第3回:富は誰のもの?

Lecture1:課税に正義はあるか?



リパタリアニズム
:自由原理主義/市場原理主義:
✤個人の権利を非常に重要に考え,その権利は自由の権利であると考える;
リパタリアニズムの基本的な考え方
✤私たちは独立した存在であるため,社会が期待する或は考え出す如何なる用途にも
  利用されてはならない;
✤私たちは独立した個人であるがために自由という基本的権利をもっている,だから
  私たちは自由に選択する,自分が望むように人生を生きる権利を持っている;
✤他人が同じようにする権利を尊重することが条件である;
✤権利に対する原則:自分を所有するのは自分だ;
ロバート・ノージック:1938年11/16日~2002年1/23日;
✤アメリカの哲学者、ハーバード大学教授;
✤ジョン・ロールズの【正義論】に対する反論である著書【アナーキー・国家・ユートピア】で
 一躍リパタリアニズムの代表的論者として知られるようになった;
Lecture2:私を所有するのは誰?



リパタリニズムへの反論
✤貧しい者の方がより金を必要としている;
✤統治される者の同意による課税は強制ではない;
✤成功した者は社会に借りがあるから,税金を払うことでその借りを還すべきである;
✤富は部分的に運で決まるので当然のものではない;

基本人権:【公共の福祉】に反しない,制限的なものである;
公共の福祉:人権がバランスよく保障されるように人権と人権の衝突を調整すること;
自由権:人権の中でも特に重要な人権;
国家から制約を受ける又は強制されずに,自由にものを考え,自由に行動できる権利;
✤精神的自由権:憲法19条:思想信条の自由;
思想・良心の自由や信教の自由,表現の自由,学問の自由など;
✤経済的自由権:職業選択の自由,営業の自由,財産権の保障;
✤人身の自由:奴隷的拘束の禁止,不当逮捕などの禁止など;
平等権:個人が同等に取り扱われる権利;
社会権:社会を生きて行く上で人間が人間らしく生きるための権利。
【生存権,教育を受ける権利,労働基本権など基本的人権で保障されるこれらの権利】;
参政権:国政や自治体の選挙に参加できる権利;
受益権:国や自治体の行為で損害を蒙った場合には,国や自治体に対して賠償を
請求することができる権利;


日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR