:能力主義に正義はない?

Lecture1:勝者に課せられるもの



ロールズの格差原理

✤最も恵まれない人々の便益になるような社会的・経済的不平等だけが認められる;
✤人々が遺伝子の巡り合せという幸運によって便益を享有することは,それが最も
  恵まれない人の便益になるという条件の基でのみ許される;
✤所得や富或は機会の分配は自分の功績だと主張出来ないものに基づくべきではない;
✤道徳的観点から恣意的な要素に基づくべきではない;
✤封建的貴族社会:人間の将来が生まれによって決まってしまう;
✤自由市場システム:人によってスタートラインが異なるのであればその競争は不公正;
✤能力主義システム:自然のめぐり合わせという道徳的な恣意性を修正するには不十分;

Lecture2:私の報酬を決めるのは



道徳的な対価】と【正当な期待に対する資格】:
✤分配の正義は道徳的な対価の問題ではなく,正当な期待に対する資格の問題である;
✤自分の才能をたまたま重んじる社会に生きているという偶然性と関係がある;
✤私達は才能を行使することで得られる便益に対する資格を持っている;
✤私達が偶然豊富に持っている資質を偶然重んじるこの社会に自分達がふさわしいと
  考えるのは間違いであり,己惚れ(うぬぼれ)である;
✤稼ぎが少ないのは 少ない報酬に対する資格しか持ってないからである;

日本の人口総務省2010年4月16日発表
✤総人口:1億2751万人(2009年10月1日現在);
✤人口が増加したのは東京都や愛知県など7都県;
✤増加率が上昇したのは出生数が多い沖縄県(0.45%)だけ;
✤自然増減:5万9千人減少(出生児数─死亡者数);
✤社会増減:12万4千人減少(入国者─出国者),外国人の減少は4万7千人;
✤人口波動:2005年:戦後初めて前年を下回った,2006~2007年:ほぼ横ばい;
  2008年:再び減少,2009年:減少が加速した;

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR