戦後史(略)S24年~H3年

S24(1949)年
1/23日:総選挙で吉田 茂を総裁とする民主自由党が圧勝し,第3次内閣が発足;
5/24日:【年齢のとなえ方に関する法律】が成立し数え歳から満年齢が採用;
6/27日:シベリアからの引き上げが再開された(赤い引き上げ者);
10/1日:中華人民共和国が成立:
11/24日:光クラブ事件
東大法学部3年生で当時27歳の山崎晃嗣(あきつだ)が青酸カリで自殺;

S25(1950)年
2月:モスクワで【中ソ友好同盟相互援助条約】を締結;
6/25日:朝鮮戦争:(S28・7・27板門店で休戦協定が調印された);
特別需要:政府を間に挟まずにGHQが直接業者からものを調達する;
✤戦後の日本は朝鮮戦争の3年間で生き返りした;
✤特需を通じてアメリカの指導によって大量生産方式と品質管理を完璧に学んだ;
✤朝鮮戦争は日本にとってまさに【神風】であった;

S26(1951)年
9/8日:サンフランシスコで講和条約が結ばれる;
✤参加52ヶ国の内48ヶ国が署名し,ソ連,チェコスロバキア,ポーランドの3ヶ国が拒否;
中国問題:アメリカの強い要請で日本は台湾の国民政府を中国の代表として扱う;
吉田 茂首相一人だけで【日米安保条約】に署名;

S27(1952)年
4/28日:サンフランシスコ講和条約と日米安保条約が発効する:
✤この日から日本は独立国家となった;
✤GHQも廃止になった;
✤安保条約に反発した騒動,基地問題に関する騒動が起こる;
①5/1日の血のメーデー事件
皇居前広場を借りた大市民大会だが,【貸した覚えがない】,【いやそんなことはない】と
警察とデモ隊がぶつかり合い、まさに大射撃戦が広げられた;
結果:2人が射殺され,1230人が逮捕された;
早稲田大学事件
新宿駅前事件
・・・など,沖縄に関しては現在に至ってもいろんな事件が絶えない;

S28(1953)年
2/1日:NHKがテレビの初放送を開始(民放は8/28,日本テレビ・NTVが最初);
3/5日:スターリンが亡くなる:株価大暴落(スターリン暴落);
7/27日:朝鮮戦争の休戦協定;

S29(1954)年
12/10日:鳩山一郎内閣が成立,外務大臣は重光 葵

S31(1956)年
7月:重光 葵外相がモスクワに出かけて行き外相同士の正式交渉に入る:
ソ連提案:日ソ間で平和条約をきちんと結ぶ際には【ハボマイ】【シコタン】を返しするという
       ことでなんとか国交回復を図れないか?
日本:ソ連側の提案を信じることにして,日ソ国交回復の共同宣言に合意;
10月:日ソ国交回復条約に調印した;
✤平和条約は未だに結ばれていない;
✤領土問題は絶望的という状態;
12月:日本が国際連合に加盟する;

S32(1957)年
2/25日:岸 信介内閣発足:
✤鳩山一郎以上の強力な憲法改正,再軍備論者;
佐藤栄作は岸 信介の実弟,旧吉田グループ;
田中角栄は佐藤栄作の子分;

S33(1958)年
6/12日:第2次岸 信介内閣発足:
✤安定多数を保っているが,これではまだまだ憲法改正は無理だった;
✤ならば安保改定だ;

S34(1959)年
4/10日:皇太子御成婚
✤ご成婚を機にテレビ時代が始まる,シンボルとして12月に東京タワーが竣工
正田美智子:日清製粉社長のお嬢さん;

S35(1960)年
1/19日:ワシントンで米と安保改定の調印式を行った;
✤安保条約を単にアメリカ軍に基地を提供するための条約から日米共同防衛を義務
 づけた,より平等な条約に改正。
5/19日:与党だけて本会議で法案を採決;
5/20日:安保騒動が始まる;
6/15日:デモ隊が国会議事堂の門を突き破って中に突入したことから警官隊と大乱闘と
     なり東京大学文学部学生樺(カンバ)美智子死亡,43人重傷を含め589人が負傷;
✤60年安保闘争は空前の盛り上がりを見せた(主催者発表:33万人,警視庁:12万人);
6/19日:新安保条約成立;
6/23日:岸内閣が退陣;
7/19日:池田勇人内閣成立: キヤッチフレーズ:【国民の所得を倍増する

S36(1961)年
✤中卒,高卒の人が珍重され【金の卵】とされ始まる;
✤地方農業:三ちゃん農業が主になる;

S39(1964)年:先進国としてOECD(経済開発協力機構)に加盟する;
9/7日:IMF世界銀行東京総会が開かれる;
10/1日:東海道新幹線が開業する(東京~大阪);
10/10日:東京オリンピックが開幕する;
10/25日:池田勇人総理大臣が引退を表明する;
11/9日:佐藤栄作内閣成立:(S39 11/9~S47 6; 8年間)

S40(1965)年
6月:日韓基本条約と付属の協定に調印;
8月:首相として戦後初めて沖縄を訪問:

S41(1966)年:
2/11日:建国記念日;老人の日を敬老の日と改める;

S43(1968)年:ベビーブーム時代の反逆:
ベビーブーム時代:団塊の世代でS22~S24生まれの約700万人でベビーブームの落とし子;
①高度経済成長のもとでもの心がついた;
②お互い競争関係が強い;
③日常生活に不自由を感じたことが無く,我慢したこともない;
国内要素
①高度経済成長に伴い,次第に公害問題や環境問題が方々で表面化して来た;
②授業料の値上げ;
③大学が経済界や産業界と結び付いて,その要請に応じて学生を増減させた;
国外要素
①アメリカがベトナム戦争で,安保条約があるために日本を基地として使用しているのは,
  日本政府が戦争に加担していることだと反発が高まった;
②中国では文化大革命で紅衛兵がガンガンやっている;
③フランスの【五月革命】,果敢なる闘いが一番直接的な影響力となった;
特に日大と東大が激しかったが、【皆で集って戦おう】と全学共闘会議【全共闘】
  という組織が生まれ,大学側と対立した;
ベトナム反戦活動が重なって,大学内での活動が街頭に出てデモをするようになった;
警察の機動部隊が完全武装だったのて,【機動部隊の暴力には我らもまた暴力で闘う
  のみ】と手にゲバ棒を持ち,頭にはヘルメットを被り,顔にはタオルを巻いた;
この乱闘のクライマックスが東大安田講堂占拠だった。

S44(1969)年:東大安田講堂事件
✤日大と共に運動の中心になっていた東大の学生達は【まさしく権力の走狗ばかり生み
  出して日本を悪くしたのはみな東大だ】,【東大解体】等を叫んだ;
✤全共闘は【砦の上に我等の世界を】という合言葉と共に安田講堂を占拠した;
✤当時の大河内一男学長が辞め,加藤一郎総長代行が交渉したが学生達は拒否;
✤やむ得ず警察を呼んで機動隊が占拠排除のため中に入った;
 【1/18日午前7:00~1/19日午後5:46】まで安田講堂は戦場となった;
 下からはガス弾,上からは投石や火炎瓶・この様子を朝から晩までテレビで流したので,
 視聴率100%【一億総観客】の日が暮れた;
✤最後まで抵抗していた全共闘学生90人を検挙し,安田講堂の封鎖が解除された;

S45(1970)年
3/14日:日本万国博覧会(大阪万博):昭和元禄の最大の打ち上げ;
3/31日:日本航空【よと号】事件
11/25日:三島由紀夫事件

S46(1971)年:環境庁を発足させる;
2月:浅間山荘事件
5/15日:沖縄の施政権が日本に完全に返還され沖縄県が発足する:
戦後26年でようやく一道一都二府四十二県となる;
6月:佐藤栄作辞意を表明する;
7/7日:田中角栄内閣成立:
✤日本列島改造論:地域開発の推進;
✤日中国交正常化;
9/29日:日中共同声明に調印する;

S64(1989)年
1/7日:昭和天皇陛下がお亡くなる;

H1(1989)年
12/29日:経済大国日本は最高に輝ける日を迎える:
✤東京証券取引所の平均株価が3万8915円の最高値を記録した;
H2(1990)年
✤ソ連が一党独裁を放棄し,東西ドイツが統一する;
✤冷戦終結が日本のバブルを弾いてしまった;
✤日本経済繁栄がガラガラと崩れ落ちてしまった;
H3(1991)年:ソ連連邦崩壊:



日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR