体循環の動脈

大動心臓の左心室から出て総腸骨動脈の分岐部に終わる。      ┌─左総腸骨A
左心室─┬─上行動脈─大動脈弓─┬─胸部大動脈─┬─腹部大動脈─┬─┤
                                        ├─腕頭動脈   ├─後肋間動脈    └─右総腸骨A
        └─冠動脈             ├─左総頸動脈 ├─気管支動脈  ├─腹腔A,腎A
                       └─左鎖骨下A    ├─食道動脈   ├─上・下腸間膜A
                                  └─心膜枝 
   └─卵(精)巣A
腕頭動脈:右の胸鎖関節の後ろで右鎖骨下動脈と右総頚動脈に分かれる
心臓の動脈: 
心臓の動脈  
✤心臓の大きさ:本人の握り拳大,重さ:200~300g;
✤心拍数(脈拍):男性:60~70回/分,女性:65~75回/分,平均:約70回/分;
✤心拍出量:1回の収縮で70~100mlの血液を送り出す;
✤成人安静時:1分間に約6L,1日で約8t以上(アフリカ象1頭分)の血液を送り出す。

大動脈: 
 大動脈  

腹大動脈(T12~L4): (詳細編:腹大動脈&その分枝)   
腹大動脈-腰動脈
動脈硬化
:動脈が硬くなったり,脆くなったり,内腔が狭くなった状態;
✤血管の老化現象であり,不通,年をとれば誰にでも起こる;
✤高血圧がある動脈硬化に拍車がかかり,血管障害も起こしやすくなる;
✤動脈硬化があると高血圧も悪化しやすい;
動脈硬化の分類
細動脈硬化:細い動脈が硬くなるもので,高血圧との関係が深い;
✤血圧が高いと血管が収縮し,これが長く続くと血管が厚くなり,くたびれて弾力を失う;
✤壊死すると血圧に耐えられずに出血するが,最たるものが脳出血である;
粥状動脈硬化:大動脈,冠動脈,脳底動脈,腎動脈,股動脈など太い動脈に起こる;
✤動脈の内腔にコレステロールなどの脂肪が沈着し,内壁の筋肉も増殖して粥状になる;
✤動脈管壁が粥状になると動脈の内腔が狭くなり,ますます脂肪が沈着しやすくなる;
✤粥状動脈硬化が引き起こす代表的な病気:心筋梗塞,脳梗塞,腎血管性高血圧等;
総頸動脈甲状軟骨上縁の高さで外頚動脈と内頚動脈に分かれる。
                              ┌─浅側頭動脈  
               ┌─外頸動脈────┬────┤                 ┌─下歯槽A,咬筋Aなど
                             └─顎動脈──┴─中硬膜動脈
総頸動脈─┤              └─上甲状腺A,上咽頭A,舌A,顔面A,後頭A,後耳介A。
                     ┌─眼動脈           ┌─前大脳動脈   
               └─内頚動脈──┴─┬─────────┤
                                   └─中大脳動脈
                         └──前脈絡叢動脈,後交通動脈
頭頸部の動脈:  
頭頸部の動脈-2   

総頸動脈の分岐部には頸動脈小体と頸動脈洞がある。
頸動脈洞:壁に圧力(伸張)受容器があり,血圧の変化を感受する。
頸動脈小体:化学受容器であり,血液中のCO2濃度の変化を感受する。
中硬膜動脈棘孔を通って頭蓋腔に入り,脳硬膜と頭蓋骨に分布する。

大脳の動脈大脳動脈輪(Willis動脈輪); (詳細編:脳の動脈
 大脳動脈輪  
脳動脈硬化症:脳の血流が悪くなる;
症状:頭痛,頭重,めまい,立ちくらみ,耳鳴り,手足のシビレ,不眠,物忘れ等;
✤高血圧のある高齢者に起こりやすい;
✤糖尿病があると脳動脈硬化症が進行しやすい;
脳血管性痴呆の原因
✤脳血管の動脈硬化により小さな脳梗塞がいくつもできる多発性脳梗塞;
✤脳血管障害の後遺症;

鎖骨下動脈:斜角筋隙を通り,第1肋骨の外側縁で腋窩動脈に移行する。
           ┌─椎骨動脈   ┌─肩甲上A 頸横A     ┌─橈A─┬─掌浅支
           ├─甲状頚動脈─┴─下甲状腺動脈       │       └─拇指主A
鎖骨下動脈─┼───
腋窩動脈──┬──上腕動脈─┬─┤      深掌枝
           ├─内胸動脈    ├─胸肩峰A     │ 尺骨A─┴総骨間A 
                 ├─肩甲背A     ├─外側胸A     └─上腕深動脈    
                 └─肋頚動脈    └─肩甲下動脈,前・後上腕回旋動脈
詳細編鎖骨下動脈  腋窩動脈  上腕動脈
 鎖骨下動脈  
腕の動脈:
 上腕の動脈  
血圧の分類
正常血圧:収縮期血圧<120mmHg 拡張期血圧<85mmHg ;
軽症高血圧:130~139mmHg / 85~89mmHg ;
中等高血圧:160~179mmHg / 100~109mmHg ;
重症高血圧:収縮期血圧>180mmHg  拡張期血圧>110mmHg ,180/110mmHg含む;

総腸骨動脈
:仙腸関節の前で内腸骨動脈と外腸骨動脈に分かれる。
           ┌─壁側枝:閉鎖動脈,上殿動脈,下殿動脈
内腸骨動脈─┤
                 └─臓側枝:臍動脈,下膀胱動脈,下直腸動脈,子宮動脈,内陰部動脈      
 
腹大動脈    
                 ┌─下腹壁動脈                  ┌─前脛骨動脈──足背動脈
外腸骨動脈─┴─大腿動脈─┬──膝窩動脈─┤  
                                   └─後脛骨A:腓骨A,内・外側足底A  
                       └─大腿深動脈:内・外側大腿回旋動脈,貫通動脈  
詳細編:股関節周囲の動脈
外腸骨動脈  

足の動脈: 
足の動脈  
四肢動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)70歳以上の男性に多い;
✤手足,特に足の動脈が動脈硬化によって塞がり,末梢に循環障害が起こる病気;
✤足の動脈に閉塞性動脈硬化を起こすと,血管が狭くなり,足の筋肉への血流量が
  減り,酸素不足を起こし,足が冷たくなったり,痛みやシビレを感じるようになる;
✤そのうち,歩くと太ももの裏側やふくらはぎが痛くて歩きにくくなったり,歩けなくなる;
✤痛みはしばらく休むとよくなるが,また歩き始めると痛む(間欠性跛行)を繰り返す;
✤病気が進行すると,皮膚が紫色になったり,潰瘍,壊疽などを起こすこともある;

糖尿病による血管病変
特異性病変
✤血管:小血管及微血管;
✤部位:視網膜,腎,横紋筋,心筋,神経,皮膚等;
✤病理:毛細血管基底膜増厚,呈PAS染色陽性。
非特異性病変
✤大,中動脈:動脈粥様硬化;
✤中,小動脈:(高血圧による)細動脈硬化;


日立市十王町漢方整体院


プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR