素問・四気調神大論

春三月,此為発陳。天地倶生,萬物以栄,夜臥早起,広歩於庭,被髪緩形,以使志

生,生而勿殺,予而勿奪,賞而勿罰,此春気之応,養生之道也;逆之則傷肝,夏為寒  
変,奉長者少。

夏三月,此為蕃秀。天地気交,萬物華実,夜臥早起,無厭於日,使志勿怒,使華英

成秀,使気得泄,若所愛在外,此夏気之応,養長之道也;逆之則傷心,秋為痎瘧,奉 
収者少。

秋三月,此謂容平。天気以急,地気以明,早臥早起,与鶏倶興,使志安寧,以緩秋

刑,収斂神気,使秋気平,無外其志,使肺気清,此秋気之応,養収之道也;逆之則傷
肺,冬為飧泄,奉蔵者少。

冬三月,此為閉蔵。水氷地坼,勿擾乎陽,早臥晩起,必待日光,使志若伏若匿,若

有私意,若已有得,去寒就温,無泄皮膚,使気奪。此冬気之応,養蔵之道也;逆之
則傷腎,春為痿厥,奉生者少。

天気清浄,光明者也,蔵徳不止,故不下也。

天明則日月不明,邪害空竅。陽気者閉塞,地気者冒明,雲霧不精,則上応白露不下。

交通不表,萬物命故不施,不施則名木多死。悪気不発,風雨不節,白露不下,則菀

藁不栄。賊風数至,暴雨数起,天地四時不相保,与道相失,則未央絶滅。

唯聖人从之,故身無奇病,萬物不失,生気不竭。

逆春気則少陽不生,肝気内変。

逆夏気則太陽不長,心気内洞。

逆秋気則太陰不収,肺気焦満。

逆冬気則少陰不蔵,腎気独沈。

夫四時陰陽者,萬物之根本也,所以聖人春夏養陽,秋冬養陰,以从其根;故与萬物

沈浮於生長之門,逆其根則伐其本,壊其真矣。故陰陽四時者,萬物之終始也,死生

之本也;逆之則災害生,从之則苛疾不起,是謂得道。道者聖人行之,愚者之。从

陰陽則生,逆之則死;从之則治,逆之則乱。反順為逆,是謂内格。

是故聖人不治已病,治未病,不治已乱,治未乱,此之謂也。夫病已成而後薬之,乱

已成而後治之,譬犹渇而穿井,闘而鑄錐,不亦晩乎!?

度々,何回も,何度も。
違反。

旧暦12支月卦月節中気12経絡
正月地天泰立春雨水手太陰
2月震天大壮啓蟄春分手陽明
3月兌天夬清明穀雨足陽明
4月乾乾乾立夏小満足太陰
5月天風姤芒種夏至手少陰
6月天山遁小暑大暑手太陽
7月天地否立秋処暑足太陽
8月風地観白露秋分足少陰
9月山地剥寒露霜降手厥陰
10月坤坤坤立冬小雪手少陽
11月地震復大雪冬至足少陽
12月地兌臨小寒大寒足厥陰

12消息卦




黄帝内経素問目次   日立市十王町-漢方整体院

河図・洛書

河図:伏羲氏の時,黄河に現れた龍馬の背に書いてあったという文様。
天一生壬水,地六癸成之;地二生丁火,天丙成之; 天三生甲木,地乙成之;
  地四生辛金,天九庚成之; 天五生戊土,地十己成之。
   河図
絡書:夏王朝の禹が洪水を治めた時,洛水から出た神亀の背中にあったという文様。
戴九履一,左三右七,二四為肩,六八為足,五居其腹。
   絡書
八卦の生成:太極生両儀,陰陽化合而生万物。
無極生太極,太極生両儀,両儀生四象,四象生八卦。
   八卦の生成
先天八卦:伏羲氏が天地自然に象って作ったといわれ,伏羲八卦方位図ともいう。
天地定位,山沢通気; 雷風相薄,水火不相射; 八卦相錯。
   先天八卦図
邵子曰:【此伏羲八卦之位。乾南,坤北,離東,坎西,兌居東南,震居東北,巽居西南,
 艮居西北。於是八卦相交而成六十四卦,所謂先天之学也。】
乾,天也,故称乎父。坤,地也,故称乎母。
  震一索而得男,故謂之長男。巽一索而得女,故謂之長女。
  坎再索而得男,故謂之中男。離再索而得女,故謂之中女。
  艮三索而得男,故謂之少男。兌三索而得女,故謂之少女。
索,求也,謂揲蓍以求爻也。
後天八卦:周の文王が配置したといわれ,文王八卦方位図ともいう。
帝出乎震,斉乎巽,相見乎離,致役乎坤,説言乎兌,戦乎乾,労乎坎,誠言乎艮。
   後天八卦図 
萬物出乎震,震,東方也。斉乎巽,巽,東南也。斉也者,言萬物之潔斉也。
離也者,明也,萬物皆相見,南方之卦也。聖人南面而聴天下,嚮明而治,蓋取諸此也。
坤也者,地也,萬物皆致養焉,故曰致役乎坤。
兌,正秋也,萬物之所說也,故曰說言乎兌。
戦乎乾,乾,西北之卦也,言陰陽相薄也。
坎者,水也,正北方之卦也,労卦也,萬物之所帰也,故曰労乎坎。
艮,東北之卦也,萬物之所成終而所成始也,故曰成言乎艮。
六十四卦:八卦を二つ重ねたもで,上経に三十卦,下経に三十四卦ある。
上経  
下経 
空1  乾上坤上澤上山上火上水上雷上風上
乾下 乾卦11 泰卦43 夬26 大畜14 大有05 需卦34 大壮09 小畜
11 43 26 大畜14 大有5 34 大壮9 小畜
坤下 12 否02 坤卦45 萃23 剥35 晋08 比卦16 豫20 観
12 2 45 23 35 8 16 20
澤下 10 履卦19 臨58 dui41 損38 kui60 節54 帰妹61 中孚
10 19 58 41 38 60 54 帰妹61 中孚
山下 33 遁15 謙卦31 咸52 艮56 旅39 蹇62 小過53 漸
33 15 31 52 56 39 62 小過53
火下 13 同人36 明夷49 革22 bi30 離63 既済55 豊37 家人
13 同人36 明夷49 22 30 63 既済55 37 家人
水下 06 訟卦07師卦47 困04 蒙卦未済29 坎40 解59 huan
6 7 47 4 64 未済29 40 59
雷下 25 無妄24 復17 随27 頤21 shihe03 屯卦51 震42 益
25 無妄24 17 27 21 噬嗑3 51 42
風下 44 gou46 升28 大過18 蠱50 鼎48 井32 恒57 巽
44 46 28 大過18 50 48 32 57

         

繋辞上傳   ✤繋辞下傳   ✤説卦傳   ✤序卦傳   ✤雑卦傳   

 
日立市十王町漢方整体院

天干地支

干支:天干(十干)と地支(十二支)が組み合わされて60干支が成り立つ。
暦,時間,方位の表示や五運六気の推算などに用いられる。
天干:甲,乙,丙,丁,戊,己,庚,辛,壬,癸。
地支:子,丑,寅,卯,辰,巳,午,未,申,酉,戌,亥。
甲子周期表 
干支による紀年:甲子年から癸亥年まで60年を周期とする。
紀元前:(紀年+2)÷60=商・・・余数;【60-余数=干支の序数】。
紀元後①:(紀年-3)÷60=商・・・余数;【余数=干支の序数】。
紀元後②:(紀年-3)÷10=商・・・余数;【余数=天干】;
         (紀年-3)÷12=商・・・余数;【余数=地支】。
1984年は甲子年;2011年は辛卯年;2012年は壬辰年・・・2043年は癸亥年。
干支による紀月(五虎建元)5年(60ヶ月)を周期とする。
甲己之年⇒正月は丙寅;乙庚之年⇒正月は戊寅;丙辛之年⇒正月は庚寅;
  丁壬之年⇒正月は壬寅;戊癸之年⇒甲寅。
月建表 
干支による紀日:60日を周期とする。
周朝の幽王元年(紀元前776年)10月辛卯日から今日まで続いている。
2010年1月1日は辛亥日;2011年1月1日は丙辰日;2012年1月1日は辛酉日。
干支による紀時:23時が子の初刻で子の刻の始まりである。
甲己起甲子,乙庚起丙子,丙辛起戊子,丁壬起庚子,戊癸起壬子。
納支方-十二経気流注 
天干地支の陰陽属性:陽道奇,陰道偶。
天干,地支の陰陽属性 
天干地支の五行属性
天干地支の五行属性 



日立市十王町-漢方整体院

五運入門

歳運(中運・大運):統管全年の五運の気,陽干太過,陰干不足。 干支の五行属性
素門・天元紀大論》:甲己之歳,土運統之;乙庚之歳,金運統之;丙辛之歳,水運統之;
 丁
壬之歳,木運統之;戊癸之歳火運統之。 
天干による紀運  
素門・五運行大論》:丹天之気,経於午女分;jīn天之気,経於心尾己分;
 蒼天之気,経於危室柳鬼;素天之気,経於亢氐昴華;玄天之気,経於張翼婁胃。
 所謂己分者,
奎壁角軫,則天地之門戸也。夫候之所始,道之所生,不可不通也。
奎,壁二宿為乾位戊方,時値春分,温気流行,万物復蘇,故曰天門,言陽気開啓。
角,軫二宿為巽位己方,時値秋分,清涼流行,万物収蔵,故曰地戸,言陽気始斂。
   五気経天図 
五行火気在天体上経過牛,女,奎,壁四宿時,在天干則适当戊癸の方位;
五行土気在天体上経過心,尾,角,軫四宿時,在天干則适当甲己の方位;
五行木気在天体上経過危,室,柳,鬼四宿時,在天干則适当丁壬の方位;
五行金気在天体上経過亢,氐,昴,華四宿時,在天干則适当乙庚の方位;
五行水気在天体上経過張,翼,婁,胃四宿時,在天干則适当丙辛の方位。
歳運(中運,大運) 
歳運太過による発病:本臓の症状と相勝の臓の症状が現れる。
木運太過の年:木本気太過の症状,木勝克土による土の症状が現れる。
火運太過の年:火本気太過の症状,火勝克金による金の症状が現れる。
歳運不足による発病
①歳運相応の臓は抑止され症状が現れる:水運不足の年は気不足の症状が現れる;
②所不勝の臓は偏盛となり症状が現れる:水運不足の年は気偏盛の症状が現れる;
③復気偏勝による症状が現れる:水運不足の年は復気木偏勝の症状が現れる。


主運:分別主管1年5時の運,毎運主1時,各73日5刻,始於木運,終於水運,年年不変。
   五運主運図
子,辰,申年:初運(木):大寒日寅初初刻起; 二運(火):春分後13日寅正一刻起;
  三運(土):芒種後10日卯初二刻起; 四運(金):処暑後7日卯正三刻起;
  五運(水):立冬後4日辰初四刻起。
丑,巳,酉年:初運(木):大寒日巳初初刻起;五運(水):立冬後第4日未初四刻起。
寅,午,戌年:初運(木):大寒日申初初刻起;五運(水):立冬後第4日戌初四刻起。
卯,未,亥年:初運(木):大寒日亥初初刻起;五運(水):立冬後第4日丑初四刻起。
主運の太過不及:五音建運,太少相生,五歩推運。
   五音建運太少相生図 
例:2011(辛卯)年
初運(木)不足→二運(火)太過→三運(土)不足→四運(金)太過→五運(水)不足。
時計の逆回り。

客運:因其10年之内年々不同,如客之往来,故名客運。
   五運客運図 
客運と主運の共通点
①五歩の客運,分主一年五時,毎運各主73日5刻;
②客運と主運の太過不及は同じである(六元正紀大論編)。
客運と主運の相違点
①客運は歳運によって変わる;
②当年の歳運が初運となる;
③時計回りで,分作五歩,行於主運之上,逐年変遷,10年一周期。
例2011(辛卯)年の客運:陽明之政
  初運: 少羽(水運不足)
  二運: 少角(木運不足)
  三運: 太徴(火運太過)
  四運: 少宮(土運不足)
  五運: 太商(金運太過)
一年五歩の毎一歩は主運と客運が共同で主持する。

六気入門  気運同化


日立市十王町漢方整体院

六気入門

六気:風,熱(暑),火,湿,燥,寒の六種の気候の統称。
12地支配六気表

《玄珠密語・天元定化紀篇》
少陰君火,君火尊位,所以正得南方離位也,即正化於午対化於子也;
太陰為土也,土主中宮,寄卦於坤,坤位於西南居未分也,即正化於未対化於丑也;
少陽為相火之位,卑於君火也,雖有午位君火以居之,即火生於寅也,
  故正司於寅対化於申也;
陽明為金,酉為西方金也,即正司於酉対化於卯也;
太陽為水,水雖有於子位,謂君火対化也,水乃復於土中,即六戊在天門,即戌位也,
  六己在地戸,即辰是也。故水帰土用,正司於戌対化於辰也;
厥陰風木也,木生於亥,故正司於亥也,対化於巳也。

主気:主治一年六個季節の正常の気候変化,故称為主時の気,静而守位,年年不変。
   六気主時節気図 
主気の計算方法
1年24節気分為6歩,1歩主4ヶ節気,60日87.5刻;
始於厥陰風木,終於太陽寒水,年年不変。
  初之気(厥陰風木):大寒(丑12月中)~春分(卯中); 
  二之気(少陰君火):春分(卯2月中)~小満(巳中);
  三之気(少陽相火):小満(巳4月中)~大暑(未中);
 (君相同気相随,故第三歩少陽相火為三之気)
  四之気(太陰湿土):大暑(未6月中)~秋分(酉中);
  五之気(陽明燥金):秋分(酉8月中)~小雪(亥中);
  終之気(太陽寒水):小雪(亥10月中)~大寒(丑中);
素門・六微旨大論
  顕明(卯位)之右,君火之位也,君火之右,退行一歩,相火治之;
  復行一歩,土気治之;復行一歩,金気治之; 復行一歩,水気治之;
  復行一歩,木気治之;復行一歩,君火治之。

客気:即是在天の三陰三陽之気,因其運動不息,犹如客之往来,故称客気。
   司天在泉左右間気位置図
客気六歩の順番:三陰在前,三陽在後。
一陰厥陰風木,二陰少陰君火,三陰太陰湿土,
一陽少陽相火,二陽陽明燥金,三陽太陽寒水。
司天之気(天気):位於六歩気運三之気上,統管上半年の初,二,三の気。
素門・天元紀大論》:
  子牛之歳,上見少陰;丑未之歳,上見太陰; 寅申之歳,上見少陽;
  卯酉之歳,上見陽明; 辰戌之歳,上見太陽;巳亥之歳,上見厥陰。
在泉之気(地気):位於六歩気運終之気上,統管下半年の四,五,終の気;
間気:司天有泉以外の客気,初,二,五,終の統称;
客気六気の運転:
司天之気,自上而右転,下降於地;在泉之気,自下而左転,上昇於天;
周而復始,六年一周。

2011(辛卯)年の客気
  初之気─太陰湿土,二之気─少陽相火,司天之気─陽明燥金;
  四之気─太陽寒水,五之気─厥陰風木,在泉之気─少陰君火。
司天在泉の気と発病
子午之年,少陰君火司天,陽明燥金在泉;
上半年の勝気は火気,火旺而克金,故上半年は火証,心臓の他に肺の症状も現れる;
下半年は気候が偏燥,金旺而克木,故肺と大腸の症状の他に肝の症状も現れる。

客主加臨
司天之気加於主気の三之気の上,在泉之気加臨於主気の終之気の上,
其他の四間気以次二加臨ス。
   客主加臨図
相得
客気加於主気之上,主客之気為相生関係,或者主客同気;
相得者,則気候正常,人体不易発生疾病。
不相得
客気加於主気之上,主客之気為相克関係;
不相得者,則気候反常,病気を引き起こし易い。
主勝逆
客気は短暫,客気の作用が抑制を受け,無从司令,所以為逆。
客勝从
客気為時短暫,対主気の影響不甚,所以是為和順。
君火と相火の加臨
君位臣則順,臣位君則逆。



日立市十王町漢方整体院
プロフィール

愛犬・りく君

Author:愛犬・りく君
茨城県日立市十王町で
漢方整体院を経営してます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Fcカウンター
QRコード
QR