六気入門

六気:風,熱(暑),火,湿,燥,寒の六種の気候の統称。
12地支配六気表

《玄珠密語・天元定化紀篇》
少陰君火,君火尊位,所以正得南方離位也,即正化於午対化於子也;
太陰為土也,土主中宮,寄卦於坤,坤位於西南居未分也,即正化於未対化於丑也;
少陽為相火之位,卑於君火也,雖有午位君火以居之,即火生於寅也,
  故正司於寅対化於申也;
陽明為金,酉為西方金也,即正司於酉対化於卯也;
太陽為水,水雖有於子位,謂君火対化也,水乃復於土中,即六戊在天門,即戌位也,
  六己在地戸,即辰是也。故水帰土用,正司於戌対化於辰也;
厥陰風木也,木生於亥,故正司於亥也,対化於巳也。

主気:主治一年六個季節の正常の気候変化,故称為主時の気,静而守位,年年不変。
   六気主時節気図 
主気の計算方法
1年24節気分為6歩,1歩主4ヶ節気,60日87.5刻;
始於厥陰風木,終於太陽寒水,年年不変。
  初之気(厥陰風木):大寒(丑12月中)~春分(卯中); 
  二之気(少陰君火):春分(卯2月中)~小満(巳中);
  三之気(少陽相火):小満(巳4月中)~大暑(未中);
 (君相同気相随,故第三歩少陽相火為三之気)
  四之気(太陰湿土):大暑(未6月中)~秋分(酉中);
  五之気(陽明燥金):秋分(酉8月中)~小雪(亥中);
  終之気(太陽寒水):小雪(亥10月中)~大寒(丑中);
素門・六微旨大論
  顕明(卯位)之右,君火之位也,君火之右,退行一歩,相火治之;
  復行一歩,土気治之;復行一歩,金気治之; 復行一歩,水気治之;
  復行一歩,木気治之;復行一歩,君火治之。

客気:即是在天の三陰三陽之気,因其運動不息,犹如客之往来,故称客気。
   司天在泉左右間気位置図
客気六歩の順番:三陰在前,三陽在後。
一陰厥陰風木,二陰少陰君火,三陰太陰湿土,
一陽少陽相火,二陽陽明燥金,三陽太陽寒水。
司天之気(天気):位於六歩気運三之気上,統管上半年の初,二,三の気。
素門・天元紀大論》:
  子牛之歳,上見少陰;丑未之歳,上見太陰; 寅申之歳,上見少陽;
  卯酉之歳,上見陽明; 辰戌之歳,上見太陽;巳亥之歳,上見厥陰。
在泉之気(地気):位於六歩気運終之気上,統管下半年の四,五,終の気;
間気:司天有泉以外の客気,初,二,五,終の統称;
客気六気の運転:
司天之気,自上而右転,下降於地;在泉之気,自下而左転,上昇於天;
周而復始,六年一周。

2011(辛卯)年の客気
  初之気─太陰湿土,二之気─少陽相火,司天之気─陽明燥金;
  四之気─太陽寒水,五之気─厥陰風木,在泉之気─少陰君火。
司天在泉の気と発病
子午之年,少陰君火司天,陽明燥金在泉;
上半年の勝気は火気,火旺而克金,故上半年は火証,心臓の他に肺の症状も現れる;
下半年は気候が偏燥,金旺而克木,故肺と大腸の症状の他に肝の症状も現れる。

客主加臨
司天之気加於主気の三之気の上,在泉之気加臨於主気の終之気の上,
其他の四間気以次二加臨ス。
   客主加臨図
相得
客気加於主気之上,主客之気為相生関係,或者主客同気;
相得者,則気候正常,人体不易発生疾病。
不相得
客気加於主気之上,主客之気為相克関係;
不相得者,則気候反常,病気を引き起こし易い。
主勝逆
客気は短暫,客気の作用が抑制を受け,無从司令,所以為逆。
客勝从
客気為時短暫,対主気の影響不甚,所以是為和順。
君火と相火の加臨
君位臣則順,臣位君則逆。



日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR