生育門

臨産
妊娠臨産要安詳,腹内雖疼切莫慌,舒身仰臥容胎転,静待生時不用忙。

産室
産室寒温要適時,厳寒酷熱総非宜,夏要清涼冬要暖,病者医人倶要知。

択収生婆
臨産穏婆須預択,老成歴練又精明,無故莫教使手法,寛心寧耐待時生。

驚生
人語喧嘩産母驚,心虚気怯号驚生,急須止静休嘈雑,産母心安胎自寧。

試胎弄胎
月数未足腹中痛,痛定如常名試胎。臨月腹痛腰不痛,或作或止名弄胎。
二者均非正産候,但須寧静莫疑猜。

坐草
坐草須知要及時,児身未順且遅遅,若教産母用力早,逼胎不正悔難追。

臨盆
児身転順頂當門,胞漿已破腹腰疼,中指跳動谷道挺,臨盆用力送児生。

交骨不開
交骨不開須細審,或因不足或初胎,総宜開骨通陰気,仏手亀板婦髪灰。
若因不足加参妙,一服能令骨立開。
開骨散:潜降滋陰,活血化瘀,催産,治婦人交骨不開而難産。
組成:當帰(5銭),亀板(酢灸,研,3銭),川芎(2銭),婦人髪(1団);
✤當帰,川芎:去瘀血,生新血(當帰:養血和血,川芎:活血祛瘀,又能行血中之滞);
✤亀板:滋陰養血,軟堅去瘀治難産(塡精補血,潤胎催産);
✤血余炭:補血而消瘀,引血帰経而止血;
✤気血不足加人参以大補元気,益気生津;
✤清代王清任:本方着重於養养血活血,忽視補気行気,故更加黄耆以補気行気;
 組成:當帰(1両),川芎(5銭),亀板(8銭),血余(1団焼灰),加生黄耆(4両);
達生散:妊婦臨月服20余貼,易産無病,一名縮胎飲(6付~10付亦良);
組成:大腹皮(酒洗,2銭:7.5g),灸甘草(1銭半),當帰,白朮,白芍薬(各1銭),
        人参,陳皮,蘇葉,枳殻,砂仁(各5分),青葱5葉;
✤帰,芍以益其血,参,朮,灸甘以補其気,其余以疎其壅,不虚不滞,産自無難矣。

盤腸生
盤腸未産腸先出,已産嬰児腸不収,頂貼蓖麻服升補,腸乾潤以奶酥油
✤蓖麻仁:塗頂収肚足下胎(貼於産母頭頂則治直腸脱出,貼於足裏則下胎);
✤奶酥油:チベット族飲食文化の精華,牛や羊のミルクを化工して作った脂肪;
補中益気湯  八珍湯  十全大補湯

難産
難産之由不一端,胎前安逸過貪眠,驚恐気怯用力早,胞破血壅血漿乾。

日立市十王町漢方整体院

プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR